クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

知るだけで疲れにくくなり、音に輪郭や芯が生まれる身体の知識

突然ですが、息は首のどの辺を通るでしょうか?
首の真ん中?前側?後?声楽の先生の中には首の後ろを通ってうんぬん…とおっしゃる方もいるらしいですが…

空気の通り道である気管は首の骨の前側にあるので、息は首の骨の前側を通ります。
FullSizeRender

ちなみに気管は人差し指くらいの太さだそうです。食道は気管の後ろにあり、食べ物が通っていないと膨らます前のジェット風船のようにペッタンコらしいです。

身体の構造通り「息が首の骨の前側を通る」と思うだけで息のロスが減り、息の速さが自然と増すことが多いのです。

何人かの生徒さんに試してもらいましたが、息の通る場所がわかっただけで疲れにくくなったり、音の輪郭がはっきりしたり、音に芯が生まれました。

身体の仕組みを知らなくても楽器は吹けますが、イメージと実際の仕組みがズレていると、無駄なパワーを使ってしまうこともあります。

楽器や奏法も大事ですが、豊かな音のおおもとは息、それを作り出すのは身体です。身体にも興味を持って演奏してみると色々面白いことが起きますよ(^^)/


単発個人レッスンでも演奏に必要な身体の作りや使いかたを学びましょう。学生さんは期間限定でお得に受講できますよ。詳細&お申込みはHPからどうぞ。
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  

楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/








【管楽器共通】息のことを考えるってどれくらい考えるの?スケールの場合。

管楽器の演奏にとって息は本当に大事なので、レッスンでも何度も言いますが、ではどれくらい息のことを考えたらいいんでしょうか?時と場合と人によっても違いますが、まずはこれくらい考えてみましょう。

たとえば、このスケール。
FullSizeRender
「息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息息‥‥」

音符の数だけ息のことを考えます。このスケールだと45回。
息のことは音の出だしだけという方も多いですが、全然足りません。他に考えることがあっても音を出す瞬間から音を消す瞬間まで、息のことはずう~~~~っと考え続けるんです。

特にこんなことで悩んでいるときはぜひ試してみてください。

・出だしが汚い
・出だしがはっきり出ない、遅れる
・高音が苦手
・音が不安定
・音の終わりの処理が苦手
・音に響きがない
・音量が出ない
・高音が苦手
・強弱が苦手
・棒吹き、抑揚がない
・滑らかに音がつながらない
・タンギングやスタッカートが苦手
・速いパッセージが苦手 などなど

これらは息が十分使えるようになると一気に解消されることがあります。息が原因のことが多いからです。(もちろん他にも原因はあります)

ちょっと極端かもしれませんが、最初はこれくらいで丁度いいと思います。ただただ考え続け実行するのみ!それだけでうまく行くことが沢山あります。息の方向はいつも書いている通り、身体の中を通る方向です。道具も何もいりません。ぜひやってみてほしいなと思います(^^)/




【ただ今受講者募集中です】
『5月11日 姿勢のグループレッスン』
『単発個人レッスン』

詳細・お申込みはこちらから
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/










コンチェルティーノの冒頭をキレイに発音するには?

今の季節、ソロコンテストの練習に励んでいる小中高生も多いと思います。今日はそんな中学生とのレッスンでの出来事です。

この出だし、ご存知でしょうか?ウェーバーのコンチェルティーノです。
FullSizeRender

曲の最初から高音の「p」!美しく静かにジャストのタイミングで入りたい!…ですが中学生にはかなりの難易度だと思います。(プロでも怖いです)

先日審査した中高生のソロコンでも何人もこの曲を吹いてくれましたが、ほぼ全員発音が半拍遅れていました。残念でしたが、ここの怖さと難易度がわかるので「そうなっちゃうよね〜今の段階では仕方ない」という気持ちで聴いていました。

レッスンに来てくれた中学生も、発音が遅れ、出だしで下の倍音が出てしまいます。伸ばしている音はとてもきれいなので、ここでつまづいてしまうのはもったいないんですよね。

その生徒さんに聞いてみました
私「この音をジャストで発音するにはどうしたらいいかな?」

生徒さん「アンブシュアを準備してから吹く」

私「じゃあ…音はどうやったら出るかな?」

生徒さん「…息で出ます」


そう、音は息でリードを振動させて初めて出るもの。音を出すタイミングにアンブシュアをいくら準備しても音は出ないんです。

クリアな発音のために、私が提案したいのはこの方法です!

音を出すタイミングに、アンブシュア(ここでは瞬間的に口を閉じる&アゴ(歯)でリードに必要な圧をかける)の動きと、息を出すタイミングを同時にする。

これがぴったりのタイミングでできると、クリアな発音で、下の倍音も出なくなり、スッと音が出せるようになるのです。

ここでいう息の用意とは、音を出す直前に意図的に「その音を出すのに必要な息を出す」と決めることです。「息を出す」と決めずに他の事や恐怖で頭がいっぱいになっていると、発音に必要な息を準備することが難しくなります。

レッスンでは時間切れでアンブシュアと息のタイミングがピッタリ合うところまで行きませんでしたが、音が出るタイミングは早くなり、倍音が出る時間も半分以下に減り、改善の方向に進みました。

この方法は色々な段階の方にやってもらってうまく行っているやり方です。これは本能的な動きを超える練習なので、はっきりした意図と新しい領域に踏み入る勇気、失敗する勇気を持って練習してほしいなと思います。

