クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

表現力

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

「自分は表現力がない」と思っている方へ

d845a5ced56b0e2fc74ad15783af5361_s
「上手なのになんか味気ない」「一本調子」「伝わってこない」

こう言われてしまうこと、ありませんか?音楽経験が豊富な方でも、自分の感じたことを表現するのを躊躇する方、どう表現していいのかがわからない方が結構いらっしゃいます。

曲から色々なことを感じていながら遠慮してしまう。表現が薄かったり、何かを抑えたようにように吹いてしまう方には、こんな意識が隠れていることがあります。


「正しく演奏しなければならない」


「正しく」はかなりのパワーワード。「正しく」の前では「私はこう表現したいな~」が簡単にねじ伏せられてしまうのです。

確かにクラシック音楽の演奏にはテンポ、調性、リズム、音程などなど沢山のお約束があります。お約束を身につけるのはもちろん必要で、お約束を守って演奏することで大枠が出来上がります。

でも実は自由にしていいことも沢山あるんです。自由にしていいことを自分なりに表現していくことで、世界に1つ、オリジナルの演奏ができあがります。

経験豊富で大枠ができている方は「正しく演奏する」からお約束の中で自分の感じたことを表現してみる「自分はこう吹きたい」を増やしていってもいいのではと思います。

とんでもない方向に進んだり不調和を生んでいるときは必ず教えます。表現の仕方自体がわからない方もお手伝いします。まずはたった一人の個人練習で、何のジャッジも入れず、好きなフレーズを好きなように吹いてみませんか(^^)/



♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/





♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/








もっと表現の幅を広げるにはどうしたらいいでしょうか?

13cfaabbd296f40434bbe17164747044_s


「もっと表現の幅を広げたい!自分の想いをもっと伝えたい!」多くの方の願いではないかと思います。

表現の幅を広げるには、どうしたらいいのでしょうか?
・基礎練に力を入れる
・色んな音楽を沢山聴く
・上手な人の真似をしてみる etc…

どれもYesですよね。でも、もっと根っこの方まで考えてみましょう。

まずスタートは「自分はどう表現したいか?」そして、それを実現すべく演奏するのですが、ここでとっても大事な心構えがあります。それは・・



『冒険する』です!



・本当は色々な音で表現したいけど、汚くなったり、かすれるのが怖い
・勢いよく音楽を運んでいきたいけど、リズムが崩れたり音を外したりが怖い
・自由に歌いたいけど、これが正しいのか自信がない
・こんな風に吹いて、周りに何を思われるか怖い

「危なげなく出来たけど、やりたい事は大してできなかった…モヤモヤ(ーー;)」で終わっていませんか?自分の中には豊かな世界が広がっているのに、それを閉じ込めていませんか?

人間は命を守るための危険回避本能があります。安全地帯にいたいのは本能ですが、いつまでもそこから出られないでいると、だんだん停滞してきます。

「経験は増えているのに表現力が伸びない、殻を破って進化したい!」と思ったら、自分や周りを信じて冒険してみませんか?

冒険とはいつもと違うところへ行く事です。怖いです。何が起こるか分かりません。失敗するかもしれません。

でも思い切ってチャレンジしたら、これまでにない満足感が得られてマンネリ枠から出られるかも♪やってみよう!と思ったら、まずは個人練習の段階から「冒険」です。

思い切って出した事のない音量を出してみる、今までした事のない歌い方で吹いてみる、音やリズムが崩れるのは気にせず、勢いよくクレッシェンドしてみる。

これまでした事のない事をやってみましょう。色々な気付きがあり、少しずつ自分の枠が広がってくるのを感じると思います。


最後に「冒険」したい勇気ある方のために、とても役立つ自分への声かけをお伝えしておきます。

自分への指示を「〇〇しないように」から「〇〇する」へ変換します。
「音が汚くならないように」から「自分の出したい音色を出す」
「音を外さないように」から「自分の出したい音程を出す」など

消極的な言葉から、積極的な言葉へ。アレクサンダーテクニークのレッスンでも良く使われる効果的な方法です。良かったら冒険の助けに、ぜひ試してみてください(^^)





 

レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場