クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

素早いブレス

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」


♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

note更新『素早いブレスをするには?』

473172


9月20日のテーマは「指の動かし方」です。参加者募集中!





こんにちは、豊永よしこ(とよながよしこ)です。素早いブレスは難しいと思われがちですが、身体の使い方と基礎奏法に忠実であれば結構できちゃうんです。

吸う方ばかりにフォーカスしてしまいますが、それ以上に注目したいことがあります、という事を書きました。

8月中はどなたも無料で読めます。




クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



素早いブレスが出来ない時は、ここを見直そう!

666900


曲中で素早いブレスが出来ない!という方、とても沢山いらっしゃいます。これは高度な技術なので、
苦手な方が多いのも不思議ではないのですが・・・素早いブレスが出来ない、という方は出来るだけ早く吸おう!と吸う練習ばかりしていないでしょうか?

素早いブレスの時、身体は何をしているかというと…「一瞬で空気の通るスペースと空気の入るスペースを作る」一瞬でこの動きをするには、ブレス以前にどう吹いているかがとても重要になってきます。

吹いている時に息の通り道を狭くしていたり、口やアゴが力みすぎていたり、必要以上に腹筋などを使いすぎていたり腕や足を固めていると、いざブレス!となっても一瞬で身体は動きません。

素早いブレスをしたい時は、ブレスではなく吹き方を見直してみましょう。素早いブレスをするにはいつでも身体が繊細に柔軟に動かせる事が必要です。身体全体の使い方や考え方も絡むチャレンジし甲斐のある課題ですが少しずつ練習してほしいなとおもいます(^^)







★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村







楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
楽天市場