こんにちは!豊永よしこです。
先日少し書きましたが、一昨日はアレクサンダーテクニークの
アセスメント試験1回目でした。
無事合格しました!・・・が内容的には課題が多く
力不足にしばらく落ち込んでいました(-_-)

今はとっても元気ですが(^^)
今回落ち込みから浮上までにはいくつかの段階があるなと感じたので
それを書いてみたいと思います。
皆に共通するかはわかりませんが
どなたかのお役に立てば嬉しいです。


落ち込みから浮上までには、色んな感情が湧き起こります。
落ち込んでいる時は嫌な感情ばかり湧いてきますが、
その感情が浮上の助けになるように感じます。

落ち込んでいる最中にやってくるのは
自己否定、後悔、無力感、虚脱感、悲しみ
周りから嫌われるんじゃないか、見放されるんじゃないか
バカにされるんじゃないか、という孤独感、焦燥感・・・

すぐにでもこんな感情にフタをして浮上したいですが、
ここで無理にポジティブに変換せず
そのまま味わってみるのがとっても大事だと感じました。


また、落ち込みだけでなく
悔しさ、自分に対する怒りも出てきます。
落ち込みはプラスのエネルギーがあまり感じられませんが
怒り、悔しさは感情としてはネガティブに見えますが、
エネルギーとしてはプラスなんじゃないかなと感じます。


そして、エネルギーが少しずつ上がってくると
立ち直って頑張ろう!に行きたくなりますが、その前に・・・
静かに自分を振り返ります。

「上手くいかなかったけど、その時出来る事は頑張った」
「満足いかないけど、前と比べれば随分進歩した」

自分が積み重ねてきた事、頑張ってきた事を認めます。
誰かに認めてもらったり、慰めてもらうのではなく
「自分で自分を認める」
これが何より大事で、これからのパワーを作ってくれるのではないかと感じました。


また、自分の頑張りや進歩を認めると、落ち込みで傷ついた気持ちが修復され
さらに浮上のエネルギーがUPします。
そしてここで一気に浮上せず、待ちます。
再び出てくる感情はそのままに
身体を動かしたり、休んだり、自分が楽しくなる事をしたりと
別の事をしていきます。
そうしているうちに、また頑張ろう!という気持ちが
自然に起こってくるのです。
ここで大事なのは、無理に浮上しようとするのではなく
浮上してくるのを待つ事です。
自然に元気ややる気が起こってきたら、浮上してきた証拠です。
落ち込む前よりも少し強く柔軟な自分になっていると思います。


・起こってくる感情をただ味わう
・自分のやってきたことを振り返り、自分で自分の事を認める
・自然に浮上するのを待つ

人によって色んなパターンがあると思いますが、ご参考までに。
私の体験から書いてみました(^^)




毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村