クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

練習法

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

エチュードを1曲通すのに精いっぱいな時の練習のコツ

e0708016bea0c5f419ecb24a5376f323_s

回はエチュードを1曲通すのが精いっぱいな方へ記事を書きました。
今回は、1曲通せるようになるまでの練習過程を提案してみたいと思います。気合と根性で何度も何度も通して慣れる、というのも1つですが、もうちょっと自分に優しいやり方で練習したいという方に向けての記事です。

コツは「手順を踏んで少しずつ」これだけ。完成が10だとすると、1ずつ進んでいく。上達が足踏みな方や、力んでしまう方は一気に結果を取りに行く傾向があるようです。すぐ出来るようになりたい気持ちは分かりますが「急がば回れ」で練習を進めていきます。例えばこんな感じです。

全部通すのが大変な時

⇒まずは1フレーズ(ローズ32のエチュードの1番なら8~10小節ぐらい)を練習。慣れてきたらもう1フレーズ足して少しずつ吹く長さをのばしていく。上手くいかないときはフレーズを短く戻し、吹き方、身体の使いかたなどを見直す。

ブレスがうまくできない時
⇒フレーズやテンポを気にせずに、息が無くなったら自分のペースでブレスをし、身体の中に空気が入ってくる感覚をつかむ。慣れてきたらテンポを一定に少しずつ近づけていく。フレーズのつながりを考えてブレスをする。

装飾やトリルで固まってしまう時
⇒装飾やトリルを取ってシンプルな状態で吹いてみる。息の流れやテンポがスムーズになったら装飾、トリルを1つずつ加える。うまくいかない場合は装飾だけ、トリルだけを取り出して練習。

「p」がうまく吹けない時

⇒ロングトーンやスケールなど、エチュードより負荷の少ない課題で「p」を出す練習をする。「p」を出すこと自体に慣れてきたらエチュードに戻り、アーティキュレーション等を取りスラーで「p」で練習。そのあとアーティキュレーション等を楽譜通り付けて吹く。


ざっくり書きましたが、出来るだけ細かくステップを踏んで練習していきます。苦労なく上手に吹いている人も最初からスラスラできたわけではありません。小さなステップを積み重ねた結果、出来るようになっているんです(^^)

この練習法はすべてに使えます。「これは出来る気がしない…」と気が遠くなった時にぜひ試してみてください(^^)/






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村












当たり前の練習を見直してみよう!


何の疑いもなく、理由も考えずにしている色々な練習、ありますか?

メトロノームで速いパッセージの練習
ロングトーンを一定の長さで伸ばす
難しいパッセージをリズムを変えて練習
ゆっくりから少しずつテンポ上げる練習

・・・これはごく一般的にされている練習ですが 、そもそもなぜしているかを考えてみましょう。

「先生に言われたから、皆がやっているから何となく」と思ってやるのと「この練習、何の意味があるんだろう?何に良いんだろう?」と考えて自分なりにやる理由を理解してするのとでは効果がかなり変わってきます。

何となくやっている練習は機械的で、ただこなして筋肉活動をしているだけになりがちです。でも、練習は筋トレではありませんよね(^^)

なぜ練習するのかというと 楽譜を正確に再現して作曲家の意図をあらわす為、自分がこう吹いてみたい、を実現する為ですよね。

そんな高度な芸術活動には、機械的にただ何となくの練習はあまりそぐわないんです。

例えば習慣化されているロングトーン。なぜ拍を決めて吹くのかな?なぜ一息で吹くのかな?
なぜブレスの拍も決められているのかな?と練習する意味を考えてみましょう。 

もっと違うやり方の方がいいかも?と思ったら
自分の良いと思うやり方に変化させてみましょう。

また、これはやっちゃダメ!と言われている練習も理由さえはっきりしていれば効果があるものもあります。

やる意味がはっきり分かっているなら、タブーとされている練習法もしばらく試す価値はあります。

何となく吹き始める前に、やる意味を考えてみる。上手な人はそんなところから考えています。 部活や楽団の練習に向かう時間に、よかったら考えてみて下さい(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







音程改善のための3つの練習

先月末、ソロコンクールで審査をさせていただいたのですが、その時に感じた事があります。

まずは音程の事です。音程については、個人差があると思いますが、楽器歴数か月~数年でコントロールするのは難しいのが本当のところです。音程は、技術向上と共に自然に改善されていくので、技術が未熟なうちに無理に音程を合わせようとするのは、あまり賛成できません。

でも、悲しいかな中高生は容赦なく正しい音程を求められてしまいますよね。今回は発展途上の中高生が、音程改善のために何を練習していけばいいのか書いてみたいと思います。これはキャリアを積んだ方にも役立つ方法なのでぜひ参考にしてみてください。

続きを読む
楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場