クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

緊張対策

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

本番までもう時間がない!という時に思い出したいこと

881179

「本番まで時間がない!」「あれもこれも出来てない!」ととにかく焦りが出ているとき、思い出してみてください。


「この曲のどういうところが好き?」

「なぜこの曲を選んだの?」

「どこを吹いている時楽しい?」



人間は焦ると、とにかく我を忘れがち。できている事も出来ていないと思い込んだり、まだできることはあるのに何もできないと思い込んだり…そんな時は5分時間を取って、そもそもこの曲どんなところが素敵だったっけ?どこが好きで選んだんだっけ?と思い出してみましょう。

例えば「この曲の軽やかな雰囲気が好き」ならそれで完結させます。「でも軽やかにできない」で完結させないこと。

「でも」が出たら「軽やかにできるかわからないけど、ベストを尽くしてみよう」と完結させてみてください。

勉強会は明後日ですが、まだまだ出来ることはあります。我に返るのもその1つです(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






本番で緊張してしまう方へ…緊張対策のおススメ本

FullSizeRender

インスタグラムでも前に写真をUPしましたが、今日は緊張対策のおススメ本をご紹介します。緊張する現場で出来ることだけでなく、その前の準備についても詳しく書いてあります。

「対症療法」ではなく「根治療法」を目指しているとのこと。精神科医の先生が書かれた本ですが、そこまで書いた本はなかなかないのではと思います。

「緊張するかどうかは前日までに9割決まる!」とありました。特に生活習慣からの改善は目からうろこです。




24日は勉強会です。生活改善の効果がどこまで出るかは「?」ですが、前の日や当日にできる準備も沢山書いてありました。それらを合わせ技で行うと結構効果があると思います。

夏にはコンクールでソロを吹く方も多いと思います。生活習慣の改善を始める丁度良いタイミングなのでは?参考になれば嬉しいです(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



本番で全くアガらない先輩がやっていた事

今日は、音大時代の先輩のお話です。その方は当時からとっても上手で、今も活躍してらっしゃいます。その方が音大生の時におっしゃっていたのは「本番でアガる、って事がわからない」という驚きの一言(゜o゜)

本番は緊張するのが普通と思っていた私には信じられない言葉でした。もともと音楽的な基礎や、楽器のテクニックの支えがあったり性格も影響していると思いますが、その方が仰っていたのは

「レッスンで先生に色々言われたり直されても
本番では自分の好きなようにやっているんだ」 

厳しい先生についていたり、手取り足取り教えてくださると、自分がどう演奏したいかは二の次で「先生の言われたとおりに吹かなければ・・・」と先生の期待に応えようとしてしまう事もあるかもしれません。

でも、それが本当に自分のやりたい演奏でない場合アガリの原因の1つになりえると思います。その先輩も厳しい先生についていたのですが、本番では自分の音楽を大切にしていたんですね。

何が正しいとか間違っているを超えて自分の音楽をする事が、力を発揮する事に繋がっていく。今思い出しても色々な事を考えさせてくれる一言です。









毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村


楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場