クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

高音

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

クラリネットの高音域を練習するときに気を付けたいこと

499197

高音域の練習の時に気を付けたいこと…それは

「長時間練習しないこと」

「今日中に高音を完全制覇するぞ!」と何時間も高音を出し続けるなんてことはやめましょう。色々な練習をする中で、高音を出す練習を短時間組み込むことをおススメします。

高音を出すための準備練習(沢山あります)を長めにして、高音自体を連続して出すのは5分~どんなに長くても2~30分くらいで切り上げた方が良いと思います。

30分練習してもうまく出ないときは、基礎的な奏法に問題がある場合がとても多いからです。また、高音域が出しにくいリードなどが原因のこともあります。
うまく出ないときは、ムキになって高音を練習するよりも基礎の基礎や、リードなどを見直す方が早道です。

長時間高音を練習していると、何がいいのか悪いのかわからなくなってしまったり、疲れてヘトヘトになって耳やあごや唇に負担を感じること、ありませんか?

必要なことがすべてそろえば、難しいと思っている高音域も結構あっけなく出るものです。ムキになってきたら小休止。静かな環境で耳やアゴ、身体全体を休ませたり軽く動いて休み、他の音域の練習を進めましょう。

楽器の練習は一生、身体も一生使うもの。数年で身体を破壊してしまうような取り組みをしている方も結構いると思いますが、残念ながら数年がむしゃらに練習しても完璧に吹けるようにはならないんです。かなり無理してるかも…と思い当たったらぜひ見直してみてください(^^)/




クラリネットレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






ウェーバーのコンチェルティーノの冒頭をキレイに発音するには?

今の季節、ソロコンテストの練習に励んでいる小中高生も多いと思います。今日はそんな中学生とのレッスンでの出来事です。

この出だし、ご存知でしょうか?ウェーバーのコンチェルティーノです。
FullSizeRender

曲の最初から高音の「p」!美しく静かにジャストのタイミングで入りたい!…ですが中学生にはかなりの難易度だと思います。(プロでも怖いです)

先日審査した中高生のソロコンでも何人もこの曲を吹いてくれましたが、ほぼ全員発音が半拍遅れていました。残念でしたが、ここの怖さと難易度がわかるので「そうなっちゃうよね〜今の段階では仕方ない」という気持ちで聴いていました。

レッスンに来てくれた中学生も、発音が遅れ、出だしで下の倍音が出てしまいます。伸ばしている音はとてもきれいなので、ここでつまづいてしまうのはもったいないんですよね。

その生徒さんに聞いてみました
私「この音をジャストで発音するにはどうしたらいいかな?」

生徒さん「アンブシュアを準備してから吹く」

私「じゃあ…音はどうやったら出るかな?」

生徒さん「…息で出ます」


そう、音は息でリードを振動させて初めて出るもの。音を出すタイミングにアンブシュアをいくら準備しても音は出ないんです。

クリアな発音のために、私が提案したいのはこの方法です!

音を出すタイミング、アンブシュア(瞬間的に口を閉じる&歯でリードに必要な圧をかける)の動き、息を出すタイミングを同時にする。

これがぴったりのタイミングでできると、クリアな発音で、下の倍音も出なくなり、スッと音が出せるようになるのです。

ここでいう息の用意とは、音を出す直前に「その音を出すのに必要な息を出す」と意図することです。「息を出す」と決めずに他の事や恐怖で頭がいっぱいになっていると、発音に必要な息が遅れやすくなります。

レッスンでは時間切れでアンブシュアと息のタイミングがピッタリ合うところまで行きませんでしたが、音が出るタイミングは早くなり、倍音が出る時間も半分以下に減り、改善の方向に進みました。

この方法は色々な段階の方がうまくいくやり方です。これは本能的な動きを超える練習なので、はっきりした意図と新しい領域に踏み入る勇気、失敗する勇気を持って練習してほしいなと思います。

これを身に付けるには、他にも気を付けたいポイントがいくつもありますが、全部過去記事に書いてあります(^^)部活や楽団で先輩に習った音の出し方とは違うかもしれませんが、よければぜひ試してみてください。




クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






高音をキレイに吹く為に必要な3つの段階




FullSizeRender


スケールなどの高音について、レッスンで時々お話していることですが、こちらでもシェアしたいと思います。高音を吹くときにこんなお悩みがある方、いらっしゃいませんか?

・音が汚い、うるさい
・出したい音が出ない(当たらない、リードミスなど)
・音程が悪い
・出しづらい
・口やアゴが痛くなる

高音をキレイに出すには段階があるのです。その段階をすっ飛ばしてしまうと、上のようなお悩みが絶えなくなります。

その段階をざっくりいうと…

1.手探りでとにかく音を出す時期
2.息でリードを振動させ音を出すコツをつかむ時期
3.キレイな音を目指す時期

高音でお悩みの多くの方は2をすっ飛ばして1⇒3にいっていることが多いです。なんとか音が出せたその先の練習方法がわからなかったり、2を練習する暇もなく周りからキレイな高音を要求されるからではないかと思います。

でも息でリードを振動させ音を出すコツがわかっていないと、とりあえず口やアゴを力ませて音を出す方向に走ってしまいます。その結果音が出しづらく、音質も音程も悪く、音が当たるかもわからない…色んな場面で困ることになり、高音が嫌い、高音恐怖症に陥ってしまいます。

