クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

運指

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

左手親指の動きを楽にする2つのアイデア

今日のお題はこちらです。
FullSizeRender

「レーファ♯」の間に音が入ったり「ミーファ」のリズムが転んだりと、なかなか難しいパッセージです。左の親指をいかに繊細に動かせるかがキーになります。


左手の親指を楽に動かすアイデア。1つ目はこちらです。
FullSizeRender
頭(上下の歯)と右手親指のバランスさせる。これが左手を自由に動かす準備です。



そしてこの意識。親指はどこから動くのかな?
ここからだけでなく
FullSizeRender


ここからも動きます!
FullSizeRender
あえて動かすというよりは、ここから動くんだな~と知るだけでOK。頭の中の認識が書き換わると動きに変化が起こります。

がむしゃらにやってもうまく行かないときは、身体の豆知識を取り入れたり超ゆっくり練習でマスターするのがおすすめです(^^)/


超ゆっくり練習についてはこちらに書いてあります。みなさん速いテンポで練習しすぎです!




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






なぜアンブシュアや指の力みが取れないの?

090493

アンブシュアや指の力みのお悩み、本当にたくさん聞きます。
アンブシュアを噛まないようにしよう、指を力ませないようにと練習している方も多いのではないでしょうか?奏法にも原因がありますが、今日は身体の使いかたの観点から書いてみたいと思います。


アンブシュアや指…これらは身体の末端ですが、身体の軸と身体の末端の力みは密接につながっているのです。

身体の軸(ここでは頭と脊椎)が丁度よくバランスしていると、頭を支えるための余計な力を入れる必要がないので身体は動きやすくなります。逆にバランスが崩れていると、首を始め全身の筋肉が総動員してバランスを取ろうとするんです。

それは末端の部分も例外ではありません。身体のバランスが崩れたり無理な体勢の時、無意識に手がグーになったりパーになって引きつった経験はないでしょうか?それと同じようなことが演奏中に起こります。

この力みの中無理に動かそうとすると、動きにくく感じさらに余計な力が入ってしまうんです。

アレクサンダーテクニークのレッスンでは、動きの中で身体の軸(頭と脊椎)のバランスをみていきます。軸のバランスが変わると、全身の使いかたが変わるため音や身体に色々な変化が起こってくるんです。

身体の可能性は未知数なので何が起こるかはわかりません。そういう意味ではチャレンジャーのためのツールかもしれませんね。自分の可能性を探求したい、何が起こるか試してみたい方はぜひレッスンにお越しください(^^)/



★アレクサンダーテクニークレッスン、今なら1,000円で体験できます!

★10月12日『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』も募集中です。


詳細&お申込みはこちら



★豊永よしこ プロフィール



★無料メルマガ登録



★メルマガの過去記事が読めるようになりました



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









【ミニ動画付き】自由な指の動きのためにできること

IMG_1878

指を自由に動かすために気をつけていること、ありますか?「力まない」「バタバタしない」「楽器を握らない」など、色々あると思いますが、今日はとっても大切なことを書きたいと思います。

指を自由に動かすには
「指だけでなく、身体全部が動ける」
身体の使い方をすること。

トーンホールやキーを押さえる時、指は色々な動きをしますが、その時、指が動くだけでなく、他の関節も動いていいんです。
 
指が動くと同時に手首、ひじの関節なども動いているのがわかると思います。1つの動きをすると、身体全体が繊細に動きます。

自由な指の動きには、自由な身体の動きが必要不可欠。
「どこが連動して動けるのかな?」
「自分で動きを止めてないかな?」
「フォームにこだわりすぎてないかな?」

鏡で自分の動きを観察してみましょう。そしていいアイデアが閃いたら実験のつもりで色々試してみましょう。できなかったことが簡単にできるようになるかもしれません(^^)/



★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com









楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場