クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

構え方

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

肩こり、腕や首の痛みが楽になる構えかた

楽器をずうっと吹いていると、肩が凝ったり首や腕が痛くなったりすることありませんか?今日はそんな方のために、肩や腕や首が楽になる構えかたを書いてみたいと思います。

演奏ではクラリネットなら1キロ弱、楽器によっては数キロを長時間ずっと支えているわけですから、できるだけ負担が少ない構えで演奏したいものです。

今日提案したいのはここを使うことです。
FullSizeRender
ヒジです。可動域も大きく使い勝手抜群なのに意外と盲点なんですよね。

楽器を自分の身体まで持ってくるとき、肩を上げたり手首や指を使ったりもできますが、そこばかり使うと肩こりや色々な痛みに繋がってしまいます。その代りにヒジをもう少し使ってみるんです。

たとえばいつも肩や手首で楽器を持ち上げていたら、代わりにヒジの角度を変えてみる。普段90度の角度なら、ほんの少し曲げて88度にしてみる。そうするだけで肩や手首、指の仕事が減って変化が起こるんです。

ちなみにヒジを曲げて楽器の重さを支えるのは主にここです。
FullSizeRender

力こぶの筋肉です。ここを使うんだな~とうっすら思って楽器を構えてみましょう。

この動きはエアーの方がやりやすいので、エアーで動きの練習をしてから実際に楽器を構えてみるのをおすすめします。エアーならお仕事や勉強の合間にもできます。ぜひ試してみてください(^^)/



メルマガの過去記事が読めるようになりました。詳しくはこちらから。
http://clarinet.blog.jp/archives/32347858.html


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








タンギング、スタッカートのリードミスを減らす構え方

このあたりの音域、タンギングやスタッカートが連続するとリードミスが出やすくなる方も多いと思います。
FullSizeRender
(クローゼ:クラリネット教則本より)

他の音域では大丈夫なのに、このあたりの音域が不安定になるときは構え方を見直してみましょう。
FullSizeRender
上下の前歯(頭)と右手親指でバランスを取って構えます。このバランスがうまく行くと、リードを押さえるポイントや圧力が決まり、リードミスが出にくくなります。

リードミスが出てしまう時は、このバランスではなく楽器を握って支えていたり、左手親指と上の前歯で支えていたり、唇の筋肉が力んでいることが多いんです。

だったら指の力を抜こう、唇を緩めるでいいじゃない?と思うかもしれませんが、このバランスで楽器を構えることができてはじめて指やアンブシュアの力みをやめることできます。まずはこのバランスで楽器を構える練習をしてみましょう。

この構えをしたうえで、出したい音と息の方向を考えて音を出してみましょう。うまく行っていればリードミスが出ないだけでなく、音の立ち上がり、音抜けや音量もガラッと変わってくるはずです。

この構えは演奏の基礎ですが、意外と知られていないことの1つです。また、この構えを「固定しよう」と思うとうまく行かなくなります。音楽と同じ、姿勢も構えも全て微妙な揺らぎの元にあります。この辺りはなかなか難しいのでレッスンでお伝えできればと思いますが、まずはこの構えを試してみてほしいと思います(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



【全楽器共通】ひとりでできる、誰でもできる!奏法改善

860464

奏法を見直して無理なく演奏したいけどレッスンまではちょっと…一人でできることってないのかな?という方へ。

今日はレッスンでもよくやってもらっている、誰にでもできる奏法改善の方法を1つ書いてみたいと思います。やる気さえあれば誰にでもできます。子供から大人までできます。


「楽器を手に取り、音を出すまでの動きを実況中継する」


楽器を手に取り構えて音を出すまでの動きを1つ1つ実況中継、言葉にしてみるんです。(古館さんにならなくていいです(笑)

たとえばこんな感じです。クラリネットなら…

スタンドに立っている楽器を視界に入れながら
右手の人差し指が楽器に向かって動いて
人差し指が楽器に触ったら
すべての指を楽器の形に沿わせて
楽器の重さを感じながらヒジを曲げて
太ももの上に楽器を乗せる
 
右手左手、腕、指で楽器を支えながら
肩とヒジと手首を少しずつ動かし
マウスピースと楽器を視界に入れながら
マウスピースを口に近づけ
唇にマウスピースが触れたら
口を開けて吹きやすい位置にセットして
出したい音の指にして
出したい音をイメージして
息を肺から上方向に出す

こんな感じで、やっていることを全部言語化するんです。ただただ実況中継するだけです。

動きを言葉にすることで動きが意識的になり、全体の動きが変わり、奏法が変化し、結果演奏が変わるのです。心の中でやると端折りがちになるので、口に出して言ってみましょう。

