クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

タグ:身体の使い方


こんにちは!豊永よしこです。
演奏の時に身体が固まると、指が動かなくなったり、息が吸えなくなったり、ミスしたりと、色々なトラブルが起こりやすくなります。できれば固まらずに自由に演奏したいものですよね。

そもそも「身体が固まる」って、なんで起きるのでしょうか?
主に考えられるのはこの3つです。

・筋肉の頑張りすぎ、頑張り方のズレ    

・気持ちの頑張りすぎ、
頑張り方のズレ    

・恐怖、不安から身を守るため


これらを見て気づく事があります。
固まるって実は
演奏レベルを上げようと頑張ったり
恐怖、不安から身を守ろうとして起きる事
なんです。       

固まるのはイヤですが、必死に頑張った証でもあるんですね。固まってしまったら、まずはその頑張りをねぎらってみませんか?                              

「固まる⇒ダメ!」から「固まる⇒よく頑張ってる!」に、とらえ方を変えてみます。

その上で、じゃあどうやったら心や身体がうまく使えるようになるかな?とアレクサンダーテクニーク等で探究を始めてみましょう。
       
とらえ方を変えるだけでも心身の様子が変わり、結果が変わってきます。些細な事ですが変わるんです♪興味があったらぜひ「とらえ方の変換」やってみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村         
        
        
        
        
       


128280
こんにちは!豊永よしこです。
先日暗譜で曲を練習していて、苦手なところである身体の動きをしている事に気付きました。

それは「目線が下に向かい、目が伏し目がちになる」です。
伏し目がちが起こるのは「ちゃんと出来るかな?」の心の反映
また、目線が下がったり、伏し目がちになると
身体が縮んだり固まったりしやすくなります。(私の場合)

「これだけ毎日気を付けてるのに、習慣って根強いな~(^_^;)」と思いつつ
苦手箇所に差し掛かっても、目線はそのまま、目を開け続けて吹いてみました。


・・・できました(笑)あっけなく。


この「苦手箇所でも目を開け続ける」は何人もの生徒さんにやってもらった時も
効果があったのですが、今回改めて効果を感じる事ができました(^^)

目には身体の状態や何を考えているかが
はっきり出るので、どう使っているかを観察すると面白いですよ♪
興味のある方は色々研究してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
世界的な名プレイヤー、超絶技巧が得意なプレイヤーは
身体の使い方も上手いのでしょうか?
きっと身体の使い方も一流に違いない、と思い
色々なプレイヤーの吹き方を沢山観察してきました。

これまで観察してきた結果、答えは、
「名プレイヤーだからと言って
身体の使い方も一流とは限らない」です。


予想通り身体の使い方が一流の場合もあれば
「え!この姿勢でこれ吹けるの?」という状態で
超絶技巧を吹いている人もいました。

過去のメルマガでは、色々なプレイヤーの身体の使い方を
解説しています。
ぜひバックナンバーもご覧ください。
↓のリンクから購入できます(^^)

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet    

レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    
    


にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
以前に比べると、ストラップを気軽に使う人が増えています。
最近は色々な種類が出ていますよね。
以前、音大教授のアンサンブルのコンサートに行ったら、
メンバー全員が付けてた、という事もありました。
有名な先生が付けているなら良いものだろう、
友達も付けて良いって言うし、
自分も腕や手が痛いから必要かも・・・と付ける方もいるのかもしれません。

私も吹く時の身体の使い方を研究している中で、
ストラップって本当に必要なのか、
特に付けている方の身体の使い方を観察してきました。
昨年「ザ・クラリネット」に構え方に関する記事を書かせていただいた時にも
かなり考えました。

今はこう考えています。あくまで私の考えですが
「ストラップは必要ない」

もちろん例外はあります。
こういう方はストラップが必要かもしれません。
・身体に何か疾患をお持ちの方
・楽器の重さを支えらえない位の体格の方
・無理をしないとキーを塞げない位手指が小さく短い方
・歯並び噛みあわせ等で極端な構え方をしなければならない方
(極端に寝かせたり、床に水平になるほど上げたり等)
・改造等で楽器が重くなってしまった方
・元々重い楽器を吹いている方
・人間の限界を超えた練習を続けたい方

腕や手が痛くなるからストラップを付けている、という方を観察すると
指に力が入りすぎていたり、楽器を支えようと脇を固めて、
その結果手首が内側に入っている姿勢になっている事が多いです。
(こちらに詳しく書いてあります⇒手首や腕が痛い人がやっている共通の動きとは?

両手の重心が親指&人差し指側に行きすぎているのも原因の一つです。
親指&人差し指側に行きすぎてしまうと、楽器の重さを余計に感じるようになり
支えきれなくなります⇒参考記事

また、腹筋を使おう、お腹で支えようと思いすぎて身体の前側が縮まって
頭が前に落ちていたり
姿勢を良くしようと上半身、特に腰を反った結果
バランスを取るために頭の位置が下がっている事も。

でもその構えだと、頭の重さ(約5~7キロ)が右手親指にのしかかり、
右手親指、手首、腕等に多大な負担が来てしまうんです。
楽器本体は1キロ弱ですが、それ以上の負担になった結果
重さを支えきれず、ストラップを使うようになった、という方も結構多いです。

身体の使い方、構え方が改善されると、
ストラップが不要になるだけではなく、
音も出やすく、指も動きやすくなるので、
演奏が楽しくなります。
結果、ストラップが邪魔になってくる事がとても多いです。

ストラップを付けてるけど、自分はどうなんだろう?
ストラップを付けたいけど、本当に必要なのかな?
と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

自分の吹き方を客観的に見るのは難しいので、
専門家の助けが必要になってくると思います。
よく分からない方はぜひレッスンを受けて頂きたいなと思います(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村


こんにちは!豊永よしこです。
最近これで眼トレをしています。
(日めくり) まいにち、眼トレ ([実用品])

目の使い方次第で、演奏や譜読みのクオリティが変わるので
少しずつ練習しているのですが
その時に気づいた事があります。

それは「難しい事をする時、息が止まっている」ということ。

その時は迷路を30秒で通り抜ける、というトレーニングでしたが
気づいたら息が止まっていました(笑)
ハッと気づいて、呼吸を続けながらやり直すと、
目に入っていた力みが抜け、視界も広くなって楽に進める事ができました。

これは難しい楽譜を読む時にも共通することだと思います。
細かい音符が沢山のパッセージ、
♯♭がいっぱいの楽譜を読むときや吹く時に、息を出すのを忘れていませんか?
さすがに息が止まる事はないと思いますが、
息の流れが少なくなったり、必要な息が出せなかったり、という事は
レッスンでも良く目にする事です。
譜読みや指を動かす事に夢中になってしまうのかもしれません。

難しい箇所、読んだり音を並べるので精一杯だったら
吹く前にちょっと立ち止まって「息」と思ってから練習してみてください。
緊張が和らいで、難しい箇所が楽になってくると思います(^^)





★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

↑このページのトップヘ