こんにちは!豊永よしこです。
最近の色々な奏法の情報には
カルチャーショックを受けている方も多いかもしれません。
新しい吹き方を試したら、とてもうまく行ったので
これまでの吹き方はやめよう、
でも、なかなか再現できない
できても元に戻ってしまう・・・と
昔の吹き方から脱する事ができずに、悩んでいる方も多いかもしれません。

でも、それは無理もない事なんです。
新しい吹き方の方が良くても
これまでの吹き方の方が慣れ親しんだものです。
頭では新しい吹き方をしようと決めても
身体は放っておくと慣れた事をしてしまう、
それが普通なんです。

新しい吹き方に変えるには、ATの先生などのサポートがあるのが理想ですが
ひとりで新しい吹き方に変えるには、ちょっとしたコツが必要です。

たとえば「軽~く音が出た」あの感じを再現したい・・・という時、
その感覚を再現するのではなく
軽~く音が出た時にしていた準備、吹いている最中に気を付けた事
身体の使い方を思い出します。
そして実行、それを繰り返し練習します。

「感覚を再現するのではなく、必要な準備や手順を再現する」

必要なら鏡、録音、録画等も使って観察してみましょう。
根気は要りますが、変化の過程には色々な発見があって楽しいですよ(^^)
色んなアクシデントも楽しむつもりで練習してみてください。



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村