クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

タグ:指かけ

こんにちは!豊永よしこです。
フェイスブックで指かけ(サムレスト)の高さについてご質問頂いたので
私の考えを書いてみたいと思います。

最近の楽器の多くは、指かけの高さが調整できるようになっています。
高さは、特に決まりはありません。親指を乗せる位置と同じく、
痛みや違和感が無く、
指が動かしやすい高さならどんな高さでも良いと思います。

どれくらいの高さがいいかは、体格、姿勢、構え方、手の大きさ、
指の重心の取り方、動かし方のクセ、力み具合等によって決まってきます。
姿勢や構え等を自分で調整するのはなかなか難しいので
ここで多くは書きませんが
一番いいのはアレクサンダーテクニークの先生に見て頂く事です。

それが難しい場合は、自分で色々な高さを試してみますが
この時気を付けたいのは、指かけだけに気を取られずに
身体全体、空間全体を思って吹く事です。
指かけだけに気を取られると、そこだけに神経が集中してしまい
どの位置でも違和感を感じてしまい
よく分からなくなります。

また調整する時は、違和感を探しに行かないようにしましょう。
重大な違和感は、身体の方から教えてくれます。
…とはいえ、とても良い場合でも、大きな違和感が出る事もあるので
やはり自己判断は難しいと思います。

私がこれまで見せて頂いたケースでは、
指かけの高さが故障や動かしづらさの原因になっている事は
ほとんどないように感じます。
多くの場合は、身体の使い方や、考え方のクセが
原因ではないでしょうか?

教室でも指かけの位置についてアドバイスしています。
悩んでいる方がいらっしゃったら
ぜひレッスンで聞いてください(^^)









3月20日「A管をもっと響かせてみよう!グループレッスン」
お席残り1名です。
詳細、お申込みは
こちら


レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






こんにちは!豊永よしこです。
「指かけは親指のどの辺に乗せるのが正しいですか?」
時々聞かれます。

結論から言うと、極端な話
手首や腕に痛みが無く、
楽器が安定して指が自由に動かせる位置
ならどこでも良いと思います。
(指かけが乗っている部分の痛みはある程度仕方ないです。
チューブなどを付ける事で緩和されます)

ちなみに私はこの辺りです。
73355e16.jpg

私は元々親指が反っているので、
反っているアーチの上に乗せています。
アレクサンダーの先生には、
構造上は親指と人差し指は向かい合っているので
その形を勧められましたが
試したところ、私はこの方が動きが良いので
この形で吹いています。

親指が反っていない方は、
親指と人差し指が向かい合った位置の方が良いかもしれません。
その場合は、親指の側面に指かけが乗るような形になります。

指の長さ等だけでなく、全体の体格、身体の使い方などで
位置が決まってくると思います。
特に支障が無ければ、自己流で決めて構わないと思いますが
違和感や痛みがある場合は
アレクサンダーテクニークを学んでいる先生のアドバイスも得て
研究してみてください(^^)




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

↑このページのトップヘ