逆に2の時期でコツをつかんでいると、高音が当たりやすくなり響いた音を出すことができるので、怖さがかなり軽減されます。また、音量を抑えた時も音が痩せたり音程が悪くなることが少なくなります。

2の息でリードを振動させる練習では、その過程で音がうるさく感じたり、他の音域とのアンバランスさが目立ってくることもあります。また、大きな音を出す恐怖感や嫌悪感も出てくるかもしれません。

しかしこの過程ではある程度仕方ないのです。でもしばらく練習していくと、息で高音を出すコツがつかめるようになるので、3のキレイな音を目指す段階に行けるのです。

高音だけに限らず、みんなが悩んでいるような難しいことに取り組むときは、段階を踏み時間をかけて練習することがとっても大事です。今のスピード時代にそぐわないのですが、人間は機械ではないので仕方ありません。楽しみながら、時には休みながらじっくり取り組んでいきましょう(^^)




お席残り4名!金管木管全員大歓迎です(^^)
【管楽器の方募集!9/29・知るだけで演奏が楽しくなる!変わる!心と身体の使いかた講座】

929ワークショップチラシ


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







ご報告『バスクラの高音が自由に演奏できました!』

403955


最近バスクラで小学生がレッスンを受けてくれたり、吹奏楽団で演奏するバスクラの方がアレクサンダーテクニークのレッスンに来られたりと、教室はにわかにバスクラづいています(^^)

そんな中、オーケストラでバスクラを吹く方からメールをいただきました。掲載の承諾をいただきましたのでご紹介したいと思います。



お元気でご活躍の様子、ブログで拝見しています。

私も、クラリネットを通してATに出会い、
今も充実した活動をさせてもらっています。

最近、先生のブログを
読み返していました。
https://ameblo.jp/fujisaki-clarinet/entry-11406364271.html

息の方向は身体の中で起こる方向!
息の方向は「上」or「ななめ上」
にピンときました。

併せて、
息を吸う時と吐くときに体の中で何が起こっているのか、
自分を観察したり、人体の本をみたりしました。

そんなことを頭に思い浮かべながら、
今日のオーケストラの練習でバスクラを吹いていました。
すると、自分の中で納得してこれまでとは違う感覚で、
バスクラの高音が自由に演奏できたんです。

今まではどうすれば高い音がうまく出せるのかと、
体の外のことばかり考えていました。
でも上手く出せる感覚がつかめなかったんです。

でも、今回は掴めたな!という感覚が持てました。
次はどうなるか分からないですが、
また一つATを通して成功体験をもてたことは大きな自信になりました。

豊永先生のレッスンを受けさせていただいたのは一度ですが、
今も私の大切な糧になっています。

ブログこれからも楽しみにしています。
機会があればまた伺いたいです。


この方は以前遠方からレッスンに来られた方ですが、その後も引き続きご自身で探求されていることが嬉しかったです。バスクラの高音を自由に演奏できたのも、日ごろの研究の成果ではないかなと思います。

アレクサンダーテクニークは身に着けるのに時間がかかりますが、本当に役立つものだな~と私も日々感じています。

もうすぐ夏休み、遠方からもクラリネットやアレクサンダーテクニークのレッスンに来ていただけたら嬉しいなと思います。(〈単発〉クラリネット個人レッスン

ブログで伝える限界も感じていますが、これからも自分なりに身体のことを考えるきっかけを発信していこうと改めて思えたご報告でした(^^)/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





Hi‐B♭を吹くときの楽器の支えかた

先日のグループレッスンでいただいた質問で、これもありました。

「Hi‐B♭(左手親指を押さえる高いド)を吹くときに
こんな感じで支えてしまいますが、どう思いますか?」

こんな感じだそうです。
FullSizeRender

左手親指をギュッと前に押し出し、上の前歯との2点で支えているとのこと。

これは一見安定しますが、上の前歯にかなりの力がかかるので、それを支えようと首が固まります。首が固まるという事は…全身が固まりやすくなります。

また、次に音が続いているときには指を動かすときにかなりバランスを変えないと動かせません。バランスを変えると楽器やアンブシュアが動くので、安定させようと指を固めたり、首を固めたり…で指が動きづらく、ブレスもしづらくなってしまいます。

この支え方が絶対NG、という事ではありません。状況によってはこうせざるを得ないときもあります。でもこれが通常モードでは色々と支障が出てくるのではないかなと思います。

私が提案したのは、この支え方です。
FullSizeRender
頭と右手親指です。頭(鼻から上)をほんの少しマウスピースに向かわせて、上下の歯に頭の重さを少し乗せます。

そして右手親指でバランスを取る、というもの。左手親指はトーンホールとレジスターキーを押さえられるだけの力を使います。

この支え方だと、指全体が自由になり、次の音があっても素早く指が動かせるようになります。上下の歯に頭の重さが少し乗っていることで、アンブシュアが安定し、音が出しやすくなります。

この力加減をブログで伝えるのは難しいのですが、これをヒントに色々研究してもらえると嬉しいです。わからないときはぜひレッスンで聞いてください。

この力のバランスは、先日書かせていただいた「たのしい吹奏楽」にも載せています。興味があったら是非お読みください(^^)/

音が変わる!うまくなる!たのしい吹奏楽 全3巻
バジル クリッツァー
学研プラス 児童・幼児事業部 音楽事業室
2018-02-13


クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com    
    
    


毎月1日配信 無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

メルマガバックナンバー

https://note.mu/clarinet
  



にほんブログ村





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場