クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

練習方法

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

習ったことができないのは練習方法を間違えているから?楽にできて再現性の高いやり方

581633

「レッスンで習ったことをしっかりマスターするぞ!」と練習しているのにうまく行かない時、
こんなことをしていませんか?



「動きの指さし確認」



たとえばタンギング。動きを分解すると「息を出しながら、リードに舌を付ける、離す」ですが、ここで

「息を上方向に」→確認!よし!
「舌をリードに付ける」→確認!よし!
「舌をリードから離す」→確認!よし!

確認することで頭は納得し安心するのですが、確認の時間がかかるので1つ1つの動きがどんどん重たくなり、タイミングがずれていってしまいます。

一番残念なのは指さし確認すると身体がどんどん固く縮こまってしまうこと。人間は感覚を探ろうと意識が中に入ってしまうと、視野が狭くなり身体が縮んできます。

身体が縮こまると持っている力が出しづらくなります。本来の力が出せない状態で無理に頑張るので結果はさらにイマイチになります。残念ながら良いとこナシ。


習ったことをマスターする時はこのようにやってみてください。

1.必要な動きとその手順を頭の中で整理
2.手順の通り動く

以上。できたか確認しないでどんどん動いていきます。うまく行かないときは必要な動きや動きの手順が違っている可能性があります。動きと手順を見直してリトライします。


確認しないと出来てるかわからない!と思うかもしれませんが、必要な感覚は確認しに行かなくても勝手にやってきます。「必要な感覚は来る」と信頼してやってみましょう。


この方法はアレクサンダーテクニークを学ぶ過程で習いましたが、聞いたこともないやり方だったのでかなり半信半疑でした。でもこの方がクオリティ高く労力少なくできるんですよね。しかも再現性もあります。

言葉ではわかりづらいと思うので、興味のある方はぜひ一緒にアレクサンダーテクニークのレッスンで練習していきましょう。近日中にグループレッスンもスタートする予定です!お楽しみに(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。




時間がないけど上達したい方へ、おすすめしたい3つの秘訣

492029

「練習したいけど思うように時間が取れない…でも上達したい!」というとき、どうしたらいいのでしょうか?

これまでもブログに書いていますが、大事なことなので何度でも(笑)まとめて3つ秘訣を書いてみたいと思います。



「頭を使って練習する」
時間がないから1秒でも早く楽器を組み立てて無計画に練習したり、がむしゃらに練習するのはお勧めしません。

時間を有効に使えないばかりか、身体を乱暴に使うと余計に力むのでバテやすくなります。時間のない時こそ頭を使って練習しましょう。

・今回の目標は?
・練習してどうなりたい?
・どこを練習する?
・どう練習する?


特におすすめしないのは自動演奏のような繰り返し練習。何も考えないでやっていると、現状維持どころか悪いクセを定着させる練習になってしまいます。

繰り返し練習するなら3回で1回休み。3回吹いたら振り返り、できた理由やできない理由、どうやったらできるようになるのか考えてから再開しましょう。3回でやめると自然と休憩も取れるのでお勧めです。

「練習した感」は得られないかもしれませんが、欲しいのは「練習した感」より実際身に付くこと。実感を得ようとすると、その分余計な力みが必要になり力が抜けなくなります。

本当にできた時はあっけなく、出来た感がしないものです。練習した感は中毒性があるので、意識を変えて「ちょっと物足りない」に慣れることから始めてみてください。



「練習できない時間も練習時間にする」
楽器を吹くだけが練習ではありません。スキマ時間や移動時間に譜読みをしたり、練習アイデアを考えたり、どんな音を出したいかイメージするのも立派な練習です。これらの下準備があると、練習時間をとても効率的に使えます。

また、演奏は身体の使い方では最高難度に位置します。普段の身体の使い方は無頓着なのに楽器で結果を出そうというのは無理があります。

普段立っているとき、座ってるとき、手を使っているとき、呼吸しているとき、何をしていますか?ちょっと気を付けて過ごしてみましょう。



「休憩をちゃんととる」
まとまって時間が取れたからといって、ぶっ通しで何時間も練習するのは逆効果。気づいたら身体が痛くなっていたり、考えたり音を聴くのを忘れてただの筋トレになっていたりします。

「できなかったことが一晩寝たらなぜかできていた」という体験を持つ方も多いと思いますが、休憩にもそんな効果があります。長くても1時間吹いたら少し休みましょう。夢中で時間を忘れてしまう方はタイマーをかけて練習することをお勧めします。


「長く沢山練習すれば上手くなる、短い練習じゃ上手くならない」といういわゆる「常識」を疑ってみましょう。忙しい中練習をして上達している方は教室にもたくさんいらっしゃいます。意識を変え、行動を変えていくと希望が見えてくると思います(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






速いパッセージ練習で、私が中学生にやってもらっている練習法

夏のコンクール、千葉でも始まりました!教室の地域の中学生のレッスンもコンクール曲中心です。

コンクールでは速いパッセージが沢山ある曲に取り組むことも多いと思いますが、音が抜けてしまったり、音量ムラが出たり、転んだり走ってしまったり…きれいに仕上がらなくて困っている方も多いのではないでしょうか?

