クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

緊張

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

自分のアガリ症を振り返る

1001904

中学生でクラリネットを始めましたが、大学1年ぐらいまでは本番でアガることはありませんでした。
でも大学2年ぐらいから、本番で指が震えて固まったり、息が吸えなくなったり、噛みすぎでリードが豹変したりとうまく吹けないことが多くなりました。

とはいえ集団の中(吹奏楽やオケ、室内楽)ではソロがあっても大丈夫でした。ダメだったのはクラリネット&ピアノ等の、自分が前面に出る演奏。

今思い返すと、いくつか思い当たることがありますが、一番の原因はこんな考えが頭の中を占拠していたことだと思います。

「皆にいい所見せたい」
「上手いと思ってもらいたい」
「一番でいたい」
「先生からいい評価を得たい」

お恥ずかしいですが、当時はこんなことで頭がいっぱいだったのです。

こんなに演奏に必要ないことばかり考えていれば、うまく演奏できないのは当たり前。うまくいかないので、どんどん焦りループに入って結果は撃沈です。


自分でもアガリ症を直すために色々やりましたがパッとしませんでした。目に見えるように改善されてきたのは、アレクサンダーテクニークで演奏中の身体の使い方、考え方を学んで実践し始めてからです。

本番で自分のやりたい演奏をするために必要なことをアレクサンダーテクニークで沢山習いました。
それらをひたすら実践していくと「いい所見せたい」「いい評価を得たい」なんて考える暇が無くなるのです。必要なことをやることで、余計なことがやめられるのです。

その結果、徐々に持っている力を発揮できるようになり、撃沈することはほぼなくなりました。同時に他人の評価もあまり気にならなくなってきました。


緊張の原因は沢山ありますが、以前の私のような方も結構いらっしゃるのではと思います。正反対に見える「周りから目立ちたくない」という方も根っこは同じです。

レッスンではアレクサンダーテクニークの考え方をもとに、本番で力を出す方法をお伝えしています。

緊張で本来の力を出せないのは本当に悔しいものですよね。悔しさを楽しさや充実感へ。レッスンでお手伝いできれば嬉しいです(^^)



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




みんなに好かれる演奏をしたい!と思っている方へ

191916

みんなに好かれる演奏をしたい!先生や先輩、友達に好かれたい、褒めてもらいたい、観客にいいと思ってもらいたい…この思いは多かれ少なかれ皆さん持っているのではないでしょうか。

好かれようと思うがあまり緊張してしまったり、何を吹いたかわからなくなってしまったり…という事もあるかもしれません。私も先生や先輩によく思われようと演奏していたときは、緊張して撃沈したことも沢山…


先日こんな話を聞きました。

「人に好かれる原因と、嫌われる原因は同じ」

あの人の音は明るいから好き
あの人の音は明るすぎて嫌い

この演奏は思いがこもっていて好き
この演奏は思いがこもりすぎてて嫌い

同じことについて言っていますが、評価が真逆です。

ほかにも色々思い浮かべてみてください。全てこんな調子ですよね。どんなに人気で良いとされといるものにも必ず反対意見があります。世界的なソリストの動画でさえ「No」が付いています。

他人に好かれたい、評価を得たいと思っても人の好みや見方はそれぞれ、どんなに頑張ってもみんなに好かれるというのはムリなんです。


だったら他人によく思われようとするエネルギーを、自分が大好きと思う演奏をするために注いでみませんか?

人前で演奏するとき「皆に気に入ってもらえるように…」と思って演奏するのをやめて

「私と私が大好きとおもう音楽を一緒に楽しみませんか?気に入らなかったら寝ててOKです(^^)」

こう思って演奏します。これを真剣にやると変わってきます。こうすることで外の評価を気にして分散されていたエネルギーが自分に戻ってきます。

他人の評価を気にして起こる緊張もおさまってきて、集中した演奏ができ、結果共感する人が増えるのではないかなと思います。


「来てくれたお客様に喜んでもらおう!」「先生や先輩の指摘を取り入れよう!」はレベルを上げるためには必要で素敵な考えです。

でもそれが知らないうちに「好かれたいから」がスタートになっていませんか?自分の好みをないがしろにして他人に好かれようと頑張っていませんか?そんな方が多い気がしたので書いてみました。

私も長い間人の目地獄にはまっていましたが(笑)今はだいぶやめられたのでかなり快適です。演奏するのが大好きで楽しかったはずなのに最近苦しい…と思ったらちょっと振り返ってみてください(^^)/





楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






合奏で固くなり、いつも力を発揮できない方へ

1079e30881dfd7d9d5a8669e0ad4585f_s

今週末も楽団や部活で合奏に参加する方も多いのではと思います。合奏では個人練習にはない刺激がいっぱい。しかも周りの音を聴いたり合わせたりバランスを考えたり…やることも激増します。

