クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

構え

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

【ミニ動画付き】自由な指の動きのためにできること

IMG_1878

指を自由に動かすために気をつけていること、ありますか?「力まない」「バタバタしない」「楽器を握らない」など、色々あると思いますが、今日はとっても大切なことを書きたいと思います。

指を自由に動かすには
「指だけでなく、身体全部が動ける」
身体の使い方をすること。

トーンホールやキーを押さえる時、指は色々な動きをしますが、その時、指が動くだけでなく、他の関節も動いていいんです。
 
指が動くと同時に手首、ひじの関節なども動いているのがわかると思います。1つの動きをすると、身体全体が繊細に動きます。

自由な指の動きには、自由な身体の動きが必要不可欠。
「どこが連動して動けるのかな?」
「自分で動きを止めてないかな?」
「フォームにこだわりすぎてないかな?」

鏡で自分の動きを観察してみましょう。そしていいアイデアが閃いたら実験のつもりで色々試してみましょう。できなかったことが簡単にできるようになるかもしれません(^^)/



★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com









小指重心にしても上手く構えられない方へ

こんにちは!豊永よしこです。

先日の小指に注目すると色々な事が改善するお話読んでいただけましたか?

小指の突っ張りに効くアイデア

バラバラに動いてしまう小指薬指に効くアイデア

これで改善される方も多いですが、なかなかうまく構えられない方もいらっしゃると思います。今日は小指重心にしても上手く構えられない方へ構える前の手と指の準備をご紹介します。これは全ての方におススメなので、ぜひやってみてください。

やり方は簡単です。ゆっくり静かな気持ちになるまで時間をかけてやってみてください。

.まず、いつもどおり楽器を構えます。この状態を覚えておいてください。鏡でも見てみましょう。

.楽器を置き、楽な姿勢で、ゆ~っくり指を曲げ伸ばしします。

その時に、関節がどこから曲がっているかを観察します。手のひら側、手の甲側、親指側、小指側面から観察します。全部の指を同時に、また1本ずつ、2本ずつと、色々動かしてみます。

.手のひら全体を優しく揉みます。次に、手のひらの骨と骨の間を、優しくゆっくり押さえて、手首の方まで指と指の間がある事を確認します。(ぐいぐい押さない事。物足りないぐらいでOKです)手のひらにある骨=青い骨です。青い骨と骨の間を押さえます。

bone_hand


.再び楽器を構えます。構えたら指を動かしたり、鏡を見てみましょう。やる前と後の変化を観察してみましょう。

これをやると、指の動きが良くなったりキーやホールが楽に押さえられたり楽器が軽く感じたりと、何かしら変化を感じられると思います。

構え方は、指だけでなく、全身が関わっているものです。何の変化もない場合は、他に原因があるのかもしれません。少しずつ実験&探究していきましょう(^^)







クラリネット個人レッスン、アレクサンダーテクニーク個人レッスン
お申し込みはこちら
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村   
   
   
   
  



楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場