クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

安定した音

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

安定した音でメロディを吹きたいとき、気を付けたいこと

711133

長いフレーズのゆったりしたメロディなどを安定した音で吹きたいとき、何を考えますか?

「音をまっすぐに」「アンブシュアを固定させる」「身体を揺らさない」と思って安定させる方も多いかもしれません。でも、これは「安定」ではなく「固定」になりやすいワードなんです。「固定」=「自由がきかない音」「死んだ音」です。

音は常に方向性があること、微妙な揺らぎがあることによって表情が付き、それが表現につながってきます。

方向性や微妙なゆらぎを付けるには、生かすにはどうしたらよいのかを考えてみましょう。これを考えると他のお悩みも解決してしまうことが多いです。

それは何でしょうか?答えはいつもの二文字。1つ前のブログと同じなので見てみてくださいね(^^)/



♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/





全音域の音がきれいに響いている人は何をしているのか?

126331

低音域からスロートトーン、高音域までどの音域もきれいに音が響いている人は一体何をしているのでしょうか?

どの音も安定して聴こえ、しかも生き生きした音。なぜそう聴こえるのかというと、音域によって息を変えているからです。息の太さ、息の勢い(風速)などを微妙に変えています。

それだけでなく、アンブシュアや身体の使い方、考え方など、あらゆることを微細に変えています。それは職人芸の域です(^^)

均一に聴こえるからといって、息の勢いを均一にはしていません。

まっすぐ安定して聴こえるからといって、息をまっすぐ勢いを固定させる感じでは吹いていないんですね。クラリネットは音域ごとに息を微細に変化させる楽器なんです。

「いい音だな~私もあんな音出したい!」と思ったら、その音を真似する前にその人が何をやっているかを観察して考えてみましょう。必ず微細な動きがあるはずです。そして自分でもやってみる。結果である音はその後についてきますよ。

レッスンでは演奏の時の動きもみていきます。固まっている身体が緩んできたり、動きの質が変わってくると音はおのずと変わってきます。

身体の動きと音、あまり関係がないようですが、切っても切れないほどつながりがあるのです。音を根本から見直したい方、ぜひレッスンに来ていただきたいと思います。





楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場