5eae55f6b7c4451501e44374edcff267_s
こんにちは!豊永よしこです。
トーンホールを塞ぐとき、指を離す時
どうしてもバタバタしてしまう、いつも気を付けているのに
気が付くと力んでしてしまう…という方に
今日は、身体の使い方とは別の視点での改善方法を提案したいと思います。


それは「音楽と指の動きをリンクさせる」です。


たとえば、滑らかに旋律を演奏したい時
「これを思い通りに演奏するには、どんな動きがふさわしいかな?」と考えます。

仮説を立てて実験してみましょう。自分の思い通りに近づいていたらOKです。

他にも色々考えてみましょう。
・軽いスタッカートではどんな指の動き?
・めちゃめちゃ速い動きのパッセージでは?
・跳躍が途切れがちなメロディでは?
・響かせたい音では?
・高音では?

指の動きと音楽はかなりリンクしているので
自分の奏でたい音楽にはどういう動きがふさわしいかを考える事で
気が付いたらバタバタが収まる事も多いのです。
色々試しているうちに、法則が見えてくると思います。
ぜひ試してみてください(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村