こんにちは!豊永よしこです。
音の出だし、発音の時は
必ず舌で「トゥ―」としなければいけない、と思っていませんか?

この奏法ももちろん使いますが、これだけではないんです。
発音の時に舌を使わず「フー」で吹く事もあります。
柔らかく、かつクリアな出だしにしたい時に使います。
この時は、息の勢いだけで発音するのです。

「トゥ―」か「フー」かは
自分がどういう音を出したいか?
その場面でどういう音が求められているかで決まります。

また、初心者~クラ歴数年の方、
音が響かない、音が小さく雑音が多い
色々試しても力みが取れない方は
まず「フー」でリードを振動させる感覚をつかんでから
「トゥ―」を練習する事をおススメします。
最初から「トゥ―」ばかり練習すると、
必要以上に口や舌に意識が行き力んでしまい、息の勢いが弱まったり
息が出ていても口元でストップしてしまい
音が響かなくなってしまいます。雑音も多くなります。

「トゥ―」「フー」どちらも何より「息」が大事。

どんな場面でも同じですが、大事なのに忘れがちなのが息。
忘れがちな方は「息」と書いて
練習室の壁に貼ってみてください(^^)





毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村