クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

「タンギングすると指と舌が合わない」というお悩み~舌編

速いパッセージでタンギングすると、指と舌が合わなくてぐちゃぐちゃになってしまうというお悩みです。これはかなり沢山聞きます。

指と舌の動きを揃えるための練習はいくつもありますが、今日は身体の使いかたの観点から。

舌がうまく動かなくて合わないときは、ここと舌が繋がってることを意識に入れてみましょう。舌骨です。探してみてください。
1530703


首の付け根の奥にある馬蹄型の骨、舌骨。舌骨と舌が繋がっているだけでなく、色々な筋肉が舌骨と繋がっています。

身体の使いかたの鍵を握る、呼吸にかかわる胸骨、アンブシュアの要の下アゴ、そしてなんと呼吸にかかわり腕ともつながる肩甲骨にも!…舌の動きは舌以外ともつながっているんです。タンギングも身体全体です!


指についてはまた次の記事で書きたいと思います。私もこの事実を知ったときはびっくりしました。まずは舌以外…身体全体に意識を広げることから始めてみてください(^^)/



このブログについて

★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。







指のバタバタが直らないときに注目したいこと

5eae55f6b7c4451501e44374edcff267_s

指を動かすと大きくバタバタしてしまう、小さく動かそうとしてもすぐ戻ってしまうことありませんか?

指をバタバタ動かすと、レガートが滑らかに繋がらなかったり、思わぬところにアクセントが付いてしまったり、腕や手首が痛くなってしまったりといいことはありません。

指のバタバタをやめたいとき、何に気を付けていますか?「指を大きく動かさない」「楽器から1センチしか離さない」などでしょうか?

これでうまくいけばOKですが、うまくいかない場合は離す動きではなく「トーンホールを塞ぐ動き、キーを押さえる動き」に注目してみてください。

指が大きくバタバタするときは、例外なく塞ぐ動きや押さえる動きに余計な力が入っているんです。こんな動きしていませんか?


・指でたたくように「バシッ」と塞ぐ
・塞いだ後さらにギュッと押える
・音を確認するようにしっかり指を塞ぐ
・キーを押さえながらその指で楽器を支える
・楽器がぐらつくほどキーを勢いよく押さえる


塞いだり押さえるときに余計な力が入っていると、離す時にも力が必要になり「エイッ」と勢いよく離さないといけなくなるので、結果バタバタと動いてしまうんです。

塞ぐ動き、押さえる動きを見直していくと指のバタバタは改善されてきます。ですが根本には指以外の要因が絡み合っているので、指以外のことも改善していく必要があります。

改善の大ヒントは「息」「構え方」です。いつもブログを熟読されてる方はうっすらお分かりだと思います(^^)一人ではよくわからない方はレッスンにぜひいらっしゃってください。



※当ブログの情報は、私、豊永よしこの指導経験と研究から良いと思ったものをお伝えしているものです。他の先生や他の先生に習っている方を否定するものではありません。

クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


メルマガの過去記事が読めるようになりました!
https://note.mu/fujisaki_cla


クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場