クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

音程

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

開放のソ周辺の音(スロートトーン)の音程をよくするには

開放のソ周辺の音は、音程が取りづらく音色もイマイチ、音量も出にくい音域です。

レッスンで「スロートトーンの音程をよくするには?」という質問が出たので、こちらでも書いてみたいと思います。

指使いやアンブシュアで手っ取り早く解決する方法もありますが、これは割と知られていると思うので、今回は音を根本的に改善する吹き方です。音質が改善され音が響いてくると、自然と音程も良くなるし周りの音とも馴染みやすくなるからです。


スロートトーンを吹くときには、この3つのポイントに気を付けてみましょう。

1.上下の前歯(頭)と右手親指でバランスさせて構える。
FullSizeRender

これは他の記事でも何度も書いていますが、スロートトーンでは特に大事です。

これが出来ていると、楽器が安定し口の周りの筋肉で楽器を支えなくていいので、締めすぎで音程が上がることが少なくなります。

また、このバランスだと左手で楽器を支えなくていいので、左手の力みが音程に影響を与えることが少なくなります。(左手の力みはアンブシュアに影響を与え音程が不安定になります)


2.他の音域と同じぐらい音量を出す。
スロートトーンは苦手だからと遠慮がちに音を出していませんか?でもこれだとアンブシュアが力んでさらに音が痩せてガサガサ、音程も悪くなってしまうんです。スロートトーンも他の音域と同じぐらい音量を出すようにしましょう。

音量を出すには息でリードを振動させることが必須です。息は勢いよく、息の方向は身体の中を通る方向。上あごの天井やリードに息を当て続ける意識で息を使います。


3.キーやトーンホールは押さえるだけ、塞ぐだけ
1とも関連していますが、キーやトーンホールをギュッと押さえつけていたり、左手で楽器を握っているとテキメンに音程と音色に影響が出ます。の構えがグラグラするときは力が入りすぎているかもしれません。

キーやトーンホールは押さえるだけ、塞ぐだけ。力の入りすぎに気づいたらの構えをやり直してから力加減を変えてみてください。



音は最初からキレイにまとめようとしなくてOK。音が響かない状態で小さくまとまってしまうと、音程コントロールが難しくなるだけでなく、表現の幅もぐんと狭まってしまうからです。

1と3に気を付けながらロングトーンやスケールで音量を出すことに慣れ、音量が出てきたら音色や音程に意識を向けてみてください。


音程改善についてはこちらの記事に練習方法を書きました。時間はかかりますがやっただけの成果は得られると思います。段階を踏んで練習してみてください(^^)/
音程改善のための3つの練習






このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



【全楽器共通】耳がよく、音楽経験が豊富な方がおちいりやすい落とし穴

1377277

小さいころからピアノをやっていて、耳が良く音楽経験も豊富な初心者の生徒さん。地道に練習しているのになかなか音が安定しません。もう安定してもいい頃なのになんでかな?と思いお話しを聞いていると、こんなことがわかりました。

「音がよくなるように吹き方を微調整している」

基礎的な技術が身に付いていないときは音程や音に問題がでることが多いですが、それを未熟な技術でとりあえず微調整してしまうと、結果さらに不安定になり、音が鳴らなくなることがあるんです。

もちろん微調整の技術は必要なものですが、ある程度技術が付いてから使えるもの。これがメインに来てしまうと逆効果になることが多いんです。

耳が良くて音楽経験が豊富な方は「こんな音が出したい」「こんな音程で吹きたい」がはっきり決まっていることが多いです。

だからこそ理想の音が出ないと焦って微調整に走りたくなるのかもしれませんが、半分目をつぶってまずは基礎的な練習を続けてみてほしいと思います。

その場でキレイに完成させることをあきらめて、地道に基礎に取り組んでいると少しずつ音に変化が起こってきます。時間はかかりますがそれを楽しみに待ってほしいなと思います(^^)/



メルマガは今日(3月1日)20時配信です。
ぜひご登録ください!
↓↓↓
毎月1日配信・無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/



クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com

  
クラリネット以外の方・アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com






楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  




音程を良くするための3つのポイント!



