クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

楽器の支え方

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

左手親指が動かないときは、これを思い出そう♪

今日は左手親指の動きについて。思うように動かなくて失敗すること、ありますよね。

お題はこちらです。「シーファ」の動きをみていきます。
FullSizeRender

レジスターキーから親指を素早くずらす動きがポイントですが

・動きが遅くなりタイミングがずれる
・「ファ」に不時着してしまう
・リードミスが出てしまう
・リズムが転んでしまう

などなど…色んなことが起こりがち。これは練習不足でも起こりますが、もっと根本的な原因があります。ちなみにこれ、気にしていますか?



「シーファ」の手前での楽器の支え方



「シーファ」の手前で指に力が入りすぎ指で楽器を支えていると、思うように動かなくなってしまうんです。サッと動かそうにも楽器を支えているんですから、当たり前ですよね。超重要な楽器の支え方、思い出しましょう!



「上下の歯(頭)と右手親指でバランスを取る」です。



「上下の歯(頭)と右手親指」で楽器が支えられていれば指は自由になるので、一瞬で「シーファ」に跳躍することができます。


できないときは細かい指の動かし方などが気になってしまいますが、真っ先に思い出したいのは超基礎。楽器の支え方は何度も書いているテーマですが、これからも何度も書きますね(^^)/

さっきのお題はこちらのエチュードから。音大入試にも使われている鉄板エチュードです。
楽譜 カヴァリーニ/30のカプリス(50012320/ER1202/クラリネット教本/輸入楽譜(T))
楽譜 カヴァリーニ/30のカプリス(50012320/ER1202/クラリネット教本/輸入楽譜(T))





「とりあえず試してみよ~」がこれからの時代のスタイル(^^)



交換日記や文通のような楽しさがあるかも(交換日記世代です)



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





キー操作のときに楽器がグラグラしてしまう6つの原因

キーを操作すると楽器がグラグラ動いてしまう、というお悩みを時々聞きます。主にこのあたりのキー操作で動いてしまうようですね。
FullSizeRender


今日はよくある原因を6つ書いてみたいと思います。

1.キーを操作するときに力が入りすぎている。
基本的にキーは押さえるだけ(関連しているタンポが開閉するだけ)、トーンホールを軽く開閉させるだけでOK。必要以上の力でキーを押さえつけていたり、勢いよく離すクセがあるとグラグラしやすくなります。グラグラするときは力加減をチェックしてみましょう。


2.右手親指の支えを忘れている

吹くときに右手親指の支えを忘れていると、楽器が不安定になりグラグラの原因になります。また、右手親指と上下の歯(頭)で楽器がバランスして支えられていないと、キーを押さえたりトーンホールを塞いでいる指で楽器を支えることになり、それらの指を動かすときにグラグラが起こりやすくなります。常に右手親指の支えを意識してみましょう。


3.上の前歯がマウスピースの上で滑っている
上の前歯がマウスピースの上で滑ってしまったり不安定になるときは、構える角度や、右手親指を押し上げすぎていないかを見直してみましょう。また、歯並びによっては安定しづらいことがあるので、自分に合ったマウスピースパッチを探してみましょう。


4.噛みすぎないようにしよう、柔らかくくわえよう、と思いすぎている

「噛まない、柔らかくくわえる」という思いが強すぎると、必要な力まで抜けてしまい楽器がグラグラするだけでなく、リードミスも多発してしまいます。アンブシュアの力加減を見直してみましょう。


5.指を始め、身体全体が固まっている
人間の身体は関節で衝撃を逃がすようになっていますが、身体全体がカチカチだと、キー操作の時に発生する衝撃がダイレクトに楽器に伝わり、楽器がグラグラします。指だけでなく身体全体を柔らかく使えていると、多少勢いよくキー操作をしても衝撃は楽器には伝わりません。身体全体の使い方を見直してみましょう。


6.楽器のジョイント部分の不具合
コルクが緩くなっていたり、乾燥で楽器が収縮していると、楽器のジョイント部分が不安定になり、少しの力でも楽器がグラグラしてしまいます。放置しないでリペア屋さんに調整してもらいましょう。


楽器のグラグラも他のトラブルと同じく、色んな要素が絡み合って起こるものです。ここに書いていない原因もまだ沢山あります。自分で分からない場合はぜひ専門家のレッスンを受けてほしいなと思います(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場