緊張して力を発揮できず悔しい思いをしたり、個人練ではできてるのに!?と考えこんだり、出来ない自分を責めたり…ということも結構あるのではと思います。

そんな苦しいときは、よかったらこうつぶやいて演奏してみてください。

「今日できなくていいし、一度で出来なくていいし、すぐできなくていい」

「ちゃんとできなくちゃ!」「一発で合わせなきゃ!」「すぐできないとダメ!」いつもこんなプレッシャーをかけている方にはありえない禁句かもしれません。

でもこの禁句が心と身体を緩ませ、プレッシャーで押さえつけられていた自分の力をよみがえらせ、結果素晴らしい演奏を呼び込むのです(^^)/

時々この考えは誤解を生みますが、自分の力を発揮するためのちょっと変わった「努力」なんです。

「気合と根性とスパルタ」で鍛えてきた方にはとんでもない言葉かもしれませんが、努力の方向がちがうだけでゴールは同じ。自分をいじめてレベルアップするのに疲れた時、よかったら試してみて下さい(^^)/





クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com    
    
    


毎月1日配信 無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

メルマガバックナンバー

https://note.mu/clarinet
  



にほんブログ村









周りの目が気になって緊張してしまう方へ、普段の生活でできる本番対策


こんにちは!豊永よしこです。
本番で緊張してしまう理由は色々だと思いますが、今日は周りの目が気になって緊張してしまう方へ、日常生活でもできる対策を提案したいと思います。


それは「一人でちょっとハードルの高いことをする」です。たとえば…

・一人でラーメン屋さんに入る
・一人でおしゃれカフェでスイーツを頼む
・誘いを断って、一人で帰宅する、一人で勉強する
・授業中や会議中、普段よりも発言してみる
・一人で遊園地に行く(最高レベル?)

などなど…普段しないけれど、本当はしてみたいちょっとハードルの高いことにチャレンジしてみます。こういうことをやっている時、周りの目が気になる人の頭の中はこうなっているかも。

・変な人って思われてないかな?
・自分だけ個人行動して、周りはどう思うかな?
・友達がいない可哀そうな子、って思われないかな?
・こんなことして引かれないかな?

こんな状態かもしれませんね。でもこれと同じようなことを本番でも考えていませんか?

・緊張してガチガチなのバカにされてないかな?
・下手なくせに図々しいって思われないかな?
・ミスしたら下手だなって思われないかな?
・先輩のクセに下手って思われてないかな?

共通するのは、周りの反応が気になって周りの反応で自分の価値を決めようとしているところです。でも、周りの反応は相手の気分や趣味によるところがとても大きいし、第一他人の反応をコントロールする事なんてムリです。

また「相手はこう思ってるに違いない」という考え自体、思い込みや妄想なんですよね。勝手に自分の中で相手の反応を決めてしまってるんです。

そして、周りは意外と自分のことを気にかけていないものです。気にかけていても、自分の思い込み以上に気にかけていることはまずないのでは?とても気にかけている人がいるとすれば、それはあなたの成功を心から願っている人です。

ほとんどいないと思いますが、失敗を願ってる人もいるかもしれません。でも気にするのは相手に力を与えるだけ。相手にせず自分の演奏にエネルギーを注ぎましょう(^^)

ふだんから「一人でちょっとハードルの高いことをする」ことで、本番でも起こる心の動きに慣れ、対策を立てておくことができます。これもまた練習なんですよね(^^)/



まとめます。こんな思いが湧いてきたら…
「周りは〇〇と思ってるに違いない!」
⇒それは自分の思い込み、妄想

「〇〇と思ってもらいたい!」
⇒相手の反応は自分ではコントロールできない

「それでも周りが気になる!」
⇒自分が思ってるほど自分のことを気にしている人はいない


周りの目が気になったら、この3点を普段から我に返って思い直してみましょう。

身体の使いかたもそうですが、考え方のクセも本番の時に出るものです。遠回りのようですが、普段の考え方から見直すことが本番対策にもつながっていきます。気長に取り組んでいきましょう(^^)/


お席残り3名です。平日開催は最後です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村










たくさんあります(^^)/本番対策記事のご紹介

ab9c53139fa19a6d85f244d2d9fb2243_s

週末、大事な本番を控えている方も多いと思います。本番対策の記事、沢山書いていますので、読み返してみてくださいね。

本番対策カテゴリ
http://clarinet.blog.jp/archives/cat_65461.html
http://ameblo.jp/fujisaki-clarinet/theme-10050322657.html


本番前はワラをも掴みたいもの(^^)ちょっとしたワラになれば幸いです(^^)



ブログでは読めない情報満載
月1メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場