楽譜をもらったら即やってほしいことがあります。音源を聴く?NOです!

これらの意味を調べましょう。
FullSizeRender

時にはなじみのない言葉でも書いてあります。
FullSizeRender

楽譜に書いてある言葉を全部調べましょう!これらの意味が分からないと、何を演奏したらいいのかわかりません。また、メトロノームの指定はこれらの言葉から派生した目安の数値です。作曲者が指定していない限りあくまでも目安と考えましょう。


教室にも中高生が習いに来てくれますが、今も昔もこの習慣はあまり定着していません。「この言葉なんて意味?」と聞くと全問正解できない子が8~9割…(残念)

音源を聴く前に、音を出す前に、必ず意味を調べてみてください。できれば楽語辞典と普通の辞書で調べてみるといいと思います。


そしていつもお勧めしているのはこちら。楽譜に使われている言葉の意味を言葉の由来から説明してくれているのでとても腑に落ちます。









このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。