クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

跳躍

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

なぜか男性に多い!?高音域からの跳躍のNGグセ

145511b

高音域の下行形や、高音域から中音域、低音域への跳躍。
これらはアンブシュアや息、身体の使い方や考え方など、色々なことを変化させ工夫しながら行う高難度の技です。

こんなときについしてしまうクセ、ありませんか?なぜか男性に多いような印象です・・・

「音を変えるときに、喉で一瞬息を止めてしまう」

難しい跳躍を力技で乗り切ってしまうのです。

自分でも喉を操作して息を止めている感覚があったり「ウッ」「クッ」「グッ」という小さな音がしている時は、このクセで吹いている時。

喉で止めると、とりあえず音は出るのでいいようですが、音がつながっていなかったり、音が出るタイミングが遅くなっています。

さらに危ないのは、喉の力みを助長してしまうこと。喉の力みが習慣化すると、出す音全部が細くて固い貧弱な音になってしまいます。

また、のどの力みは全身の力みにつながるので、身体を自由に動かすことが難しくなり、吹くこと自体が大変になってきます。

喉で息を止める操作がクセになっていても「喉で止めるのをやめて、息を出し続けてみてください」とアドバイスすると、ほとんどの方はすぐ出来るようになります。

クセが出たら新しいやり方でやり直してみる。完全に変えるまでに時間はかかりますが、良い音が出るようになるのでぜひ練習してほしいなと思います(^^)/




楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





うまくいかないときは全部ここに戻ろう!

774167

こんにちは!豊永よしこです。
クラリネットはマスターしたいテクニックが沢山ありますが、練習するときは何を意識しているでしょうか?

指の動き⇒指
タンギング⇒舌
スタッカート⇒舌
アンブシュア⇒口の周り
強弱⇒イメージ
音の響き⇒楽器
高音⇒アンブシュア
跳躍⇒アンブシュア
表情、表現⇒イメージ


などなど…でもこれだけだとイマイチなことも多いんです。色々やっても上手くいかないときは、ここに戻ってみてください。

指の動き⇒
タンギング⇒
スタッカート⇒

アンブシュア⇒
強弱⇒
音の響き⇒
高音⇒
跳躍⇒

表情、表現⇒

「息」です!


レッスンで身体の使いかたや考え方にフォーカスするときは、この「息」のためであることがとっても多いんです。

一見関係なさそうなことにも息は深いかかわりがあります。壁にぶち当たった時は「息」に戻ってみること、強くお勧めします(^^)/




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






跳躍を上手く吹くための5つのアイデア

71407bf4fa812e711c4f188c5c5607ee_s

こんにちは!豊永よしこです。
跳躍を上手く吹くテクニックはもちろんありますが、今日は考え方からのアプローチを5つご紹介したいと思います。

1.上行なら下行、下行なら上行のつもりで吹く
人間の本能的な動きとして、音が上行する時は身体を縮めてから伸びる(反る)動き、下行する時は身体を縮める動きが起こります。この動きが身体の機能の邪魔をしている事があるんですね。
上行の時は下行のつもり、下行の時は上行のつもりで吹くと、その動きが起こりづらくなり、上手くいく確率が上がります!


2.「これ得意です!」とつぶやいてから吹く

「嫌だな~出来る気がしない」と思って吹くと、心と身体が縮こまり、出来る確率が激減します。
ウソでも「これ得意です!」とつぶやくと、脳と身体が本来の大きさを取戻して、上手くできる確率が上がります!

3.息を普段の2倍意識する。
跳躍は息が命ですが、出来ない時は、息が止まったり流れが悪くなっています。
跳躍する前から、跳躍する瞬間、跳躍した後までずう~っと息の事を思い続けてみてください。上手くいく確率が上がります!息の方向はもちろん・・・いつも書いている通りです(^^)

4.楽譜を見ないで吹く
人間は苦手な楽譜を目にしただけで、心と身体が縮む生き物。さらに楽譜をジ~っと見ながら吹くと、視界が狭まりさらに身体が縮みます。
苦手と感じている跳躍はすぐ覚えて楽譜を見ないで吹きましょう。上手くいく確率が上がります!

5.歌ってから吹く
出来ない跳躍は、頭の中のイメージがぼんやりしていて闇雲に吹いているだけ、という事があります。
吹く前に、まずは歌ってイメージをしっかり作りましょう。音域的に歌うのが難しい場合は、頭の中に完全に出来ているイメージをつくります。すると、上手くいく確率が上がります!


技術的には力があるのに出来ない時は、やりたい事がぼんやりしていたり、やりたい事を邪魔する動きが発動している時です。
こんな事で上手くいくの?と思わずに、よかったら試してみてください(^^)


毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場