クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

準備

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」


♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

不器用は作れる!

711014

変な題名ですが、なぜかこのワードがグルグル来たもので…こんにちは、豊永よしこ(とよながよしこ)です。


「不器用だから指が動かない」
「不器用だからなかなか上手にならなくて…」


生徒さんから時々聞く言葉です。でも、楽器がある程度操れている時点でそんなことないんじゃないかなと思ってしまいます。

不器用は生まれつきというよりは、習慣や思い込みによって作られるものじゃないかなと思っています。たとえばこんな習慣持っていませんか?


「本当は時間を取って準備していいのに、周りを気にして無意識に焦ってしまう」


たとえば楽団や部活や仲間との合わせ、レッスンで「待たせちゃいけない」「すぐ吹かないと」と焦ってしまう。ソロ演奏でも急いでお辞儀、吹き終わったら逃げるように袖に引っ込んでしまう。

そんな焦り他人主体モードでは必要な準備もできないし、習ったことも思い出せないし、緊張しやすくなるしで自分の力は思うように出せません。結果はあまり思わしくなくなってしまいます。

緊張対策の講座でも実際やってもらうのですが、ほんの数秒我に返って準備する時間を取るだけで結果がとても良くなるんです。

周りからも「落ち着いてていいね」「丁寧に取り組んでる」と好評価をされることが多いです。せめて5秒でも準備をする時間を取れると、出来がガラッと変わるはずです。


また、いつも焦りモードだと、練習もただ回数や時間をこなす薄い内容になりがちです。内容が薄いと成果も出にくく「やっぱり練習してもできない」とあきらめがちに。
回数や時間至上主義から一度離れて、考えながら練習する習慣を付けると、内容が濃くなり出来も変わってきます。



もう1つやっかいなのは思い込み。親や先生や周りから「不器用」って言われてきませんでしたか?

もし今まで、何度も何度も親や先生や周りに「不器用だね」と言われ続けていたら…本当の実力を知る前にそう思い込んでしまうかも。

でも、周りからの「不器用だね」の評価も本当か怪しいものです。だいたいその人の都合やペースに合わないだけで「不器用」などと言われてしまうものです。

そんな不確実な他人からの評価を無意識に信じ続けている方もいるのでは?何を言われてもそれを採用するのは自分です。「ホントは違う、そんな自分じゃない!」と完全否定していいんです。完全否定する自由があることを思い出してみてください。


習慣や思い込みを変えるのも結構な時間がかかります。でもちょっとずつ上書きしていけば半年後、1年後には沢山希望が見えてくるかもしれません。大人になっても手遅れではありません。作られた「不器用」を間接的に変えていくアプローチはATからもできます。変わりたい方のお手伝いができれば嬉しいです(^^)/



クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com

★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


入道雲のふちに彩雲が!
IMG_1700



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。
















【全楽器共通】演奏する直前に何を準備していますか?準備の仕方で演奏が変わります。

1403752

演奏する直前の準備、何をしていますか?ルーティンを決めている方もいるかもしれません。

演奏は何をどれくらい準備するかでガラッと変わってきます。でも何をどれくらい準備したらいいのか?この加減が絶妙で、準備不足か準備のし過ぎになってしまうことが多いんです。

【準備不足の例】
・調性やテンポなどを考えずただ楽譜をみて音を出し始める
・どういう演奏をしたいかを考えずに音を出し始める
・出したい音の音程が頭の中にないまま音を出し始める
・音を出すのに必要なことを身体にお願いしないまま音を出し始める


準備不足だと、最初の数拍~数小節はリハーサル⇒その後本番のような、楽屋裏がバレてしまうような演奏になってしまいます。でもお客様は音が出る瞬間から演奏を聴いていますよね。音を出した瞬間からステージで吹いているような演奏にするには、もう少し準備が必要だと思います。

レッスンで習った新しいことを身に付けるにも、何も考えずに吹き始めてしまうと新しい習慣が身に付きません。習慣の書き換えのためには、演奏前に新しく習ったことを一瞬思い出したり、新しい手順を踏んでから演奏を始めることが必要です。


かといって「これ以上できないくらい完璧に準備だ!」だと準備のし過ぎになりやすく、逆効果になってしまうんです。こんな風になっていませんか?

【準備し過ぎの例】
・正しいと思っている姿勢を固め、出来たことを確認してから吹き始めてしまう
・必要な手順を踏んだ後「できたかな?」と確認してしまう
・出したい音、したい演奏を思い浮かべてから
「これで合ってる?正しい?」と心配してしまう。

必要なことをした後に確認&心配をすると、身体も意識も一瞬フリーズしてしまうのです。音楽は常に動き変化し続けるもの。そんな音楽を演奏するには、自分も動き変化し続けられる状態でいることが必要です。

そのためには必要なことをし続けるだけ、身体にお願いし続けるだけで十分です。確認や心配をエイっと手放し、起きることについていきます。

コントロールできない不安が出てくるかもしれませんが、コントロールしているということは、想定内のいつもどおりの演奏に収まっているということ。

想定内の安全な演奏ができるのも1つの技術ですが、もっと自分の可能性をみてみたい方も多いのでは?!

予想を超える演奏のためには、確認する代わりに、必要なことを身体にお願いし続け「こう演奏したい」を思い続けること、試してみてください。

まずは一人で「準備の練習」してみましょう。ちょうどいい準備ができるまでには練習が必要です。私もいまだに時々練習しています。本当に演奏を大きく左右するものなのでぜひ取り組んでみてほしいなと思います(^^)/



どんな準備をしたらいいの?ちょうどいい準備がわからない方は単発個人レッスンで一緒に練習してみましょう♪

藤崎クラリネット教室
http://fujisaki-clarinet.com
  

★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/




楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
楽天市場