こんにちは!豊永よしこです。
楽器のレッスンでは、テキストを使ってレッスンが進められる事が多いと思います。
教室でも、基礎の基礎の練習や、部活のサポートのようなレッスンの時には使いませんが、
通常はスケールやエチュード、教本などのいわゆるテキストを使う事も多いです。
テキストをやっている人の中には
「テキストが進めば上達してる、ってことだよね?進んでないって事は、全然進歩がないの?」
と思う方もいるかもしれませんが、
テキストの進度=上達進度かというと必ずしもそうではないんです。

その方にもよりますが、うちの教室はテキストは進まない方だと思います。
アイヒラーでも、1冊を数年かけたり、
ランスロの一見簡単なエチュードも最低でも1つ1ヶ月はかかります。
もっとかかる方も沢山います。
かといって、その方が怠け者なわけでも、
私が意地悪しているわけでもありません。
進み具合だけ見ると遅々としていますが、
演奏の内容や技術は少しずつ質の高いものになっています。

私がテキストの課題を次に進ませよう、進んでもいいかな?と思う時
・取り組んでいる課題の完成度が高くなってきた時
・次に進んでも未消化の課題(たとえばタンギング等)に引き続き取り組めるなと思う時
・生徒さんが飽きてきて気分を変えた方が良いな~と感じた時
大きく言うとこの3つです。

一般の方のレッスンでは、
ノルマをこなすようにテキストを次に進める事はまずありません。
ほとんどメリットを感じないからです。
新しい課題の方が気分が乗る方もいらっしゃるので、
そんな方は他の方よりは早く進ませますが、
新しい課題でもその時に克服したい同じテーマを練習しているので、
結局のところ根本の内容は同じです。
スイスイ進む事に意義を感じている方にも、
ちょっとここは立ち止まった方がいい、
と思うところではちょっと足踏みしてもらっています。

テキストがスイスイ進んでいくと、
表面上は達成感があって何となく上手くなった気になりますが、
レッスンの目的はテキストをクリアする為ではありませんよね。
大事なのは、
テキストを練習する事で演奏の質が少しずつ上がり、
やりたい事がやれるようになっていく事
です。

楽器の練習は楽しい事ばかりではなく、何度やっても出来ない時や、
行き詰って楽しくない時もあります。
テキストが進まないな~という時も同じかもしれません。
そんな時は、表面的な進み具合で評価するのではなく、
少し前や、習う前の自分と比べてどれ位変化してきたか、
比較して本当の上達具合を確認してほしいなと思います。
時々録音や動画を撮るなど、記録を蓄積させていくと、より変化がわかりますよ(^^)





ブログでは読めない情報満載
月1メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村