合奏をしていると「音程が悪い!音程もっと合わせて!」とよく言われると思います。でも「そんな事言っても出来ない、どうしたらいいの?」と思う事ありませんか?

音程を良くするためのポイントはざっくり3つ。この3つがクリアされれば、音程問題のストレスはかなり減るのでは?と思います。ではその3つについて書いていきたいと思います。


1.楽器とマウスピース等をととのえる(すぐ改善できる)
楽器の調整をしていないと、キーバランスの崩れや、トーンホールの汚れで、音程が悪くなります。音程ばかりでなく、音も出しづらく、雑音が増える事もありますので、思い当たる事があれば調整に出しましょう。

マウスピース等も音程が悪い原因になります。キズや変形、汚れのある学校の備品や、スクールモデルの付属のマウスピースを使っていたり、試奏しても吹きやすい!音が良い!だけで選んでしまうと、あとで音程に困る事があります。

専門の先生に選定して頂くか、試奏する時は音程もチェックして買いましょう。

楽器やマウスピースによって音程のクセもあります。楽器を新しくした時は、1からクセを知って調整していきます。


2.吹き方を改善する(時間がかかる)
クラリネットは吹き方によって音程が変わる楽器です。アンブシュアや息、姿勢、意識の持ち方、気温でも音程が変わってきます。

まずは基礎的な吹き方を練習すること。音程に特化した練習をしなくても、基礎的な吹き方が身に付いてくると、自然と音程も良くなり、合わせるのが楽になってきます。

また、毎瞬変わっていく音程を調整する技術も付いてきます。レッスンに通うのが一番ですが、自分でも出来る事を練習して行きましょう。

また、音程が変わりやすい楽器なだけに、ただ漠然と吹いているだけでは、音程が定まらなかったり、リードミスが出てしまいます。

出したい音を歌って、頭の中で歌いながら吹く、という習慣を付けていきましょう。


3.吹きながら周りの音を聴く練習、音程調整の練習をする(時間がかかる)
音程を合わせるには、まず吹きながら周りの音を聴くことが必須。

でも最初は自分が吹くので精一杯、聴けても自分が合ってるのか、高いのか低いのか分からない。分かってもどれくらい調整したらいいのか分からないと思います。

これは経験を積むしかありません。まずは少人数で同じ音や和音を吹きながら聴く練習をし、音程の調整の練習をします。2人で、3人で、4人で・・・基礎合奏で、曲の合奏で練習を積み重ねます。

音程練習については書ききれないので次に譲りますが、出したい音程を出す為の練習はこちらにも書いていますので練習してみてください。


1はすぐ出来る事、2,3は時間がかかる事です。部活などでは、楽器を始めて数か月で音程をうるさく言われる事も多いと思いますが、そもそも数か月で音程まで何とかなるほど簡単なものではないのです…(2.3は普通数年はかかると思います。)

基礎が無いうちに音程メインで練習すると、細く固い音になったり、無表情な演奏になりがちです。この辺りは何とももどかしいのですが、今できなくても少しずつ出来るようになろう、という言う気持ちで合奏に取り組んでほしいなと思います。



レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村












音程改善のための3つの練習

先月末、ソロコンクールで審査をさせていただいたのですが、その時に感じた事があります。

まずは音程の事です。音程については、個人差があると思いますが、楽器歴数か月~数年でコントロールするのは難しいのが本当のところです。音程は、技術向上と共に自然に改善されていくので、技術が未熟なうちに無理に音程を合わせようとするのは、あまり賛成できません。

でも、悲しいかな中高生は容赦なく正しい音程を求められてしまいますよね。今回は発展途上の中高生が、音程改善のために何を練習していけばいいのか書いてみたいと思います。これはキャリアを積んだ方にも役立つ方法なのでぜひ参考にしてみてください。

続きを読む
楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場