クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

高音

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

息でもアンブシュアでもない、高音を楽に出すヒント

高音を出す考えかたの記事が続いたので、今日は実践的なヒントを書いてみたいと思います。

高音を出すには息をこう、アンブシュアはこう…とよく言われますが、今日はどちらでもありません。高音を楽に出すには、ある部分が超・超・超重要なんです。それは



「指」



指、特に親指がカギを握っています。このキーを押さえる力加減、考えたことありますか?
FullSizeRender
必要以上にギューッと押さえていたり、左親指で楽器を支えていませんか?左親指はアンブシュアに大きな影響を与えるんです。ここの押さえ方がノープランだと、他の努力が帳消しになってしまうことも。

左親指の力はホールを塞げてレジスターキーが動かせる程度でOK。(「力を入れすぎない」「押さえすぎない」という否定形に脳内変換しないでください。全然違う意味になります)

色々気を付けてるのにイマイチ、練習してるのに効果が薄い方はぜひ気にしてみてください。嘘のように楽に高音が出てしまうかもしれません(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





「高音を出すぞ」と思うと逆に力んでうまく行かない方へ

1463547

前回の記事で、高音を出すには技術だけでなく「出す」と決めることが大事と書きました。

でもこれでは逆に力んで出せなくなる方もいるかもしれません。うまく行かないな~と思ったら、自分に合わせて変えてみましょう。たとえば


「高音を決めるぞ」と意気込むと出なくなる
「高音が出たらいいな」とゆるめに

プレッシャーに負けて出ない
「自分と楽器が協力して高音を出す」
「周りの仲間や観客のパワーも借りて高音を出す」

「高音出さないと迷惑かかる」で頭がいっぱい
「自分のために高音をだす」と自分軸に変える

できることは全部しているのにどうしても不安
「もう高音が出ることは決まっている」と考えてみる


などなど…バリエーションは無限にあります。自分の性格ならどんな言葉がいいかな?色々試していくうちにきっと力になる言葉を見つけられると思います(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








高音を出すために必要な気持ちの準備

558623

高音は慣れてるけどいざという時に失敗してしまう…そんな時、どう気持ちを準備していけば成功できると思いますか?ある方がこの言葉で表現していました。



「覚悟」



「高い音を出す」としっかり決めること。「出るかな怖いな…」では覚悟が決まっていません。結果もそれなりになってしまいがち。

もちろん技術的に必要なことはやりますが、こういうマインドセットもとっても大事なんですよね。難しいこと、慣れていないことにチャレンジする時ほど「覚悟」が必要です。これを繰り返し、成功を重ねていくと自信がついてそれほどの覚悟も必要なくなります。


私が代わりに覚悟を決めることはできませんが、高音の出し方はいくらでもお教えできます。今年は高音マスター!という方はぜひレッスンにいらっしゃってください(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。












クラリネットの高音域を練習するときに気を付けたいこと

499197

高音域の練習の時に気を付けたいこと…それは

「長時間練習しないこと」

「今日中に高音を完全制覇するぞ!」と何時間も高音を出し続けるなんてことはやめましょう。色々な練習をする中で、高音を出す練習を短時間組み込むことをおススメします。

高音を出すための準備練習(沢山あります)を長めにして、高音自体を連続して出すのは5分~どんなに長くても2~30分くらいで切り上げた方が良いと思います。

30分練習してもうまく出ないときは、基礎的な奏法に問題がある場合がとても多いからです。また、高音域が出しにくいリードなどが原因のこともあります。
うまく出ないときは、ムキになって高音を練習するよりも基礎の基礎や、リードなどを見直す方が早道です。

長時間高音を練習していると、何がいいのか悪いのかわからなくなってしまったり、疲れてヘトヘトになって耳やあごや唇に負担を感じること、ありませんか?

必要なことがすべてそろえば、難しいと思っている高音域も結構あっけなく出るものです。ムキになってきたら小休止。静かな環境で耳やアゴ、身体全体を休ませたり軽く動いて休み、他の音域の練習を進めましょう。

楽器の練習は一生、身体も一生使うもの。数年で身体を破壊してしまうような取り組みをしている方も結構いると思いますが、残念ながら数年がむしゃらに練習しても完璧に吹けるようにはならないんです。かなり無理してるかも…と思い当たったらぜひ見直してみてください(^^)/




クラリネットレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






ウェーバーのコンチェルティーノの冒頭をキレイに発音するには?

今の季節、ソロコンテストの練習に励んでいる小中高生も多いと思います。今日はそんな中学生とのレッスンでの出来事です。

この出だし、ご存知でしょうか?ウェーバーのコンチェルティーノです。
FullSizeRender

曲の最初から高音の「p」!美しく静かにジャストのタイミングで入りたい!…ですが中学生にはかなりの難易度だと思います。(プロでも怖いです)

先日審査した中高生のソロコンでも何人もこの曲を吹いてくれましたが、ほぼ全員発音が半拍遅れていました。残念でしたが、ここの怖さと難易度がわかるので「そうなっちゃうよね〜今の段階では仕方ない」という気持ちで聴いていました。

レッスンに来てくれた中学生も、発音が遅れ、出だしで下の倍音が出てしまいます。伸ばしている音はとてもきれいなので、ここでつまづいてしまうのはもったいないんですよね。

その生徒さんに聞いてみました
私「この音をジャストで発音するにはどうしたらいいかな?」

生徒さん「アンブシュアを準備してから吹く」

私「じゃあ…音はどうやったら出るかな?」

生徒さん「…息で出ます」


そう、音は息でリードを振動させて初めて出るもの。音を出すタイミングにアンブシュアをいくら準備しても音は出ないんです。

クリアな発音のために、私が提案したいのはこの方法です!

音を出すタイミング、アンブシュア(瞬間的に口を閉じる&歯でリードに必要な圧をかける)の動き、息を出すタイミングを同時にする。

これがぴったりのタイミングでできると、クリアな発音で、下の倍音も出なくなり、スッと音が出せるようになるのです。

ここでいう息の用意とは、音を出す直前に「その音を出すのに必要な息を出す」と意図することです。「息を出す」と決めずに他の事や恐怖で頭がいっぱいになっていると、発音に必要な息が遅れやすくなります。

レッスンでは時間切れでアンブシュアと息のタイミングがピッタリ合うところまで行きませんでしたが、音が出るタイミングは早くなり、倍音が出る時間も半分以下に減り、改善の方向に進みました。

この方法は色々な段階の方がうまくいくやり方です。これは本能的な動きを超える練習なので、はっきりした意図と新しい領域に踏み入る勇気、失敗する勇気を持って練習してほしいなと思います。

これを身に付けるには、他にも気を付けたいポイントがいくつもありますが、全部過去記事に書いてあります(^^)部活や楽団で先輩に習った音の出し方とは違うかもしれませんが、よければぜひ試してみてください。




クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場