クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

練習法

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

一生懸命練習してるのに全然うまくいかないとき、試したいこと

692274

沢山練習してるのにうまくいかない、色々研究してやってるのにうまくいかない、時間をかけているのにできない…出来る限りのことをして頑張ってるのに上手くいかないとき、どうしていますか?

先日、10代の生徒さんがバスクラのレッスンにやってきました。沢山練習しているのに練習では高音がほとんど出ないという事でした。様子を見ていくつかアドバイスをすると良くなってきたのですが、まだスッキリしない様子。

そこでいったん楽器を置いてもらい、首や腕、肩、脚など、身体全体を軽く動かしてからもう一度吹いてもらいました。すると、苦労していた高音がスーッと出たのです。生徒さんは「あれ~?」と出たことに不思議そうでしたが嬉しそうでした。

一生懸命練習しすぎると頑張った感は得られるのですが、身体が力みだして固まり、できなくなる身体の状態にどんどん近づいてしまうのです。今回生徒さんにその兆候が見えたので、身体の動きの自由を取りもどすような動きをしてもらいました。


もう1つの目的は「できないチャンネル」にチューニングされている意識を「ニュートラルチャンネル」に変えてもらうことにあります。

練習してもできない体験が増えると、うまくいかない方に意識がチューニングされてしまい、その中で無理に頑張りだすのです。するとできるようになるまでに時間がかかるだけでなく、できてもまぐれ当たりの感覚が抜けず何となく不安…という意識になってしまいます。

今回は身体を動かすことで、身体の状態も意識も「できないチャンネル」から離れ「ニュートラルチャンネル」にリセットが起こり、ニュートラルな状態で吹いたので練習の成果がそのまま出てきたのではないかと思います。

チャンネルの切り替えは身体を動かすのが一番おススメですが、気分が変わることならなんでもOKです。友達に今の状況を聞いてもらったり、お茶を飲んで一息ついたり、外の景色を眺めるでもいいでしょう。


「できないチャンネル」から抜け出して「ニュートラルチャンネル」にリセットする。これも上達するテクニックの1つだと思います(^^)/


♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






できていた速いパッセージが突然フリーズ!そんな時どうする?

050b4e229c4b4c1f7cf100a204f2c35d_s


今日は先日のグループレッスンで出たご質問の中から書いていきたいと思います。

「練習して出来るようになったパッセージが突然できなくなってしまった。またできるようになるにはどうしたらいいですか?」

これは速いパッセージでよくあることだと思います。できた!と思って安心していると、ある日突然指の動きが止まってできなくなってしまう。

「なぜ?どうして?本番に間に合うかな?」と不安が渦巻いてしまいますよね。

そんな時、どう練習してきたかを思い出してみてください。こんなことに心当たりないでしょうか?

「指と耳だけに頼って感覚だけで吹いていた」

速いパッセージは、音名、リズムとそれに伴う指の動き、音、息の流れやアンブシュアの調整、フレーズ感などを多角的に覚えます。

でもこの中のどれかがあいまいだったり偏っていると、突然できなくなることがあります。

特に音名を読まずに感覚で練習を進めていると、いざという時に動きが止まったり、動きが鈍くなってしまいます。

ここから脱するには、もう一度1から脳と身体にパッセージを覚えこませます。適当に流さず確実に!

まずは楽器を持たずにゆっくり確実に音名&リズムを読んで歌うところから。読み流さないで確実に。スラスラ歌えるようになったら、歌いながら指を動かします。

それが出来たら音を出しますが、ものすごーくゆっくりで練習します。とにかくゆっくりです。(インテンポの4倍以上が目安)

身体が先行して勝手に動くのではなく、脳が身体に指令を与えた結果動くような感覚を覚えこませます。

テンポはゆっくりですが、指の動きや息の流れ、アンブシュアの調整などはインテンポで吹くことを頭の片隅に置いて練習しましょう。(ゆっくりでも音楽の方向性を持って)

この練習で脳と身体に再インプットしたら、インテンポで練習します。もともとインテンポで出来ていたのですから、技術的にはさほど問題はないはず。なのでインテンポで練習してもつっかえることなく確実に吹けるようになると思います。

インテンポで出来ないときはもう一度ゆ~っくりからインプットしなおします。それでもできない場合は別の問題が隠れているかもしれません。

私も数年前、本番数日前に突然指がフリーズして怖くなったことがあります。その時はこんな感じで復活しました。
https://ameblo.jp/fujisaki-clarinet/entry-12106478957.html

突然できなくなるととても焦りますが、遠回りに見えても1からやり直す方が早道です。ぜひ参考にしてみてください(^^)/



クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン
お申込みはこちらから

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村













【ローズ32のエチュード】速いパッセージに出会った時に考えたいこと

さて、今回は速いパッセージに出会ったときに考えたいこと。お題はこちら31小節目です。
image


黒っぽい音の連なりを見るだけで「ウッ!」と固まってしまう方もいるかもしれません。でも今回のパッセージの場合、冷静に考えるとどうでしょうか?私の解釈で書いてみますね。(1つの解釈でこれが正解というわけではないので念のため)

・アンダンテの中での32分音符なので、さほど速い動きではない。
・スケールをベースとしたパッセージなので、スケールを練習していればさほど難しくない。
・直前に「rit」があるので、心の準備ができる。
・歌うニュアンスを含んだパッセージなので、ものすごく勢いをつけなくても大丈夫。etc