これを身に付けるには、他にも気を付けたいポイントがいくつもありますが、全部過去記事に書いてあります(^^)部活や楽団で先輩に習った音の出し方とは違うかもしれませんが、よければぜひ試してみてください。




クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






タンギングやスタッカートの時にアゴが動いてしまう原因と対策

1132358

タンギングやスタッカートの時にアゴが動いてしまい、直そうとしてもどうしても動いてしまう、なぜ動いてしまうのかわからない…と困っている方、多いのではないでしょうか?(正確にはアゴ自体動くことは少なく、多くはアゴ周りの筋肉が動いています)

アゴが動くとアンブシュアが不安定になり、リードミスや音程が悪くなる原因になるので注意されるのですが、それ以上に基礎中の基礎「息で音を出す」の邪魔をするのでNG奏法とされるのです。(逆に言うとアゴが動いていても、豊かな響きで安定感があれば問題ではありません)

私もこれまでアゴが動く方を観察していても、なぜ動くのかがはっきりわかりませんでしたが、やっと原因や改善方法がわかってきたので、今日はアゴが動いてしまう原因と対策をざっくりと書いてみたいと思います。

タンギングでアゴが動いてしまう方は、こういう特徴があります。
 

「口やアゴ周りの筋肉で音を止めようとしている」


音の響きを止めるのは主に舌。リードを舌で触れば振動は止まるのに、さらに口やアゴ周りの筋肉で振動を止めようとするとアゴが動いてしまいます。

また、音は息でリードを振動させて出すもの。必要な息が使えていないと、息ではなく口やアゴ周りの筋肉でリードを一瞬押さえてから音をだす習慣が付きます。

また、もともと息でリードを振動させる意識が薄いとアゴが動いてしまう傾向にあります。音を出す瞬間から止める瞬間まで息のことを考えつづけるのが大事です。

アゴが動いて見えるときは、身体はこんな動きをしています。

1.舌でリードの振動を止めると同時に、口やアゴ周りの筋肉でもリードを押し付け振動を止める。
(アゴでリードを押し付けると同時に息も減らしすぎてしまう)

2.音を出す瞬間、舌の動きと共に押し付けが解除されアゴが下方向に動く。
(音を出すのに必要な息が用意されていない)

悪い意味で舌と口とアゴの動きが連動していますが、これを無意識にしているので直しづらいのです。また、こうすると息が足りなくても音が出て、発音がはっきりする気がするのでやめられないのかもしれません。

初心者の時、息が足らないけど頑張って音を出した習慣が残っているのかもしれません。リードを口やアゴで押し付ける動きがごくわずかなことも多く、自覚することが難しいのも関係していると思います。

また、タンギングやスタッカートでアゴが動いているときは発音でも同じことをしているので、音の出だしでもアゴが動く傾向があります。タンギングやスタッカートでアゴが動いてしまうときは、タンギングやスタッカートからではなく、音の出だしから取り組んでみましょう。まずは

「音を出す瞬間から、口やアゴでなく息で音を出す」

タンギングより音の出だしを練習する方がシンプルだし根本的な改善につながります。息で音を出す習慣が身につけば、口やアゴを動かす必要がなくなるため、発音のときだけでなくタンギングやスタッカートの時も自然とアゴが動かなくなります。

アプローチするのは口やアゴではなく「息」です。

音を出す瞬間から止める瞬間まで、息でリードを振動させる吹き方を練習していきましょう。

嬉しいのは、息で音を出せるようになると、音自体がガラッと変わってくるのです。アゴが動かなくなるだけでなく、音量、音色、響き、発音などが別人のように変わり、楽器を吹くのが楽しくなります。

簡単に書きましたが、息で音を出す習慣が身に付き、アゴが動かなくなるまでにはいくつもの段階があり、時間がかかります。レッスンでも色んな種類の練習をして改善していきます。詳しくはレッスンで取り組んでいきましょう。

基礎の基礎から見直す必要があるので、初心者に戻ったような感覚になるかもしれません。でもそれをやるだけの価値はあると思います(^^)/




クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/






肝心な時ほど忘れてしまう、音を出す基本

IMG_1185

先日、ダニエル・オッテンザマーさんのマスタークラスを見学してきました。彼がレッスンで何度も言っていたのは「息」のこと。

レガートがつながらない時、速いパッセージの流れが滞ってしまう時、音を抑えた時にかすれてしまう時、生徒さんに息のことを言っていました。

難しいところは他のことに気を取られがちですが、難しいところこそ「息」のことを考えるんです。


息が必要なのに忘れがちなのはこんな時です。

・「f」や「ff」、「p」や「pp」のとき
・跳躍のとき
・レガートのとき
・高音のとき
・ブレスの直前
・難しいパッセージ、速い動きのとき
・強弱の変化があるとき
・音の出だし、音の終わり
・長いフレーズを吹くとき
・タンギング、スタッカートのとき etc

こんなとき、無意識に息が減っていたり、流れが止まってしまったり、息のことを考えることを忘れてしまうとうまくいかなくなってしまいます。

うまくいかないときは、音を出す瞬間から音が終わる最後の最後まで息のことを考えつづけてみましょう。

そしていつも提案していますが、息の方向は身体の中を通る方向です。

管楽器の音源は「息」です。どんなにいい道具を使って色々な勉強をしても息がないと何も始まらないんですよね。基本すぎて忘れがちですが、うまくいかないとき、ぜひ思い出してほしいと思います(^^)/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  




楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場