速いパッセージでタンギングすると、指と舌が合わなくてぐちゃぐちゃになってしまうというお悩みです。これはかなり沢山聞きます。

指と舌の動きを揃えるための練習はいくつもありますが、今日は身体の使いかたの観点から。

舌がうまく動かなくて合わないときは、ここと舌が繋がってることを意識に入れてみましょう。舌骨です。探してみてください。
1530703


首の付け根の奥にある馬蹄型の骨、舌骨。舌骨と舌が繋がっているだけでなく、色々な筋肉が舌骨と繋がっています。

身体の使いかたの鍵を握る、呼吸にかかわる胸骨、アンブシュアの要の下アゴ、そしてなんと呼吸にかかわり腕ともつながる肩甲骨にも!…舌の動きは舌以外ともつながっているんです。タンギングも身体全体です!


指についてはまた次の記事で書きたいと思います。私もこの事実を知ったときはびっくりしました。まずは舌以外…身体全体に意識を広げることから始めてみてください(^^)/



このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。