090956

学生の頃は毎日練習できたけど、大人になったら忙しくて練習できるのは週1~2回、楽団での練習だけ。練習は楽しいけど、終わったらぐったり、あちこち痛くて不安を感じてしまう…やっぱり年かな…と思う方も多いのではと思います。

今日は思い通り練習できない週末プレイヤーの方に向けて、疲れや力みを軽減するヒントを5つ書いていきたいと思います。


1.「楽器を吹きながら譜読み」をやめる
少ない時間でなんとかしようと、楽器を吹きながら楽譜にかじりついて譜読みしていませんか?
でも譜読みはかなりの頭脳労働。譜読みに脳のエネルギーのほとんどを取られ、身体にまで意識が回らず、気が付いたら譜読みしただけなのにすごーく疲れた、身体が痛い!となってしまいます。

こうならないためにおススメなのが、事前の譜読み。拍子、調性、テンポ、リズム、臨時記号などを把握しながら、楽譜を歌いながら読んでいきます。

譜読みの段階で練習したいポイントをチェックし、練習方法も大体決めておくと練習時間が効率的に使えます。

ある程度譜読みができていると、心と身体に余裕が生まれ、疲れる前に休むことができます。

譜読みの時間をわざわざ取らなくても、通勤通学時間やスキマ時間でOK.いつでも読めるように携帯に写メしておき、1日10小節、5分でも続けてみてください。


2.ちょっとした休みに力を抜く
演奏中に身体がずう~っと緊張していませんか?休めるときに休まず緊張し続けていることも疲れの大きな原因です。曲の中の休符、吹かない小節で吹いている時に使っている筋肉の力を抜いてみましょう。

吹いている時は主に胴体、腕~指、口の周り、アゴの力を使っています。人によっては首、背中、腰や足も力んでいるかもしれません。

「ここ力んでるな」「力を使ったな」と気づいたら、お休みで力を抜く。力を抜くのもコツがいるので最初は長めのお休みで試してみましょう。(力を抜いても気は抜かない。お休みの時も音楽と共にいましょう)


3.与えられた時間の中で、できることをやる
「時間がない!練習しないと!」と焦って練習していませんか?焦りは身体の力みだけでなく、精神的にも疲れます。 

少ない時間で沢山のことをやろうとしたり、無理に仕上げようとすると頭の要求に身体が付いていけず、身体は力んで対応しようとします。またやりたいことが全部できない自分を否定したり、自己嫌悪に陥ってしまうことも。

焦ったら深呼吸。そして「今できること」「できないこと」「やりたいこと」「今じゃなくてもいいこと」を整理してから練習をしてみましょう。


4.あの頃の完璧を目指さない
「練習できなかったけど完璧に吹きたい!」「沢山練習してた時と同じクオリティで吹きたい!」と欲張り完璧を目指すと、身体はキャパを超えて頑張り緊張するので疲れやすくなります。

「学生時代のあの時みたいに」と考えるのはやめて、今の自分にできることを積み重ねていきましょう。ゆるく怠けているように感じるかもしれませんが、それが長続きする地に足が付いたやり方です。


5.視野を広くし空間を感じる
疲れやすく力んでしまう方の多くは、楽譜と自分だけの狭い空間の中で吹いています。狭い空間では無意識に身体を縮めて吹くので、疲れるだけでなく本来の力を出すことができなくなります。

楽譜と自分だけでなく、周りの空間(後や上も)、部屋の広さや天井、周りにいる仲間と繋がる意識で吹くと、身体の使いかたが自然と変わってきます。



普段の生活に影響を出さないためにも、疲れを軽くする工夫はとても大事です。自分の取り組み方どうかな?無理してないかな?と振り返って、今の自分に合ったやり方を色々試してみてください(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/