クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

音源

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

音源と自分とのギャップに凹んでしまう方へ

957563

※オンラインレッスン無料体験にお申込みいただいた方で、ご連絡のない方が複数いらっしゃいます。お手数ですが迷惑メールボックス等をご確認の上、ご返信いただきますようお願いいたします。


今の時期練習も思い通りできず、音源を聴く時間も増えてきているかもしれません。こんなこと思っていませんか?

「音源のブレス、自分と回数が全然違う!なんで私息が持たないんだろう…」とか「めちゃ指が回ってるけど、こんなに私動かない」とか…気が付いたら自分と音源を比べて落ち込んでいるなど…

まず言いたいのは、その結果にはそれまでの過程があるということ。

音源では息が長持ちしている人も、何度もブレスを取るところから、身体の使い方を工夫して今の長さになっているかもしれないんです。(ブレスが持つ=うまいという事ではないので念のため&編集で云々…はここでは話題にしてません)

指が軽々と回っている人も、指の動かし方やブレスコントロールなどから地道に積み上げていたり、思い切った奏法改善をしてそこに至っている人もいます。(指が回っているからと言って…以下同文)

音源は自分を凹ませる材料ではなく、将来の自分を見せてくれている材料と思うと聴き方が変わってくるかも。素晴らしい演奏を聴いて「ここに至るまでにどんな練習してきたのかな?」とイメージを膨らますと、今できることがどんどん湧いてくると思います(^^)/



このブログについて


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



音源を聴くときにぜひやってほしいこと

e85e8e90e348518c0d8bd722e657323b_s

今は「あの曲聴きたい!」と思ったらすぐネットで音源が聴けるようになりました。楽譜を読む前に聴いてしまうことも多々あるのではないでしょうか?

今日おすすめしたいのは「音源を聴くときは楽譜を読みながら聴く」ということ。

クラリネット&ピアノならピアノ譜を、アンサンブルや吹奏楽、オーケストラならスコアを読みながら聴いてほしいなと思います。楽譜を読みながら聴くことでこんなことがわかります。

「自分は休みだけど他の楽器はこんな動きをしてるんだ」

「自分のメロディーと他の楽器はこう絡み合ってるんだ」

「単調なメロディーだと思ってたけど、他の楽器は複雑な動きをしてるんだ」

「音源では聴き取れなかったけど、あの楽器と一緒に吹くんだ」


などなど、沢山のことがわかります。それだけでなく、楽譜を読みながら聴くと全体が把握できその中で吹けるようになるので、演奏しやすくなり、目立つところやソロのプレッシャーや怖さが減ってくるんです。

「楽譜よく読めないからムリ・・」なら、わかるところから始めてみましょう。

たとえば「自分はどの楽器と一緒に吹くのかな?」ならスコアに楽器名が書いてあるからわかりますよね。そこから少しずつ読むことに慣れていきましょう。

とっても上手に吹けるのに、意外とピアノ譜やスコアで全体を把握していない方も結構います。もっと力を発揮するためにも、ぜひ「楽譜を読みながら音源を聴く」やってみてほしいと思います(^^)/




楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場