クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

生徒さんの声

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

オンラインレッスンのご感想をいただきました③


FullSizeRender

自粛は解除されましたが、オンラインレッスンは継続中です。今回はカラオケ屋さんから受講して下さった方からご感想をいただきました。


私は自宅で演奏出来ないので、カラオケ屋さんで受講しました。事前に先生から教えていただいていたネット環境チェック用のサイトでスピードテストをしたところ、カラオケ屋さんのWi‐fiでも大丈夫でした。少し音の減衰などありましたが、「オリジナルサウンド」をオンにすることで改善することができるそうです。

iPadを使って受けさせていただきましたが、機械音痴なので自分にもできるか心配だったものの、zoomアプリも意外にも簡単で扱いやすかったです。途中iPhoneでも見てみましたが、こちらでも全然問題なさそうです。

実際のレッスンですが、始めは会話での音声のズレ(多少のタイムラグ)が気になりましたが、レッスンが進むにつれて、普段通りにほぼ近い感じで受けることができ、あっという間に時間が過ぎていきました。

オンラインだともっと不自由かと思っていましたが、やってみると抵抗がなくすんなりと入り込めて意外でした。

これからは普段のレッスンに加えて、教室に行くのが難しい時など、オンラインレッスンを活用させていただきます。

またこの先、オンラインでのグループレッスンなどもあると伺って、それも楽しみにしております。今のご時世でも安心して受けられますし、遠くの方も気軽に参加できますね。


ご感想ありがとうございました!ご自宅以外でも環境が整えば十分受講可能ということが分かり、私もホッとしています。日常的にカラオケ屋さんやスタジオで練習している方のお役に立てると嬉しいです。

機械が苦手なのでオンラインは…と躊躇される方も結構いらっしゃるのですが、予想以上に簡単です。zoomというテレビ会議システムを使いますが、アプリを入れなくてもこちらから送る招待メールのURLをクリックしてしばらく待つだけで画面が現れ、すぐ受講することができます。

体験で試して通信環境が悪い場合は再度チャレンジ可能、固まって難しい場合は体験レッスン料はお返ししますのでご心配なく。(教室生の方は今月末まで無料です)

もちろん発展途上で万能ではなく一長一短ありますが、利用する価値は十二分にあると思います。興味のある方はぜひ受講してみてください(^^)/








クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。












参加者の声『1月13日アンブシュアの基礎の基礎から見直してみよう!グループレッスン』

FullSizeRender

参加者の方から頂いたアンケートの声をご紹介します。


★2回目の参加ですが、今回もいつも教えていただいている事を他の方のレッスンを見ることで、分かったつもりのことが実は良くわかっていなかったのを実感したり、自分が難しいと感じている事が実は他の方も同じように感じていると知ることができました。
あと、人に見られてレッスンすることで、人前に出る練習にもなっていると思います。他の方との交流も楽しみです。またグループレッスンに参加したいと思います。今日はありがとうございました。(Uさん クラリネット愛好家)


★他の人が演奏している姿や音を参考にできるのがよい。経験年数が違っても抱えている悩みやこの原因は共通していると感じた。(Tさん クラリネット愛好家)


★久しぶりにグループレッスンに参加しましたが、色々な悩みを解消する方法がわかって大変勉強になりました。重複しているテーマもありましたが、自分が教わったことを含めて客観的に聞けたのでとても分かりやすかったです。
新しいレッスン室での開催も、あらかじめどんな会場かわかっているので安心できました。ありがとうございました。(Iさん クラリネット愛好家)


★息の使い方→出だし0.1秒で出す、そして1秒(力を入れる10倍)で脱力しリセットする という事が実際の演奏でも役に立つと思いました。
私も高校生にクラリネットを教えているので、伝えたいと思いました。(Fさん 高校教師)


★ひとつひとつの動きを手順を追ってやること+やったことがどうだったか観察すること 地道な作業だが、面倒くさがらず吹くときはこの手順を踏むこと→自分の吹きたいようになるために必要な事と今日の時点で少し決意できました。
リードを線で押さえられると、リードの振動する面積が広がるので響きが広がるという事を知ったのが収穫でした。線で押さえる時のイメージも広がります。(Kさん クラリネット愛好家)


貴重なご感想ありがとうございました!

次回は2月11日です。お楽しみに!


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



ご報告『バスクラの高音が自由に演奏できました!』

403955


最近バスクラで小学生がレッスンを受けてくれたり、吹奏楽団で演奏するバスクラの方がアレクサンダーテクニークのレッスンに来られたりと、教室はにわかにバスクラづいています(^^)

そんな中、オーケストラでバスクラを吹く方からメールをいただきました。掲載の承諾をいただきましたのでご紹介したいと思います。



お元気でご活躍の様子、ブログで拝見しています。

私も、クラリネットを通してATに出会い、
今も充実した活動をさせてもらっています。

最近、先生のブログを
読み返していました。
https://ameblo.jp/fujisaki-clarinet/entry-11406364271.html

息の方向は身体の中で起こる方向!
息の方向は「上」or「ななめ上」
にピンときました。

併せて、
息を吸う時と吐くときに体の中で何が起こっているのか、
自分を観察したり、人体の本をみたりしました。

そんなことを頭に思い浮かべながら、
今日のオーケストラの練習でバスクラを吹いていました。
すると、自分の中で納得してこれまでとは違う感覚で、
バスクラの高音が自由に演奏できたんです。

今まではどうすれば高い音がうまく出せるのかと、
体の外のことばかり考えていました。
でも上手く出せる感覚がつかめなかったんです。

でも、今回は掴めたな!という感覚が持てました。
次はどうなるか分からないですが、
また一つATを通して成功体験をもてたことは大きな自信になりました。

豊永先生のレッスンを受けさせていただいたのは一度ですが、
今も私の大切な糧になっています。

ブログこれからも楽しみにしています。
機会があればまた伺いたいです。


この方は以前遠方からレッスンに来られた方ですが、その後も引き続きご自身で探求されていることが嬉しかったです。バスクラの高音を自由に演奏できたのも、日ごろの研究の成果ではないかなと思います。

アレクサンダーテクニークは身に着けるのに時間がかかりますが、本当に役立つものだな~と私も日々感じています。

もうすぐ夏休み、遠方からもクラリネットやアレクサンダーテクニークのレッスンに来ていただけたら嬉しいなと思います。(〈単発〉クラリネット個人レッスン

ブログで伝える限界も感じていますが、これからも自分なりに身体のことを考えるきっかけを発信していこうと改めて思えたご報告でした(^^)/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場