こんにちは!豊永よしこです。
部活や楽団で
「もっとお腹で支えて!」と言われる事、多いと思います。
「お腹で支える」って何でしょう?何を意味しているんでしょうか? 

色々な解釈があると思いますが
私は「お腹の筋肉を使って楽器に息を吹き込み続ける」
という意味では?と思います。    
  
でも私自身は「お腹で支えよう」「お腹の筋肉を使って」   
という言葉はほとんど使いません。     

「お腹の筋肉を使ったから、息を吹き込める」というよりは
「息で音を出し続けようとした結果、お腹の筋肉が必要なだけ使われる」
と考えているからです。
  
これ、同じようで大きく違います。    
   

お腹にフォーカスした言葉を使っていると
こういう事が起こりやすくなります。
      
●お腹の筋肉が必要以上に使われる
息が吸いづらい、指やアンブシュアの繊細なコントロールがしづらい、疲れやすい
全身が縮んで固まり、窮屈になる、音量の幅が無くなる、気持ちの余裕がなくなるetc・・・
   
この繰り返しは身体の故障にも繋がります。
こういう事は起きてほしくないので
私はお腹の筋肉にはフォーカスせずこんな言葉を使います。   

「出したい音の為に、息を必要なだけ出し続けよう」


息にフォーカスした言葉を使って吹くと、
出したい息に合わせて
自動的に必要な力がお腹の筋肉に入ります。
   
私はそれだけでOKと考えています。        
      
曲の表現で必要なら、お腹の筋肉を意識する時もありますが   
それは通常モードではなく、臨時モードです。

私はアレクサンダーテクニークの学びの中で 
息の事、特に息の方向を思い続けるだけで   
頑張っていないのに必要な筋肉が使われ、音や動きが改善される経験を沢山したので
今はこういう考えに至っています。    
           
「お腹で支える」の意味が分からなかったり
お腹の事を考えすぎて上手くいないのなら   
実験のつもりで息にフォーカスした言葉、試してみてください(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村