たったこれだけですが、丁寧にやると変化を体験できると思います。まずは個人練習で。ぜひやってみてください(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

大都会のど真ん中、日比谷公園にこんなお花畑がありました。
IMG_2072



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








楽器の構えが曲がっていて気になる方へ

895575

楽器を構えるとき、楽器が身体の中心ではなく、左右どちらかに曲がってしまうという方がいらっしゃいます。レッスンでも時々拝見します。

人間の骨格や歯並び、動きのクセは人それぞれなので、吹くのに支障がない限り私は気にしていません。

クラリネットは右手で支えることからして左右非対称ですよね。人間の身体自体も左右非対称。利き手だけでなく利き目、利き耳、利き歯、利き足などがあり、その結果左右非対称に筋肉の付き方が変わっていきます。見えないけど内臓も左右非対称です。

でもどうしても気になる方もいらっしゃるかもしれません。気になるときは、右腕を胴体に引き込んでいないか?脇を必要以上に締めていないか観察してみてください。(この身体の使いかただと、楽器は右に曲がります。)

初心者のときや子供のときに、楽器をしっかり支えようと右腕を胴体に寄せて頑張っていた時のクセが残っているのかもしれません。

もしそれに気が付き今は必要ないと感じたら、次の言葉を順番に身体にお願いしながら楽器を構えてみましょう。

外の空間とつながりながら…
頭が身体の上でバランスしながら…
背中がタテヨコに広い状態…
関節全部にスペースがあって…
腕が長く使える…

また、身体の右側にスペースがあることを意識するなどで変化が起こる可能性があります。

これ以上は難しいので書くのは控えますが、曲がっている自分が異常だと思わないでほしいなと思います。あのベルリンの世界的プレイヤーも曲がっていますよね(^^)

それでも気になる、もっと楽な構え方がある気がする時はレッスンにぜひいらっしゃってください。なにかアドバイスができると思います(^^)








♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






キー操作のときに楽器がグラグラしてしまう6つの原因

キーを操作すると楽器がグラグラ動いてしまう、というお悩みを時々聞きます。主にこのあたりのキー操作で動いてしまうようですね。
FullSizeRender


今日はよくある原因を6つ書いてみたいと思います。

1.キーを操作するときに力が入りすぎている。
基本的にキーは押さえるだけ(関連しているタンポが開閉するだけ)、トーンホールを軽く開閉させるだけでOK。必要以上の力でキーを押さえつけていたり、勢いよく離すクセがあるとグラグラしやすくなります。グラグラするときは力加減をチェックしてみましょう。


2.右手親指の支えを忘れている

吹くときに右手親指の支えを忘れていると、楽器が不安定になりグラグラの原因になります。また、右手親指と上下の歯(頭)で楽器がバランスして支えられていないと、キーを押さえたりトーンホールを塞いでいる指で楽器を支えることになり、それらの指を動かすときにグラグラが起こりやすくなります。常に右手親指の支えを意識してみましょう。


3.上の前歯がマウスピースの上で滑っている
上の前歯がマウスピースの上で滑ってしまったり不安定になるときは、構える角度や、右手親指を押し上げすぎていないかを見直してみましょう。また、歯並びによっては安定しづらいことがあるので、自分に合ったマウスピースパッチを探してみましょう。


4.噛みすぎないようにしよう、柔らかくくわえよう、と思いすぎている

「噛まない、柔らかくくわえる」という思いが強すぎると、必要な力まで抜けてしまい楽器がグラグラするだけでなく、リードミスも多発してしまいます。アンブシュアの力加減を見直してみましょう。


5.指を始め、身体全体が固まっている
人間の身体は関節で衝撃を逃がすようになっていますが、身体全体がカチカチだと、キー操作の時に発生する衝撃がダイレクトに楽器に伝わり、楽器がグラグラします。指だけでなく身体全体を柔らかく使えていると、多少勢いよくキー操作をしても衝撃は楽器には伝わりません。身体全体の使い方を見直してみましょう。


6.楽器のジョイント部分の不具合
コルクが緩くなっていたり、乾燥で楽器が収縮していると、楽器のジョイント部分が不安定になり、少しの力でも楽器がグラグラしてしまいます。放置しないでリペア屋さんに調整してもらいましょう。


楽器のグラグラも他のトラブルと同じく、色んな要素が絡み合って起こるものです。ここに書いていない原因もまだ沢山あります。自分で分からない場合はぜひ専門家のレッスンを受けてほしいなと思います(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場