クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

腕の痛み

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

肩こり、腕や首の痛みが楽になる構えかた

楽器をずうっと吹いていると、肩が凝ったり首や腕が痛くなったりすることありませんか?今日はそんな方のために、肩や腕や首が楽になる構えかたを書いてみたいと思います。

演奏ではクラリネットなら1キロ弱、楽器によっては数キロを長時間ずっと支えているわけですから、できるだけ負担が少ない構えで演奏したいものです。

今日提案したいのはここを使うことです。
FullSizeRender
ヒジです。可動域も大きく使い勝手抜群なのに意外と盲点なんですよね。

楽器を自分の身体まで持ってくるとき、肩を上げたり手首や指を使ったりもできますが、そこばかり使うと肩こりや色々な痛みに繋がってしまいます。その代りにヒジをもう少し使ってみるんです。

たとえばいつも肩や手首で楽器を持ち上げていたら、代わりにヒジの角度を変えてみる。普段90度の角度なら、ほんの少し曲げて88度にしてみる。そうするだけで肩や手首、指の仕事が減って変化が起こるんです。

ちなみにヒジを曲げて楽器の重さを支えるのは主にここです。
FullSizeRender

力こぶの筋肉です。ここを使うんだな~とうっすら思って楽器を構えてみましょう。

この動きはエアーの方がやりやすいので、エアーで動きの練習をしてから実際に楽器を構えてみるのをおすすめします。エアーならお仕事や勉強の合間にもできます。ぜひ試してみてください(^^)/



メルマガの過去記事が読めるようになりました。詳しくはこちらから。
http://clarinet.blog.jp/archives/32347858.html


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








クラリネットのストラップって実際必要なの?

以前に比べると、ストラップを気軽に使う人が増えています。最近は色々な種類が出ていますよね。以前、音大教授のアンサンブルのコンサートに行ったら、メンバー全員が付けてた、という事もありました。

有名な先生が付けているなら良いものだろう、友達も付けて良いって言うし、自分も腕や手が痛いから必要かも・・・と付ける方もいるのかもしれません。

私も吹く時の身体の使い方を研究している中で、ストラップって本当に必要なのか、特に付けている方の身体の使い方を観察してきました。昨年「ザ・クラリネット」に構え方に関する記事を書かせていただいた時にもかなり考えました。

今はこう考えています。あくまで私の考えですが
「ストラップは必要ない」

もちろん例外はあります。こういう方はストラップが必要な場合があります。
・身体に何か疾患をお持ちの方
・楽器の重さを支えらえない位の体格の方
・無理をしないとキーを塞げない位手指が小さく短い方
・歯並び噛みあわせ等で極端な構え方をしなければならない方
(極端に寝かせたり、床に水平になるほど上げたり等)
・改造等で楽器が重くなってしまった方
・元々重い楽器を吹いている方
・身体の限界を超えた練習を続けたい方

腕や手が痛くなるからストラップを付けているという方を観察すると、指に力が入りすぎていたり、楽器を支えようと脇を固めて、その結果手首が内側に入っている姿勢になっている事が多いです。(こちらに詳しく書いてあります⇒手首や腕が痛い人がやっている共通の動きとは?

両手の重心が親指&人差し指側に行きすぎているのも原因の一つです。親指&人差し指側に行きすぎてしまうと、楽器の重さを余計に感じるようになり支えきれなくなります⇒参考記事

また、腹筋を使おう、お腹で支えようと思いすぎて身体の前側が縮まって頭が前に落ちていたり姿勢を良くしようと上半身、特に腰を反った結果バランスを取るために頭の位置が下がっている事も。

でもその構えだと、頭の重さ(約5~7キロ)が右手親指にのしかかり、右手親指、手首、腕等に多大な負担が来てしまうんです。楽器本体は1キロ弱ですが、それ以上の負担になった結果重さを支えきず、ストラップを使うようになった、という方も結構多いです。

身体の使い方、構え方が改善されると、ストラップが不要になるだけではなく、音も出やすく、指も動きやすくなるので、演奏が楽しくなります。結果、ストラップが邪魔になってくる事がとても多いです。

ストラップを付けてるけど、自分はどうなんだろう?ストラップを付けたいけど、本当に必要なのかな?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

自分の吹き方を客観的に見るのは難しいので、専門家の助けが必要になってくると思います。よく分からない方はぜひレッスンを受けて頂きたいなと思います(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村


手首や腕が痛い人がやっている共通の習慣とは?

736559


楽器をやっている方の中には手首や腕が痛いと訴える方、結構いらっしゃいます。痛みを訴える方には共通の習慣があります。

・トーンホールをギュッと塞いでいる
・トーンホールをバシッと音を立てるように塞いでいる
・指を上げる時、勢いよく高く上げている

この動きを長く続けてしまうと、腕や手首が痛くなってきます。この動きは昔付いたクセから来ている場合も多いんです。例えばこんな事ありませんでしたか?

・初心者の時、ボロボロの楽器を吹いていた。
⇒トーンホールやキーをギュッと押さえないと音が出ない楽器を使っていた場合、握るクセが付きやすくなります。

・「指をしっかりはっきり動かしてね!」と言われた。
⇒もうはっきり動かせるようになっているのに、今も必要以上に動かそうと思っていませんか?

・初心者の頃、楽器を落とさないように、脇を締めて一生懸命持っていた。
⇒脇を締めて吹くと、腕が固まり手首も必要以上に内側に入ってしまうので、痛みの原因になります。


また、指を動かすのに夢中になって、必要な事を忘れているのが原因のことも。

・必要な息が出せていない。
⇒息が生かせてないと音が鳴らない⇒無意識で指で音を出そうとしがち。

・右手親指の支えを忘れている。

⇒右手親指で楽器を支える事を忘れている⇒他の指で楽器を支えないといけなくなります。
指の動きも悪くなります。


クセを改善するには、まず自分が何をしているかを観察する事。気付いたらその都度改善の繰り返しです。自分では分からない場合は、積極的に専門家の助けを得る事をおススメします(^^)







★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場