クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

楽譜の書き込み

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

演奏がつまらないと言われたら…楽譜の書き込みから見直してみよう

fa52df48bfc44e4f1948a06643182375_s

曲の練習が進んでくると、楽譜への書き込みが増えてくる方も多いのでは?と思います。書き込みは忘れていたことを思い出させてくれるのに役立ちますが、これが徐々に本末転倒になってしまうことがあるんです。


たとえば、こんなことです。

「なめらかに」という書き込み。もとはフレーズを長くつなげて大きな音楽を作りたいから書いたもの。でもしばらくしたらそれを忘れて「なめらかに」と書いてあるからただ「なめらかに」吹いて音楽が平たんになってしまう。

「走らない」という書き込み。もとはリズムに乗り足並み揃えて音楽を前に進ませたいから書いたもの。でもしばらくしたらそれを忘れて「走らない」ことだけ気を付けて吹いて、音楽が前に進まなくなってしまう。


おおもとの目的を忘れてしまうと、ただ書かれたことを実行するだけの主体性のない演奏になりがちなんです。

書き込みをクリアしていくだけの演奏ってどうなんでしょうか?何をしたいかが聴こえてこない演奏は、吹いていても聴いていてもつまらないのではと思います。


書きこみが増えてきたら、振り返ってみましょう。

「そもそも何のために書いたんだっけ?」

「何を実現したくて書いたんだっけ?」



書き込みの整理は音楽のとらえ方の整理にもなります。書き込みが増えてきたら、書かれていることを1つずつ見直して本来の目的を思い出してみる。そうするだけで演奏自体が大きく変わってくると思います(^^)/



豊永よしこ プロフィール


メルマガの過去記事が読めるようになりました。詳しくはこちらから。
http://clarinet.blog.jp/archives/32347858.html


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  

レッスン室、やっと使いやすくなってきましたがあと1か月ぐらいでここでのレッスンも終了です!

IMG_0030


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



棒吹きで悩んでいる方へ…楽譜にこんな言葉を書き込んでいませんか?

04da5001ad17acdd24baa44b9e0a1ad5_s

一本調子で無表情に聴こえてしまう棒吹き。老若男女、色んな生徒さんから棒吹きを直したい、という相談をされます。棒吹きの原因はた~~くさんあるので、1つずつ段階的に練習していくのですが…

そんな中、棒吹きになってしまう方の楽譜の書き込みには共通点があることを発見しました。


フレーズの盛り上がりのところ、
特に高音のところに
「飛び出さない」「音量出しすぎない」


フレーズを収束させるところに
「まっすぐ吹く」「音を揺らさない」


フレーズを盛り上げていく流れでは、クレッシェンドが書かれていなくても向かいたい音に向けて息を微妙に変化させ音の勢いを出していきます。

フレーズを収束させるような流れでは、デクレッシェンドと書かれていなくても微妙に少しずつフェイドアウトさせるような音の運びをすることが多いんです。

ですが、楽譜に「飛び出さない」「まっすぐ吹く」などがかかれていると、息の変化が抑えられてしまい、盛り上がりも収束も中途半端になり、結果棒吹きに聴こえてしまうんです。(かといって飛び出していい、音が揺れていいかというと違います)

何気なく書いている書き込みが、棒吹きの原因になることも。「どんな言葉を書くか、どんな言葉で考えるか」ってかなり大事です。

自分のやりたいことを実現させるための言葉って何でしょうか?ヒントは「肯定形」です。ぴったりの言葉、探してみませんか?




無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。










楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場