アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

指の動かし方

こんにちは!豊永よしこです。

10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。
今日は指の動かし方、力の入れ方で音楽が変わることを動画でご紹介したいと思います。
お題はこちらです
image

ローズ32のエチュードの1番の4~5小節目です。(譜面では5小節目は映っていませんが、動画では吹いています。)携帯で簡単に撮ったので、どこまで参考になるかわからないのですが…


まず1つめ。指をバタバタ動かしてみました。
 
滑らかさがイマイチで、デコボコして聴こえます。 吹く前から力んでいるので、発音にも雑音がはいっています。



2つめ。普段の2~3倍指に力を入れてみました。


音の響きがもうひとつ。特に後半は音がつぶれて聴こえます。




3つめです。 音楽の流れを考えてみました。

指をなめらかに動かすことができて、音も響いて聴こえます。


いかがだったでしょうか?指の動かし方が変わると音や音楽の流れも変わってきます。考えかたも大きな影響を与えます。自分はどんな音楽を奏でたいかな?と考えて色々試してみると面白いと思います(^^)/




グループレッスンでは、音楽に合った指の動かし方、自分のやりたいことに近づくための考え方、身体の使いかたをレッスンします。お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








こんにちは!豊永よしこです。
付けるつもりはないのに、アクセントが付いてしまう事、ありませんか?
アクセントは、主に息や舌を微妙にコントロールして付けますが
それ以外でもアクセントが付いてしまう場合があります。
たとえば、こういうところ↓
モーツァルト

モーツァルトのコンチェルト、第2楽章の冒頭です。
天国から流れてくるような美しいメロディーですが
赤い矢印の所は無意味なアクセントが付きやすい音です。

そこは、指をバシッと叩きつけてしまいやすい所。
ドーファーララソファー(バシッ!)
・・・ソードレ(バシッ)ラ
ドー(バシッ)ミレード(バシッ)ドー
・・といったように、
バシッと指を動かしてしまうと、影響が音にも表れて
アクセントが付いたように聴こえてしまいます。
この音は、アクセントいらないですよね。

バシッと叩くように動かしがちな指は人それぞれですが
右手と両方の小指がバシッとなっている方が多いです。

自分の指の動きはどうなっているかな?と
鏡を見て観察してみてください。
また、息が足りなかったり、アンブシュアの変化が足りないと
それを指で補っている場合もあります。
指の動きのクセに気付いたら、トータルで吹き方を見直してみましょう。
メロディーの滑らかさがワンランクアップすると思います(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





↑このページのトップヘ