クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

クラリネット&アレクサンダーテクニークについて、豊永よしこが思うことを書いています。

姿勢

「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

アレクサンダーテクニーク教師でもある豊永よしこと一緒に練習しましょう。
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

楽譜にしがみついて離れられない方へ。無理なく楽譜から離れる方法


こんにちは、豊永よしこ(とよながよしこ)です。(いまだに名前を間違えられるので、定型あいさつ復活させました。名前をクリックするとプロフィールに飛びますので、こいつエラそうに誰やねんという方は読んでみてください(^^)


演奏に無くてはならない楽譜ですが、同時に身体に影響を与える最たるものではないかと思っています。
楽譜にしがみついてしまうと身体の自由が奪われ、出来るものもできなくなってしまうことがよくあるからです。


楽譜を読むときの目の使い方にも工夫が必要です。時々書いていますが「じっと凝視せず目をフワッと。楽譜と自分の間に空間を作る」こうすると目の力みが抜けて楽譜も読みやすく、身体も楽で呼吸もしやすくなるのですが……実際は結構難しくないですか?

書いていて言うのもなんですが、状況によってはかなりの難易度だと思います。私もつい凝視してしまい、ハッと気づいてやめることが結構あります。

わかってるけどなかなかできないという方は、状況によって譜面台の高さを変えてみてはどうでしょうか?例えばこんな感じです。(今回は立奏でしたが、座奏も同じなので応用してみてください)


1.譜読みの段階。譜面台は目線と同じ高さに。凝視しなくても読めるように楽譜にこれでもかと近づく(けど身体は動ける状態)
FullSizeRender



2.曲に慣れて少し余裕ができたら、譜面台を下げて空間を作る。
FullSizeRender



3.本番直前。もはや「楽譜と自分」ではなく「お客様と自分」。楽譜はお守り。
FullSizeRender



一気には難しくても、こうすると無理なく楽譜から離れることができるのではと思います。その都度心と身体が伸び伸びできる高さを探してみてください。



*7月26日のオンライングループレッスンでも譜面台の高さや距離、楽譜を読むときの目の使い方など質問してください。楽譜を見るとなぜか下手になってしまう方もレッスンを受けてみてください。



番外編。見栄を張っていきなり譜面台を低くし、自分の首を絞めている人(この姿勢すごく苦しかったです(笑)
FullSizeRender


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。





頭の重さってどれくらいか知ってる?

突然ですが、身体の一番上に乗っている頭、どれくらいの重さか知っていますか?

これくらいでしょうか?(たまには食べたいですね…)
7f084162aeba5c7d1ed6477777e1610d_s


実際のところ、これくらいです。
b9c1940711898f3c9df3ec5f3f7577ef_s

大きなスイカぐらい、約5キロあります。私たちは常に大きなスイカを身体の上に乗せながら、歩いたり、スマホを見たり、楽器を演奏しているんです。

スイカが身体の上でうまくバランスできていると身体はパワーを発揮できますが、バランスがうまく取れず、このスイカがダイレクトに身体にプレッシャーを与えていたら…

スイカが息を吸えなくしたり、指を回らなくしたり、リズム感を消したり、タンギングを遅くしたり、色んなところに痛みを起こしたり…


アレクサンダーテクニークではこのスイカとの付き合い方を練習していきます。スイカに押しつぶされるのはもう嫌!スイカと仲良くする方法を知りたい方、スイカ攻略法をぜひ習いに来てください(^^)/






無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。



これだけで音が良くなる!魔法の〇〇♪

FullSizeRender

レッスン室に壁に貼ってあったこれ、生徒さんに「なんですか?」と聞かれました。どこにでもある付箋です。

これを壁に貼ると生徒さんの音が大きく音色も良くなるのです(^^)魔法でもおまじないでもありません(笑)

レッスンでは吹いている時に指を見るクセがある方に、この付箋を視界に入れて吹いてもらっています。

付箋を視界に入れるだけで
こんなことが起こります。

・視界が広がることで縮んでいた身体が広がる

・音が遠くに届くようになる

・楽器を構える角度が変わり、音色が改善される

・縮んでいたお腹や背中が延びブレスしやすくなる

・指を見なくなることで他にも気持ちを向けられる

結果、吹きやすくなったり音が良くなるんですね。

これは生徒さんの様子をみながらやっていることですが、(付箋を見てもらわない生徒さんも沢山います)改善するポイントとぴったり合うと劇的によくなります。

自分も指を見がちだな~集中すると周りが見えなくなってしまう、という方にはきっと変化が起こると思います。

付箋は目線の高さよりほんの少し高めに貼り、じ~っと見るというよりぼんやり視界に入れるかんじでOK。所要時間数秒、費用1円以下で出来るので、ピンときたらぜひ試してみてください(^^)/



クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン
お申込みはこちらから

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村






楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
カテゴリー
スポンサーリンク
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場