クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

指使い

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

左手親指の動きを楽にする2つのアイデア

今日のお題はこちらです。
FullSizeRender

「レーファ♯」の間に音が入ったり「ミーファ」のリズムが転んだりと、なかなか難しいパッセージです。左の親指をいかに繊細に動かせるかがキーになります。


左手の親指を楽に動かすアイデア。1つ目はこちらです。
FullSizeRender
頭(上下の歯)と右手親指のバランスさせる。これが左手を自由に動かす準備です。



そしてこの意識。親指はどこから動くのかな?
ここからだけでなく
FullSizeRender


ここからも動きます!
FullSizeRender
あえて動かすというよりは、ここから動くんだな~と知るだけでOK。頭の中の認識が書き換わると動きに変化が起こります。

がむしゃらにやってもうまく行かないときは、身体の豆知識を取り入れたり超ゆっくり練習でマスターするのがおすすめです(^^)/


超ゆっくり練習についてはこちらに書いてあります。みなさん速いテンポで練習しすぎです!




このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。






覚えられない高音の指使いを定着させる方法


高音の指使い、どう覚えていますか?多くの場合、音を出して練習していると思います。

でも、音を出して練習していると、出てくる音に頼って結局あまり覚えていなかったり音を出す事で精いっぱいで、覚える前に口や耳が疲れて効率が悪くなりがちです。

前回のブログでも書きましたが指使いを覚えるには、脳がしっかり指使いを覚える事が大事です。その為には音を出さない練習。音名を言いながら、指を動かす覚え方をお勧めします。

自分の脳と指が付いていける速さから繰り返し練習すると、しっかり覚える事が出来ますよ。

また、指使いを覚える以前に高音の楽譜に慣れる事。「線がいっぱいで何の音かすぐ分からない!?」では苦手意識が取れません。1日3分で良いので、高音が沢山出ている楽譜を読む練習をしてみましょう。

また、覚えた事をさらに定着させる方法があります。アウトプットです。

覚えた指使いを他の人に教えましょう。インプットした知識をアウトプットする事で、自分のものになります。

SNSなどに手元の画像と説明を載せてupしたり、動画をupしても良いですよね。人に伝える事と自分で見直す事も出来て一石二鳥です。

どうしても覚えられない、すぐ忘れてしまう・・・と悩んでいる方ぜひ試してみてください(^^)







毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!





レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村




毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村


楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場