これも沢山練習方法がありますが、私が中学生によくやってもらうのはこれです。


「速いパッセージを全部ドレミで歌ってもらう」


FullSizeRender
(写真はイメージです)

たとえばこの楽譜だと「レミソシレミソシレ」です。

実音ではなく記譜上の音を全部歌います。♯♭まで歌うと速さが出ないので省略、頭の中だけで付けてみてください。

音程を付けて歌うのが大変なら、ただドレミをつぶやくところからでOK。テンポはスラスラ歌える速さから始め、インテンポまで上げられると良いですね。

音が抜けたりリズム通り並ばないときは、頭の中に出す音がインプットされていなかったり、頭と指がリンクせず、指だけが暴走したりフリーズしていることが多いんです。

実際に吹くパッセージを口で言うことによって、頭の中に音がインプットされて速いパッセージを吹く土台が出来上がります。

ここからいくつか練習段階を踏んで完成させていきますが、まずは「歌う」をやってみてください。

一応できてるけどちょっと不安、もう一段階レベルを上げたい時もここに戻ってきましょう。情報の整理&上書きインプットができて確実さが増すと思います。本番までカウントダウンに入っている方も多いと思いますが、ピンときたらぜひやってみてください(^^)/



自分に合った速いパッセージの練習方法が知りたい方には、パンパンに詰まっている私の「練習方法引き出し」からベストのやり方をお教えします(^^)/
8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



曲でも響いた音でリードミスなく吹きたい!~社会人の方とのレッスンから

405008

他県から熱心に来てくださる社会人の生徒さん、曲を吹いているとだんだん音が出なくなってリードミスも多くなってしまうという事でした。

観察していると、たしかに最初は良いのですが徐々に音が痩せてきて、リードミスが出やすい音ではかなりの確率で「ピー」となってしまいます。

こういう時はアンブシュアや構え、力みや息など色々な原因がありますが、今回は息に働きかける練習をしてみました。


まず曲を吹くのをやめて、曲中のリードミスが出やすい音をロングトーンします。ロングトーンの方がやることが少ないので、息に意識を持っていきやすいからです。

ロングトーンはほんの少しずつクレッシェンドします。音がだんだん痩せてリードミスが出てしまうときはこんなことが起こっているからです。

・息が徐々に減って必要な息が足りなくなる
・リードの振動が減り、音が小さく痩せていく
・息が減っていくことを補うため口に余計な力が入る
・口に余計な力が入るので、下の歯の抑えがぼやけてリードミスが出やすくなる

ほんの少しクレッシェンドすることで息がちょうどよく流れるようになり、アンブシュア等との力のバランスも取れて音が響きリードミスが出にくくなってきます。

これで息の出し方を覚えたら曲に戻り、同じ息の出し方で吹いてもらいます。そのように吹いてもらうと、音の鳴りもよくなり、リードミスも激減しました(^^)


音が鳴らないからと響き増幅グッズを付けたり、リードを厚くしてリードミスを減らすのも1つの選択ですが、最初は良くてもすぐ別の問題が出てきてしまうので私はお勧めしません。

レッスンでは生徒さんの状態から根本的な原因を考え、必要な練習を段階を踏んで練習してもらっています。

本当はできるのに、原因特定や練習方法がズレているために実力が隠れてしまっていることもかなりあります。それはとてももったいないと思います。

何でうまくいかないかがわからない、練習してる割にはうまくならない…という方の本当の力を引き出すお手伝いをレッスンではしていきたいと思っています(^^)/


音を響かせる吹き方、リードミスを減らす方法
曲の吹き方、大阪でもご希望があればやります!
練習方法が知りたい方もどうぞ。
8月14日・大阪出張レッスン受付中!詳細、お申込みはこちらからどうぞ!
https://www.fujisaki-clarinet.com/2019年8月14日-大阪出張レッスン/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。












【全楽器共通】ややこしいパッセージが続く長いフレーズ、途中で止まってしまうときの練習法

今日は生徒さんとのレッスンで、うまくいった練習方法をシェアしたいと思います。

ややこしいパッセージが続く長いフレーズ。規則性もあるようでないフレーズだったのでちょっと大変そうでした。最初は良いのですが、だんだん混乱して止まったり何度も吹きなおしてしまいます。

こういう時は楽譜を歌う作業に戻ったり、ドレミを歌いながら指を動かしたり、長いフレーズを短く分けて練習してもらうことが多いのですが、だいぶ完成に近づいていたので別の方法を試してみました。


「1拍目の最初の音は、何があっても必ず吹いてみよう」

FullSizeRender
(譜例 クローゼ:クラリネット教則本より)

他は間違えてもいいけれど、決めた音だけは必ず吹くようにしてもらいました。すると1拍目が吹けたことで次の音もつなげて吹ける回数が増えてきました。目指す音が出来たので吹きやすくなり、1拍目を意識するので拍子感も出てきました。


レッスンではこの練習だけでうまく行きましたが、バリエーションとして、必ず吹く音を他の音に移してみるのも効果的だと思います。

FullSizeRender

これは規則的な流れの中で変化する音を必ず吹くような形です。必ず吹く音はテヌートをかけてより意識してもいいと思います。このほかにも間違えがちな音だけは吹く、臨時記号の音だけは吹く、裏拍だけは吹くなど、効果的なやり方が沢山ありそうです。

全部まんべんなく吹くだけでなく、1つポイントを決めて吹けるところを増やしていくのも練習の一つ。この練習ももちろん楽勝テンポから始めましょう。もしよかったら試してみてくださいね(^^)/




無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場