クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

指の動き

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

なぜアンブシュアや指の力みが取れないの?

090493

アンブシュアや指の力みのお悩み、本当にたくさん聞きます。
アンブシュアを噛まないようにしよう、指を力ませないようにと練習している方も多いのではないでしょうか?奏法にも原因がありますが、今日は身体の使いかたの観点から書いてみたいと思います。


アンブシュアや指…これらは身体の末端ですが、身体の軸と身体の末端の力みは密接につながっているのです。

身体の軸(ここでは頭と脊椎)が丁度よくバランスしていると、頭を支えるための余計な力を入れる必要がないので身体は動きやすくなります。逆にバランスが崩れていると、首を始め全身の筋肉が総動員してバランスを取ろうとするんです。

それは末端の部分も例外ではありません。身体のバランスが崩れたり無理な体勢の時、無意識に手がグーになったりパーになって引きつった経験はないでしょうか?それと同じようなことが演奏中に起こります。

この力みの中無理に動かそうとすると、動きにくく感じさらに余計な力が入ってしまうんです。

アレクサンダーテクニークのレッスンでは、動きの中で身体の軸(頭と脊椎)のバランスをみていきます。軸のバランスが変わると、全身の使いかたが変わるため音や身体に色々な変化が起こってくるんです。

身体の可能性は未知数なので何が起こるかはわかりません。そういう意味ではチャレンジャーのためのツールかもしれませんね。自分の可能性を探求したい、何が起こるか試してみたい方はぜひレッスンにお越しください(^^)/



★アレクサンダーテクニークレッスン、今なら1,000円で体験できます!

★10月12日『本番で力を発揮したい人のための実践的!グループレッスン』も募集中です。


詳細&お申込みはこちら



★豊永よしこ プロフィール



★無料メルマガ登録



★メルマガの過去記事が読めるようになりました



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。









【全楽器共通】32分音符のパッセージを吹くときに気を付けたいこと

Allegroのテンポでの32分音符のパッセージ、音がキレイに並ばず困っていませんか?

(クロンマー:コンチェルトより)
FullSizeRender

(ローズ:20のエチュードより)
FullSizeRender

こういうパッセージでは、こんなことが起こりがち。

・動かなくていい指まで一緒に動いてしまう
・同時に動かしたい指がバラバラに動いてしまう
・順番に動かしたい右手左手が一緒に動いてしまう
・同時に動かしたい右手左手がバラバラに動いてしまう

こうなると音が転んだり走ったり、抜けたり余計な音が入ったりでキレイに揃いません。これを直すためにメトロノームでコツコツ練習をする方も多いと思いますが、ここで見直したいのは動きの質です。

指を確実に正確に動かそうと、トーンホールやキーから勢いよく離したり、しっかり塞いだり、カチカチのロボットのような動きになっていませんか?

こうすると「しっかりコントロールして動かした感」はありますが、動きの質が重すぎ固すぎて32分音符の速さに付いていけません。

32分音符の速いパッセージを吹くには、指が素早く軽くなめらかに動けることが必須です。そのためには動きの質を変えること、そしてそれができる身体の使いかたをすることがキーになってきます。

「転んでない?走ってない?」を気を付けるだけでなく、身体の使いかた、動きの質も注意してみましょう。そうすることで自然と乱れていたパッセージが揃うことも結構あります。

身体の使いかたや動きの質はレッスンで細かく見てアドバイスしています。気になる方はぜひレッスンにお越しください(^^)/





無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





【ミニ動画付き】自由な指の動きのためにできること

IMG_1878

指を自由に動かすために気をつけていること、ありますか?「力まない」「バタバタしない」「楽器を握らない」など、色々あると思いますが、今日はとっても大切なことを書きたいと思います。

指を自由に動かすには
「指だけでなく、身体全部が動ける」
身体の使い方をすること。

トーンホールやキーを押さえる時、指は色々な動きをしますが、その時、指が動くだけでなく、他の関節も動いていいんです。
 
指が動くと同時に手首、ひじの関節なども動いているのがわかると思います。1つの動きをすると、身体全体が繊細に動きます。

自由な指の動きには、自由な身体の動きが必要不可欠。
「どこが連動して動けるのかな?」
「自分で動きを止めてないかな?」
「フォームにこだわりすぎてないかな?」

鏡で自分の動きを観察してみましょう。そしていいアイデアが閃いたら実験のつもりで色々試してみましょう。できなかったことが簡単にできるようになるかもしれません(^^)/



★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com









指の力みに気づき、力加減や動きをアップデートする練習


今日は指の力みに気づき、力加減や動きをアップデートするための練習を書いてみたいと思います。これは他の楽器にも応用できます。


まずは、あらためて指の動きや力加減を体感してみましょう。

そもそもキーってどれくらい上下するのでしょうか?指でキーをゆっくり上下させてみましょう。
IMG_0967

クラリネットの場合、キーの動きは約2~3ミリ。どれくらい上下するかが確認できたら、構えて音を出さずにキーを上下させてみましょう。

この時、こんな手順で動かしてみてください。
【キーを下げるとき】
1.指先がキーに触る
2.キーに触れながらゆっくり指先を下げる

【キーを上げるとき】
1.キーに指先が触れている状態でゆっくり指先を上げる
2.指先をキーから離す

どれくらいの力でキーが動くでしょうか?観察してみましょう。この時は直接指を見ないで指先の感触を頼りにします。動きを見たい場合は鏡を使いましょう。

また、指先だけに意識を集中するのではなく、身体全体、自分の周りの空間も意識してみてください。

次に実際に音を出してみましょう。最初はゆっくりで1.2の動きの質のまま動かしてみます。慣れてきたら簡単なフレーズやスケールを吹いてみましょう。指の動きや力加減は変わってきたでしょうか?

指の力が抜けない時は、そもそもどんな動きをするのか?どれくらいの力を使ってキーを動かすのかがあいまいな時が多いのです。それがわかるだけで動きや力加減が変わってきます。

キーが必要なだけ動けば、トーンホールは自然に塞ぐことができます。トーンホールがうまくふさがらないときは、力が弱すぎたり、逆に指の力みがあることが多いです。

うまくいかないときは構え方や姿勢に原因があるかもしれませんが、指の動きや力加減を丁寧に見直すことも役立ちます。

練習の合間にぜひやってみてください。何度もやっていくうちに、動きの質が変化してくると思います(^^)/



クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com    
    
    


毎月1日配信 無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

メルマガバックナンバー

https://note.mu/clarinet
  



にほんブログ村










うまくいかないときは全部ここに戻ろう!

774167


クラリネットはマスターしたいテクニックが沢山ありますが、練習するときは何を意識しているでしょうか?

指の動き⇒指
タンギング⇒舌
スタッカート⇒舌
アンブシュア⇒口の周り
強弱⇒イメージ
音の響き⇒楽器
高音⇒アンブシュア
跳躍⇒アンブシュア
表情、表現⇒イメージ


などなど…でもこれだけだとイマイチなことも多いんです。色々やっても上手くいかないときは、ここに戻ってみてください。

指の動き⇒
タンギング⇒
スタッカート⇒

アンブシュア⇒
強弱⇒
音の響き⇒
高音⇒
跳躍⇒

表情、表現⇒

「息」です!


レッスンで身体の使いかたや考え方にフォーカスするときは、この「息」のためであることがとっても多いんです。

一見関係なさそうなことにも息は深いかかわりがあります。壁にぶち当たった時は「息」に戻ってみること、強くお勧めします(^^)/




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場