クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

音の響き

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

響き増幅グッズなんかいらない!?無料でできる音が響く方法

293772

8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/



「これを使うと音の響きが豊かになります!」「楽に音が遠くまで届くようになります」という謳い文句の道具やグッズ、結構出ていますよね。

そんな道具やグッズも効果があると思いますが、もしかしたらそれより効果があり、身に付ければ一生有効でしかも無料!(笑)の音が響く方法があるんです。

「いや、グッズを買って試すのがワクワクするんだ!」という方は、楽しみを無くしてしまうかもしれないのでここで読むのを終了してください(^^)



無料でできる音が響く方法とは、指の使いかたを変えることです。

息でリードを振動させ、十分な音が出て楽器が響いていても、指の使いかたで響きを止めてしまうことがあるんです。

いきなりですが打楽器の演奏を思い浮かべてみてください。打楽器奏者がシンバルやトライアングルの音を止める時、何をしていますか?身体や指で楽器の振動を止めていますよね。

それと同じことがクラリネットでも起こっているんです。

トーンホールを塞いだりキーを押さえるだけの力で指を使っていればいいのですが、楽器を指で持つように支えていたり、ギュッと力をいれて押えていると、その分だけ響きが身体に吸収されて音が響かなくなってしまうんです。

レッスンでもこういう場面に沢山遭遇しますが、指の使いかたを変えてもらうと「別人?!」というくらい音が響いてくることがよくあります。

「指はトーンホールを塞ぐだけ」
「キーを押さえるだけ」
「タンポが上げ下げ出来ていればOK」

特に左手の使いかたは音の響きに直結します。

指の力加減を調整するには楽器の構え方、姿勢が関係してきます。この記事を参考にしてみてください。
http://clarinet.blog.jp/archives/16992758.html

根本から見直してみると変わってきますよ。ぜひ試してみてください(^^)/


どれくらいの力がええのかわからん!という方はぜひレッスンへ!個人レッスン枠、増やしました。
8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。















曲でも響いた音でリードミスなく吹きたい!~社会人の方とのレッスンから

405008

他県から熱心に来てくださる社会人の生徒さん、曲を吹いているとだんだん音が出なくなってリードミスも多くなってしまうという事でした。

観察していると、たしかに最初は良いのですが徐々に音が痩せてきて、リードミスが出やすい音ではかなりの確率で「ピー」となってしまいます。

こういう時はアンブシュアや構え、力みや息など色々な原因がありますが、今回は息に働きかける練習をしてみました。


まず曲を吹くのをやめて、曲中のリードミスが出やすい音をロングトーンします。ロングトーンの方がやることが少ないので、息に意識を持っていきやすいからです。

ロングトーンはほんの少しずつクレッシェンドします。音がだんだん痩せてリードミスが出てしまうときはこんなことが起こっているからです。

・息が徐々に減って必要な息が足りなくなる
・リードの振動が減り、音が小さく痩せていく
・息が減っていくことを補うため口に余計な力が入る
・口に余計な力が入るので、下の歯の抑えがぼやけてリードミスが出やすくなる

ほんの少しクレッシェンドすることで息がちょうどよく流れるようになり、アンブシュア等との力のバランスも取れて音が響きリードミスが出にくくなってきます。

これで息の出し方を覚えたら曲に戻り、同じ息の出し方で吹いてもらいます。そのように吹いてもらうと、音の鳴りもよくなり、リードミスも激減しました(^^)


音が鳴らないからと響き増幅グッズを付けたり、リードを厚くしてリードミスを減らすのも1つの選択ですが、最初は良くてもすぐ別の問題が出てきてしまうので私はお勧めしません。

レッスンでは生徒さんの状態から根本的な原因を考え、必要な練習を段階を踏んで練習してもらっています。

本当はできるのに、原因特定や練習方法がズレているために実力が隠れてしまっていることもかなりあります。それはとてももったいないと思います。

何でうまくいかないかがわからない、練習してる割にはうまくならない…という方の本当の力を引き出すお手伝いをレッスンではしていきたいと思っています(^^)/


音を響かせる吹き方、リードミスを減らす方法
曲の吹き方、大阪でもご希望があればやります!
練習方法が知りたい方もどうぞ。
8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。












