こんにちは!豊永よしこです。
楽譜をジーッと見て吹くと、視野が狭くなるのに比例して身体が小さく縮んで、吹きづらくなったり、響かなくなったり、合奏で合わせづらくなる現象、何度かブログにも書いているのでご存知の方も増えてきたと思います。

今日は、じゃあ具体的にはどうしたら?と思う方へ・・・割といい画像ができました。(初心者レベルですが(´∀`*)


イメージとしてはこんな感じ。吹いている部分はピントが合っていて、吹いていない部分はボーっと視界に入っている感じです。

ここではさらに補助として、周りにピンクの付箋を貼りました。目立つ付箋がなんとなく視界に入っていれば、ジーッと見てしまうのをやめやすくなります。(もちろんもっと大きくて派手なものでもOK)

そして、見るときは「自分が楽譜を見にいく」戦闘態勢より「目を開けていたら楽譜のデータが入ってくる」受け身態勢のほうが、余計な力が要らなくなります。

とっても簡単にできるので、ぜひ試してみてください。「あ!ジーッと見てる!」と気づいたら、その都度新しいやり方に更新、少しずつ習慣を変えていきましょう(^^)/



おかげさまで満席となりました。キャンセル待ち受付中です。
9月18日(月・敬老の日)
『クラリネット奏者のためのアレクサンダーテクニーク入門ワークショップ』
詳細&お申込み


クラリネット個人レッスン、アレクサンダーテクニーク個人レッスン
お申し込みはこちら
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村