こんにちは!豊永よしこです。
響いた音、雑音のないタンギングやアタック、
滑らかな指回し、跳躍、自由な強弱、表現など、
思い通りの演奏をする為に何よりも大切なものは何でしょうか?

それはです。

上手く吹く為には息の使い方が重要なので
息の方向を色々言われます。
こんな風に習った方、多いんじゃないでしょうか?

・ベルの先まで息を届かせるように
・ベルの先のろうそくを吹き消すつもりで
・ベルから息が出て、床に跳ね返るくらいに

斜め下方向に息を楽器に吹き込むイメージです。
巷ではこの方向が一般的です。
アレクサンダーテクニークを学ぶまでは
ほとんどこの方向しか聞いた事がありませんでしたし
私も当たり前のようにそう考えていました。

でもこのやり方はかなり力みを呼び、その割には見返りが少ないのです。

このように考えて吹いている方を観察すると
息を出す為に、身体が縮まって固まっています。
その力みが口や指、身体全体に波及して
音も固く細くなっていたり
逆に息を入れすぎてしまい、音程が下がったり音が開いている事もあります。

アレクサンダーテクニークで学んだのは
身体の外の息を考えるのではなく、
身体の中を通る方向を考えよう、という事。


はじめて聞いた時は新鮮すぎて、よく分かりませんでしたが
その通り吹いてみると、頑張らなくても勢いのある息がスッと出て
拍子抜けするくらい楽に音がでます。そして音もとても良いのです。
これを自分で試してとても良かったので、
レッスンでも指導していくと
明らかにこちらの方が効果がありました。
多くの方にテキメンな効果を目の当たりにして
身体の中を通る方向だけ考えれば良いんだ、
と確信するに至りました。

息の方向を考える時は、肺から気管を通る方向。
「上方向、もしくはやや斜め前上の方向に息を送る」と思います。   
そう思うだけで、身体の外の方向は考えなくてOKです。
身体の中を流れる方向を感がると、息は勝手に上方向に流れ
一瞬で上あごの天井に到達して   
勝手にリードを振動させてくれます。    

      
色々試しても上手くいかない時は
口から外の方向ではなく
身体の中の方向を考えてみてください。
これまでとは正反対になってしまう方もいると思いますが
何事も実験です。   
良かったらぜひ試してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村