クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

自己肯定

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

成功したのは誰のおかげですか?

1357909

レッスンをしていると、生徒さんがよくこう報告してくださいます。

「先生に習ったことを試したら
本番でうまく吹けました!」

「出なかった音が
出るようになりました!」

「吹くのが楽になりました!」

感謝してくださるのはとても嬉しいし、もっと嬉しい報告を聞きたいなと思うのですが、私がしたことはきっかけを提案したりサポートをしただけ。

レッスンで習ったことを受け入れ、練習して身に付けたのは間違いなく生徒さんご自身なんですよね。

「成功できたのは仲間の協力のおかげ」

「先生のおかげ」

「うまくいったからって自惚れないでね」

「調子に乗らないようにしなさい」

もしかしたら子供の頃に、大人からこう言われてきたかもしれません。

もちろんこういう面もあり、謙虚な気持ちでいるのはとても素敵ですが、同じくらい「出来るようになったのは自分の頑張りのおかげ」と自分をたたえてもいいと思います。

もしうまくいったのに「自分の頑張りは大したことない」「たまたまうまく行っただけ」と思っていたら、ぜひひそかに「一人祝賀会」を開いてみてください。

些細なことで自分をべた褒めしようが、調子に乗って自惚れてもいいんです。頭の中は誰にも邪魔されない完全に自由なエリアです。本当に認めてもらいたいのは周りの誰かではなく、自分自身かもしれません。

自分のやったことを自分を認めていく。その積み重ねが自信を育てていくのではと思います(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

いつから家にあるかわからないサボテン。いつも淡々と花を付けてくれます。
FullSizeRender




クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




自分のよいところを見つけるコツ

835540

練習していても、できていないところ、ダメだと思いこんでいるところはすぐ発見できても、出来ているところ、よいところは見つけられなかったりスルーしてしまいがち。

出来ていないことを発見しても、客観的に認識し、考えて練習できれば上達につなげることができます。でも「出来ない=ダメ」とジャッジして自己否定に走るとあまり役立ちません。

自己否定に入ると気分が下がり、気分が下がると身体も固まり押し下げられます。するとそれを補おうと力みが発動しますが、気分が上がらない上に身体が固まって動きが悪いので、あまりいい成果は期待できないでしょう。

自分のよいところを見つけるには、ちょっとコツがいります。こういう意識でいるとよいそうです。


「都会の夜空で星を見つける気持ちで」


都会は夜でも明るく、空気も淀んでいるのですぐに星を見つけることが出来ません。でも時間をかけて夜空を眺めていると「あれ?あのぼんやりした光は星かな?」となんとなく見えてきて、さらに見ていると、それ以外にもいくつも星が見えることに気づきます。

以前メルマガでも紹介しましたが、この本に書かれていました。腰痛でない方にもお勧めです。自分との付き合い方を学ぶのにとてもいい本だと思います。



考え方や気持ちの持ち方で演奏がガラッと変わってしまうのは、多くの方が経験されていることだと思います。特に自分との付き合い方、周りとの付き合い方はその基本。

練習の方法やどんなリードを使うかと同じぐらい、考えかたや気持ちの持ち方について興味を持ってみてもいいのではないかなと思っています(^^)/







楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



自分に優しいハードルの作り方

今日は、上達するための「自分に優しいハードルの作り方」です。たとえば、こんなスケールを練習する時、何を考えて吹きますか?
71aa5264-s

音が響くように、高音域の指使いを正確に音の出だしと終わりを丁寧に、テンポに乗って・・・

などなど、いくつかの目標を掲げ、自分の吹きたい理想を思い描きながら吹いているかもしれません。
いくつかの事を同時に達成する・・・ハードル高いですね。そして、吹き終わった時はどう思っていますか?こんな風に思っていませんか?

・滑らかに吹けたけど、出だしがダメ
・高音域の指は出来たけど、リードミスが出ちゃった
・音色は良かったけど、ブレスが下手


「〇〇は出来たけど、〇〇は出来なかった。」


一度に沢山のハードルを設置すると、失敗する確率が増えます。すると「〇〇できなかった」という印象が強くなり、できたことをスルーしがち。自分の価値を正確に捉えられなくなります。
自分の価値を下げてもいい事は何もありません。

いつも沢山の理想を掲げてるけど、いつまでも出来た気がしない。でも上手になりたい、という方は

目標を1つだけにします。

沢山やりたい事はあるけれど、その中でも1つだけ。それもちょっと頑張ったら出来るものです。

そして、出来たら「出来た!」で完了。

「でも・・・」は封印です(^^)自分の理想まで届いていなくても少しでも進歩の兆しがあったら「出来た!」でOK。

出来たら、それを定着させる反復練習をしたり、質を上げる為にどうしたらいいか考えたり、次に出来るようになりたい事に取り組みます。


出来なかったら、「その時に出来る事はやった!」と努力の過程を認めてあげてください。

その評価法、甘すぎない?と思うかもしれませんが、結果がどうあれ、わざとサボらない限り、自分が出来る事をしたのは事実です。事実を認めることは自分を認め自信を付けていくことです。

長く楽器を演奏したい人には自分を認めて自分に優しく練習する事、本当に大事です。短期間なら自分に厳しくでもいいかもしれませんが、楽器の上達は長丁場。長く取り組むには自分に厳し過ぎると
疲弊してしまいます。

自分に厳しい人は自分に優しくできない自分にダメ出ししそうですが、そこまで行くとコントですよね(笑)ちょっとずつ思いグセに気づき、自分に優しい方向に移行していきましょう(^^)



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

「しなきゃ!」で自分を責めていませんか?

583726

上達するためには、いつもやる気いっぱいで、練習も楽しく濃く、仲間とも仲良く、同じペースで練習を積まなくてはならないと思っていませんか?もちろんずうっとこの状態で過ごせるなら最高だと思います。

でも、私達、人間です(笑)スイッチを入れれば、自動的に同じ調子で動けるロボットじゃないんです。

人間だから不調な時、やる気が出ない時、練習に行きたくない時があるのが普通です。でもそんな時、「しなきゃ!」で自分を責めていませんか?

「やる気出さなきゃ!」
「楽しまなきゃ!」
「もっと充実させなきゃ!」
「練習行かなきゃ!」
「ちゃんと練習しなきゃ!」

時には自分にカツを入れるのも必要だと思いますが、ずうっと「しなきゃ!」で自分のお尻を叩くの、しんどいですよね・・・私なら超しんどいです(^_^;)長く楽器を続けていれば、いろんな時期があります。調子の出ない時、やる気が出ない時はどう過ごしていますか?本当はどう過ごしたいですか?

「本当は家にいたい」
「本当は練習しないで身体を休めたい」
「本当は家族と一緒にいたい」
「本当は友達と遊びたい」

「本当は〇〇したい」でホッとしたらそれが答えです(^_^)

「〇〇したい」を全部叶えるのは無理でも、1つでも叶えてみると何が起こるでしょうか?たぶん勇気がいる事だと思いますが、よかったら考えてみてください。「本当はどうしたいかな?」






レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場