9cbc1d55271467aaed49185b37aa57f5_s

こんにちは!豊永よしこです。
音の出だし、発音の時は、必ずリードに舌を付けて「トゥ―」としなければいけないと思っていませんか?

この奏法ももちろん使いますが、これだけではないんです。発音の時に舌を使わず「フー」で吹く事もあります。柔らかく、かつクリアな出だしにしたい時に使います。この時は、息の勢いだけで発音します。

「トゥ―」か「フー」かは自分がどういう音を出したいか?その場面でどういう音が求められているかで決まります。

また、初心者~クラ歴数年の方や、音が響かない、音が小さく雑音が多い、発音の時に力んでしまう方は、まず「フー」でリードを振動させる感覚をつかんでから「トゥ―」を練習する事をおススメします。

最初から「トゥ―」ばかり練習すると、必要以上に口や舌に意識が行き力んでしまい、息の勢いが弱まったり、息が出ていても口元でストップしてしまい音が響かなくなってしまいます。雑音も多くなります。

発音がクリアに出来るようになると、タンギングやスタッカートにも良い影響が出てきます。音色自体も良くなってくるんです。発音は本当に大事ですので、ぜひ練習してみてください(^^)




★グループレッスンでも発音について練習できます。上手く出来ない方、やり方が分からない方はぜひいらっしゃって下さい(^^)

7月30日(日)
『少人数でじっくり!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村