クラリネット♪本来の自分で吹いてみよう~藤崎クラリネット教室ブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。効率的で心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「音を響かせたい」「思い通りに吹けるようになりたい」
こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪情報満載!月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

タグ:息

こんにちは!豊永よしこです。
音が鳴らなかったり、小さい時、
よくこう言われませんか?

「もっといっぱい吸って!」
「もっと息を吹き込んで!」
「もっとお腹から息を出して!」

でも、私が思うのは、
ある程度練習を積んでいる人なら
もうすでに必要な息を出せているのでは?
という事。

ではなぜ必要な息が出せているのに、
息が足りない、もっと吹き込んで!と言われるのでしょうか?

おそらく、リードを振動させるだけの息は出ているのに
リードの振動を口やアゴ等の力みで消してしまっているから。

リードが振動していない⇒音が鳴らない⇒もっと息を要求される

ブレーキ(口やアゴの力み)が効きすぎているので
さらにアクセル(息)を踏むように言われてしまうのです。
でも、ブレーキがしっかり効いていたら、いくらアクセルを踏んでも
リードは振動しませんよね。続けているうちに身体も故障してしまいます。

もう十分頑張っている、頑張っているのに音が鳴らない方は
息(アクセル)と、口やアゴの力(ブレーキ)のバランスを見直してみましょう。
アンブシュアにこだわりすぎていたら、一度忘れてみましょう。
アンブシュアは息が作ります。
息の勢いに反応して自動的に力が入る事を信頼し、吹いてみてください。
(↑ここ超重要です)

この辺りを改善するには、色々な思い込み、全身の使い方が関わるので
塗り替えるには時間がかかります。
でも、コツがつかめれば、別人のように音が響きだしますよ!

頑張っている割には音が鳴らない
吹くのが苦しい、すぐ疲れてしまう方は
もうそれ以上吹き込んだり、息をいっぱい吸うのをやめて
息とアンブシュアの力バランス、ぜひ見直してみてください(^^)









レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





こんにちは!豊永よしこです。
先月末のソロコンの審査では、1人1人に手書きで講評を書くのですが
一番沢山書いた言葉は何だと思いますか?

10人中7人くらいには書いたような気がします。
それは「息」です。

もう少し詳しく書くと
「音を出す時は口で頑張るのではなく、
息でリードや楽器を振動させて・・・」
です。

多くの人が「息で音を鳴らす」というよりは
口や歯で息の流れをストップさせてしまい
結果リードや楽器が振動しない→音が鳴らない→苦しい 
となっていた人が多かったです。

多くの人は「息が吸えない、もっと吸わなきゃ!」と
吸う事ばかりにフォーカスしていますが
息を出す方にフォーカスしてみるとどうかなと感じました。
息が心地よく出せていて流れがスムーズだと、
リードが振動して良い音が出るし
息が上手く出せていると、身体にスペースが出来て
息も自然に吸いやすくなります♪

息が上手く流れている人は、音も大きくて良く響いていました。
その人は特別身体が大きいわけでもありませんでした。
音が鳴らない人と肺活量はさほど変わらないでしょう。

クラリネットなら、「息」と「リード」と「アンブシュア」のバランスです。
この3つのバランスがうまく行くと、嫌でも楽に良い音が出てしまいます。
レッスンでもこのバランス、色んな練習法で教えていますが
身に着けられると音がとても良くなるんです♪
バランスのとり方についてここで詳しく書くのは難しいですが、
一つポイントは「何よりも息と思い続けて吹く」です。
思い当たる人はぜひ練習してみてください(^^)


毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!



★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村

↑このページのトップヘ