私の考える「響く音」とは

cae30b3f153c4d404e02b324b7a1b9e4_s

そもそも響く音ってどんな音でしょう?考えてみました。私の考える「響く音」は、必要な息を出した結果、リードや楽器、身体、空間が十分振動している音です。

息によって生まれる振動を邪魔しない結果、響く音が出る。響く音は聴いていて心地よく、遠くまで伝わり周りとも溶け合いやすい音です。

何か特別なことをしなくても、自分に合った道具で、リードを十分振動させられるだけの息を出し、楽器の振動の邪魔をしない身体の使いかたをし、空間全体を含んで演奏する意識を持っていれば、おのずと響く音になるのではと思います。

「邪魔をしていることをやめ、必要なことをする」

とってもシンプルですが、実際はなかなか複雑。響きのある音はすべての土台です。土台作り、時間がかかりますがじっくりお手伝いしたいと思います(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/







全音域を響いた音で鳴らすには?

FullSizeRender
今年はレッスンで提案したことや、やってもらってうまくいったこと等を積極的に書いていきたいと思います。

最近音も太くなってきて、上達を感じる生徒さん。アイヒラーのスケールを吹いてもらいました。

低音域から解放の「ソ」手前あたりまではよく鳴っていましたが、そこから上の音域の響きが少し弱いように聴こえました。低音域のように全部の音が鳴るともっと良くなるなと思い、

「低音域はよく鳴っているので、それと同じくらいその上の音域も出してみましょう」

と提案してみました。吹いてもらったところ、全ての音が太く鳴る音に変化し全体の音の存在感が増しました。

今回は「鳴る音に鳴りの弱い音を合わせてもらうやり方」をやってもらいました。こうすると音量や響きが十分あるまま、全部の音が鳴らせるようになるんです。

「飛び出ている音や鳴りすぎている音を抑える」やり方もあります。一見全部キレイに揃いそうですが、どの音も小さく細く固くなり、響きが消える可能性が高いのです。もともと音がよく鳴っている方にはそうしてもらうこともありますが、少ないケースです。

うるさい、痛い、開いた音を避けるあまり、このやり方で音の響きが消えているケースを沢山見ます。合奏で浮かないようにと練習した結果そうなるのかもしれませんが、それだと合奏全体の響きも貧弱になってしまうのではないでしょうか?(かといってうるさい、痛い、開いた音を薦めているわけではありませんので念のため)

全音域を鳴らすには、他にも色々な方法があります。今回は直接的な提案でしたが「ちょっと何言ってるんだかわからない」提案(アレクサンダーテクニーク的提案)をすることもあります。生徒さんの状況によって変わってくるので、興味のある方はぜひレッスンを受けてみてください(^^)/ 


試してみた方はお気軽にコメントで教えてください♪
ちなみにアイヒラーのスケールはこちらです。
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」
[クラリネット教本] 「アイヒラー クラリネットのためのスケール」


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






うまくいかないときは全部ここに戻ろう!

774167


クラリネットはマスターしたいテクニックが沢山ありますが、練習するときは何を意識しているでしょうか?

指の動き⇒指
タンギング⇒舌
スタッカート⇒舌
アンブシュア⇒口の周り
強弱⇒イメージ
音の響き⇒楽器
高音⇒アンブシュア
跳躍⇒アンブシュア
表情、表現⇒イメージ


などなど…でもこれだけだとイマイチなことも多いんです。色々やっても上手くいかないときは、ここに戻ってみてください。

指の動き⇒
タンギング⇒
スタッカート⇒

アンブシュア⇒
強弱⇒
音の響き⇒
高音⇒
跳躍⇒

表情、表現⇒

「息」です!


レッスンで身体の使いかたや考え方にフォーカスするときは、この「息」のためであることがとっても多いんです。

一見関係なさそうなことにも息は深いかかわりがあります。壁にぶち当たった時は「息」に戻ってみること、強くお勧めします(^^)/




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場