アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

身体の使い方

d9f8157da7b6465574ba40f0db98624e_s

こんにちは!豊永よしこです。
楽器を身体のつくりに則して吹く。効率的に吹く。これってどういうことなんでしょうか?私が思うに、無駄な苦労をしないで吹くということだと思います。

たとえば、ビンに入ったジャムを食べたい時。ビンを初めて見た人はどんな行動を起こすでしょうか?

フタを逆に回してみたり、引っ張って開けようとしたり、割って中身を出そうとしたりするかもしれません。筋力がないからだ!と思って筋トレを始めてしまうかもしれません(^_^;)

でも、実際はフタを左に回すだけでフタが開き、食べる事ができます。ビンの作りを知って、それに則して開ければ、楽にジャムが食べられます。身体のつくりに則して吹く、というのはそういう事だと思います。

レッスンではそんな事を教えています。いやもっと苦労しなくちゃ!と思うかもしれませんが、身体のつくりに則した吹き方を身に付けるのも、人によっては苦労を感じますのでご心配なく(^^)フタを開けるよりはるかに複雑ですから。

そして本当の楽しみはその先にありますよね。楽器で音楽を奏でる事!その手前でエネルギーを使い果たしてしまうのはもったいないと思います。その先の楽しみを味わいたい方、ぜひレッスンを受けてみて下さい(^^)




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







aa6d10572ef6d6db4990dcdf40cf2a0b_s

 こんにちは!豊永よしこです。
楽器演奏にかなり重要な役割を果たしている小指。いつも思い通りにならない、もっと動けばなあ~と思っていませんか?

今日はヒマな時にいつでもできる、簡単で効果的なエクササイズをご紹介します。


片方の指で小指の動きを補助しながら、指先の関節から順番に、ゆっくり曲げたり伸ばしたりします。痛みや違和感があったらやめてください。

手のひらを上だけでなく、向きを変えてもやってみてください。時間のある時は、全部の指でやってみましょう。

慣れてきたら、こんな事を考えながらやってみましょう。
・指の周辺も視野に入れる
・身体全体を考えながら
・指先は手首、ヒジ、肩、背中~全身に繋がっている事を思い出す
・関節の1つ1つにスペースがある事を思い出す


この動きをしているうちに、存在が希薄な小指が認知されてきます。動きの悪い部分って、普段からあまり意識されていない事も多いのです。意識される事によって、脳からの指令もとどきやすくなる気がします。

レッスンでも時々やってもらいますが、指が繊細に動かせるようになったり、キーに指が届きやすくなったり、指の突っ張りが緩和される方が結構います。

簡単すぎて拍子抜けするくらいですが、効果は結構あります♪よかったら試してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








こんにちは!豊永よしこです。
演奏の時に身体が固まると、指が動かなくなったり、息が吸えなくなったり、ミスしたりと、色々なトラブルが起こりやすくなります。できれば固まらずに自由に演奏したいものですよね。

そもそも「身体が固まる」って、なんで起きるのでしょうか?
主に考えられるのはこの3つです。

・筋肉の頑張りすぎ、頑張り方のズレ    

・気持ちの頑張りすぎ、
頑張り方のズレ    

・恐怖、不安から身を守るため


これらを見て気づく事があります。
固まるって実は
演奏レベルを上げようと頑張ったり
恐怖、不安から身を守ろうとして起きる事
なんです。       

固まるのはイヤですが、必死に頑張った証でもあるんですね。固まってしまったら、まずはその頑張りをねぎらってみませんか?                              

「固まる⇒ダメ!」から「固まる⇒よく頑張ってる!」に、とらえ方を変えてみます。

その上で、じゃあどうやったら心や身体がうまく使えるようになるかな?とアレクサンダーテクニーク等で探究を始めてみましょう。
       
とらえ方を変えるだけでも心身の様子が変わり、結果が変わってきます。些細な事ですが変わるんです♪興味があったらぜひ「とらえ方の変換」やってみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村         
        
        
        
        
       


128280
こんにちは!豊永よしこです。
先日暗譜で曲を練習していて、苦手なところである身体の動きをしている事に気付きました。

それは「目線が下に向かい、目が伏し目がちになる」です。
伏し目がちが起こるのは「ちゃんと出来るかな?」の心の反映
また、目線が下がったり、伏し目がちになると
身体が縮んだり固まったりしやすくなります。(私の場合)

「これだけ毎日気を付けてるのに、習慣って根強いな~(^_^;)」と思いつつ
苦手箇所に差し掛かっても、目線はそのまま、目を開け続けて吹いてみました。


・・・できました(笑)あっけなく。


この「苦手箇所でも目を開け続ける」は何人もの生徒さんにやってもらった時も
効果があったのですが、今回改めて効果を感じる事ができました(^^)

目には身体の状態や何を考えているかが
はっきり出るので、どう使っているかを観察すると面白いですよ♪
興味のある方は色々研究してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
世界的な名プレイヤー、超絶技巧が得意なプレイヤーは
身体の使い方も上手いのでしょうか?
きっと身体の使い方も一流に違いない、と思い
色々なプレイヤーの吹き方を沢山観察してきました。

これまで観察してきた結果、答えは、
「名プレイヤーだからと言って
身体の使い方も一流とは限らない」です。


予想通り身体の使い方が一流の場合もあれば
「え!この姿勢でこれ吹けるの?」という状態で
超絶技巧を吹いている人もいました。

過去のメルマガでは、色々なプレイヤーの身体の使い方を
解説しています。
ぜひバックナンバーもご覧ください。
↓のリンクから購入できます(^^)

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet    

レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    
    


にほんブログ村





↑このページのトップヘ