クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

響く音

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

合奏ができない今こそやっておきたいこと

1566969_s

地方によっては自粛解除、千葉県もそろそろかな?と思っていますが、解除されたからといって即合奏を行うのは難しいのではと思います。

ドイツのオーケストラ連合が、科学者と共にコンサート開催の指標を作っていました。それによると、弦楽器は1.5メートル、管楽器は2メートルの間隔を空けて合奏するようにとありました‥‥どれだけ広い会場でやればいいんでしょう(泣)

いつ再開できるのかわかりませんが、合奏できるその日のために、合奏のないときこそしておきたいことを書いてみたいと思います。


ちなみにこれまでの合奏では何に気を付けていましたか?沢山あると思いますが、多くの方はこれを気にしていたのではないでしょうか?


「汚い音を出さないように」


全人類の願いです。でも特に楽器を始めて数年(中高生、大人初心者)の段階では、いつもキレイな音というのは無理なんです。

キレイな音は耳障りにきこえる音を沢山出しながら生まれますが、これまでの現場では楽器を手にして数か月で合奏に参加、初心者でも高いレベルの音を求められてしまいます。
初心者なのにリードミスNG、変な音程NG、汚い音NG…その結果、こんな音に仕上がります。

「汚くないけど全然鳴っていない音」

こうなってしまうのは必然なのに、それじゃダメだとまた言われてしまう。

変な音を出さないようにと消極的になり、どんどん音が鳴らなくなり、鳴らないから音も良くないし強弱もアタックもタンギングもスタッカートも指回しもできない、表現にまで手が回らないから楽しいはずの演奏が楽しくない。周りからもできない自分にもダメ出し。悩みは大きくなってしまいます。

合奏がないのは残念ですが、逆手に取ると「超レアなチャンス」。
基礎の見直し、音作りの絶好のチャンスです。

響く音を取りもどしていきましょう。今こそ個人練習、専門の先生にレッスンを受けることをお勧めしたいと思います。


教室にもそれに気づいた方が少しずつレッスンに来られています。ここ数か月は部活や楽団の活動休止、コンクールや演奏会の中止など、やる気を削がれることが沢山ありました。でもやっぱり楽器が好き、音楽が好き、上達するのが楽しい!という方、レッスン室でお待ちしています(^^)/




クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com




続けて通えないけど習いたい!という方はこちら



しっかり集中的に習いたい!という方はこちら





★豊永よしこ プロフィール


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


ネタ切れなので毎日飲んでる紅茶など。
FullSizeRender

こちらで買えます。購入時にこのコードを入れると多少割引があるようです→「JOM014」

他にもプロテインやココナッツオイルやサプリなど、色々買ってます😊







クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



私の考える「響く音」とは

cae30b3f153c4d404e02b324b7a1b9e4_s

そもそも響く音ってどんな音でしょう?考えてみました。私の考える「響く音」は、必要な息を出した結果、リードや楽器、身体、空間が十分振動している音です。

息によって生まれる振動を邪魔しない結果、響く音が出る。響く音は聴いていて心地よく、遠くまで伝わり周りとも溶け合いやすい音です。

何か特別なことをしなくても、自分に合った道具で、リードを十分振動させられるだけの息を出し、楽器の振動の邪魔をしない身体の使いかたをし、空間全体を含んで演奏する意識を持っていれば、おのずと響く音になるのではと思います。

「邪魔をしていることをやめ、必要なことをする」

とってもシンプルですが、実際はなかなか複雑。響きのある音はすべての土台です。土台作り、時間がかかりますがじっくりお手伝いしたいと思います(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







豊かで響く音を出している人は、いったい何をしているのか?

9b5b03fd96ad793cf1e00123a2256ae5_s


前回は安定した音を響かせるための意識の持ち方を書きましたが、実際に豊かで響く音を出している人は、何をしているのでしょうか?考えてみました。

・自分に合ったリード、マウスピース等をつかっている

・調整された吹きやすい楽器をつかっている

・リードを振動させるのに必要な息をだしている

・リードの振動を邪魔しないアンブシュアで吹いている

・楽器の振動をとめない指の使い方をしている

・身体に伝わる振動をとめない身体の使い方、考え方をしている

・振動を空間に伝える身体の使い方と考え方をしている


まとめると

1.音が楽に響く道具を使い
2.リードを息で必要なだけ振動、音を発生させ
3.その振動の邪魔をしない

意外とシンプルですね(^^)/

この1つ1つが全てちょうどいいバランスで出来たとき、驚くほど音が響くようになるのです。

響く音を出している人は、このバランスを身に着ける練習をしています。

レッスンでは、このバランスを総合的にみて必要なアドバイスやお手伝いをしています。

自分で練習するときも、部分的に解決しようとするのではなく、総合的な視点で改善していくと、響く音に近づいていきます。

音を響かせるのが難しいのは、色々な要素が絡み合っていて、それらを総合的な視点で観察、実践することが難しいからです。でもこれも練習です。気長に取り組んでみてください(^^)/



クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン
お申込みはこちらから

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場