こう考えるとものすごく速く指を動かさなくてはいけないところではなく、どちらかというと丁寧に吹くフレーズだということがわかります。

ここで練習したいのは、速い動きでありながらメロディのように聴こえる=なめらかにつなげて吹くということ。

なめらかにつながって聴こえるような指の動かし方、息の使いかた、アンブシュアの力加減、フレーズのとらえ方などを練習していくとよいと思います。

速いパッセージを見ると条件反射的にメトロノームでコツコツと…となりがちですが、メトロノームで延々と練習していくと、正確だけど無機質でメロディに聴こえない仕上がりになりがちです。

ある程度できるようになったらメロディとして吹くことを心がけ、気になるところは吹きながら音を聴いたり、録音でチェックして修正するようにしましょう。

また、指が思い通りにならない箇所はレジスターキーを使う音に移行する時や「♯」の前後など、一部ではないでしょうか?思い通りに動かないときはそのあたりを取り出して練習、出来てきたらその前後を少しずつつなげて完成させていきます。

全体的に指が思い通りに動かないときは、身体の使いかた、構え方や拍子感、また練習のやり方を見直す必要があるかもしれません。

このエチュードだけでなく、他でも同じことが起きている可能性があるので、できれば専門家の先生のサポートを受けて、根本から見直すとよいと思います。

ひとことで速いパッセージといっても、役割が色々あります。
「楽譜が黒い=難しい」と反応するのをやめて

・このパッセージは曲の中でどんな役割をしているのかな?
・本当に難しいのかな?
・必要な練習は何かな?

と練習する前に考えてみましょう。クリアな思考で取り組むと、仕上がりもグレードアップすると思います(^^)/








★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村











エチュードを1曲通すのに精いっぱいな時の練習のコツ

e0708016bea0c5f419ecb24a5376f323_s

回はエチュードを1曲通すのが精いっぱいな方へ記事を書きました。
今回は、1曲通せるようになるまでの練習過程を提案してみたいと思います。気合と根性で何度も何度も通して慣れる、というのも1つですが、もうちょっと自分に優しいやり方で練習したいという方に向けての記事です。

コツは「手順を踏んで少しずつ」これだけ。完成が10だとすると、1ずつ進んでいく。上達が足踏みな方や、力んでしまう方は一気に結果を取りに行く傾向があるようです。すぐ出来るようになりたい気持ちは分かりますが「急がば回れ」で練習を進めていきます。例えばこんな感じです。

全部通すのが大変な時

⇒まずは1フレーズ(ローズ32のエチュードの1番なら8~10小節ぐらい)を練習。慣れてきたらもう1フレーズ足して少しずつ吹く長さをのばしていく。上手くいかないときはフレーズを短く戻し、吹き方、身体の使いかたなどを見直す。

ブレスがうまくできない時
⇒フレーズやテンポを気にせずに、息が無くなったら自分のペースでブレスをし、身体の中に空気が入ってくる感覚をつかむ。慣れてきたらテンポを一定に少しずつ近づけていく。フレーズのつながりを考えてブレスをする。

装飾やトリルで固まってしまう時
⇒装飾やトリルを取ってシンプルな状態で吹いてみる。息の流れやテンポがスムーズになったら装飾、トリルを1つずつ加える。うまくいかない場合は装飾だけ、トリルだけを取り出して練習。

「p」がうまく吹けない時

⇒ロングトーンやスケールなど、エチュードより負荷の少ない課題で「p」を出す練習をする。「p」を出すこと自体に慣れてきたらエチュードに戻り、アーティキュレーション等を取りスラーで「p」で練習。そのあとアーティキュレーション等を楽譜通り付けて吹く。


ざっくり書きましたが、出来るだけ細かくステップを踏んで練習していきます。苦労なく上手に吹いている人も最初からスラスラできたわけではありません。小さなステップを積み重ねた結果、出来るようになっているんです(^^)

この練習法はすべてに使えます。「これは出来る気がしない…」と気が遠くなった時にぜひ試してみてください(^^)/






★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村












当たり前の練習を見直してみよう!


何の疑いもなく、理由も考えずにしている色々な練習、ありますか?

メトロノームで速いパッセージの練習
ロングトーンを一定の長さで伸ばす
難しいパッセージをリズムを変えて練習
ゆっくりから少しずつテンポ上げる練習

・・・これはごく一般的にされている練習ですが 、そもそもなぜしているかを考えてみましょう。

「先生に言われたから、皆がやっているから何となく」と思ってやるのと「この練習、何の意味があるんだろう?何に良いんだろう?」と考えて自分なりにやる理由を理解してするのとでは効果がかなり変わってきます。

何となくやっている練習は機械的で、ただこなして筋肉活動をしているだけになりがちです。でも、練習は筋トレではありませんよね(^^)

なぜ練習するのかというと 楽譜を正確に再現して作曲家の意図をあらわす為、自分がこう吹いてみたい、を実現する為ですよね。

そんな高度な芸術活動には、機械的にただ何となくの練習はあまりそぐわないんです。

例えば習慣化されているロングトーン。なぜ拍を決めて吹くのかな?なぜ一息で吹くのかな?
なぜブレスの拍も決められているのかな?と練習する意味を考えてみましょう。 

もっと違うやり方の方がいいかも?と思ったら
自分の良いと思うやり方に変化させてみましょう。

また、これはやっちゃダメ!と言われている練習も理由さえはっきりしていれば効果があるものもあります。

やる意味がはっきり分かっているなら、タブーとされている練習法もしばらく試す価値はあります。

何となく吹き始める前に、やる意味を考えてみる。上手な人はそんなところから考えています。 部活や楽団の練習に向かう時間に、よかったら考えてみて下さい(^^)





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場