アレクサンダーテクニーク&クラリネット~藤崎クラリネット教室 豊永よしこのブログ

千葉県習志野市にある藤崎クラリネット教室のブログです。心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて豊永よしこが記事を書いています。

教室ではアレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪詳細&お申込みはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com
♪月1メルマガ登録⇒http://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

基礎の基礎

こんにちは!豊永よしこです。
クラリネットは音楽を奏でるもの。人生に彩りを与えるもの、感動を共有するための素晴らしい手段…ですが、その手前でつまづく事、沢山あると思います。

・メロディーの美しさを表現したいけど、うまくレガートがかからない
・軽快さを出したいけど、タンギングの歯切れがイマイチ
・息を呑むような「p」を出したいけど、音が響かなくなる

などなど・・・頭の中に音楽はあるのに技術がついてこない、演奏を楽しみたいのに出来ない事ばかりで凹んでしまう、目の前の曲をこなすのに精いっぱいで技術的な事はごまかしてきてしまった・・・こんな状態になっていませんか?

052018d45872319e09e16bb4f704b29f_s



教室には「基礎を一からやり直したい」と来られる方が沢山いらっしゃいます。多くは大人の方ですが、口々に「私は基礎が無いので・・・」と恥ずかしそうに仰います。でもそれは決して珍しいことではなく皆そうなんです。

レッスンで伝えたいことは沢山ありますが、その中でも特に伝えたいのは

「頭の中にある音楽を引き出すために必要な技術」

楽器や音楽に触れるだけでも楽しさや感動を味わえますが、その先の「自分のやりたい音楽を奏でる」のお手伝いをしたいと思っています。

その為には、やはり「基礎の基礎から」なんです。やりたいことの邪魔をしている根本をたどってみると、基礎の基礎に原因がある事がとても多いのです。

一からやり直したいと仰る方には、本当に一から。立ち方、座り方から構え、ブレス、音の出し方から繰り返しお伝えするようにしています。アレクサンダーテクニークの考えに基づいてお伝えする事も多々あります。

スケールやエチュード等をやるときも、基礎の基礎を踏まえながら、こなしただけにならないように、長い時間をかけて練習します。また楽団や部活の曲で、基礎の基礎を曲に応用できるように練習して行きます。

基礎の基礎から身に付けるのは、これまでのクセを更新していく側面もあるので時間がかかります。でも基礎の基礎から積み重ねていくと、どんな曲にも応用が利く一生ものの力が付いてきます

一生ものの基礎の基礎。長く楽しく音楽を続けるために、ぜひレッスンで身につけて頂きたいなと思います(^^)



レッスンお申込みはこちらから
身体と心の使い方の基礎、アレクサンダーテクニークのレッスンも受付中です。

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村










教室ではその基礎・・・さらに言うと基礎の基礎をお伝えしたいと思っています。基礎の基礎から身に付けていれば、応用が無限に利くので楽団の活動にも役立てる事ができます。

これまでの習慣やクセをリセットして基礎の基礎から身に付けるのは、根気とある程度の時間がかかりますが、身に付ければ一生ものの技術になります。

もうごまかして吹きたくない、もっときれいに美しく吹きたい、自分の思いを演奏で表現したい方にレッスンに来ていただきたいなと思っています(^^)



クラリネットレッスンお申込みはこちらから
身体と心の使い方の基礎、アレクサンダーテクニークのレッスンも受付中です。

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村    
    
    
    
   



722341
こんにちは!豊永よしこです。
曲を演奏する時は、1人で練習している時も合奏の時も、何拍子かを意識して演奏するのは基本中の基本です。

でも、難しいリズムやパッセージ、アーティキュレーションに精一杯だと何拍子かが飛んで行っていませんか?楽器歴が長い方でも、意外と意識出来ていなかったり、二の次になってしまっている方、けっこう多いんです(^_^;)

何拍子が意識出来ていないと、こんな事が起こります。
・聴いている人に何拍子か伝わらない
・メリハリがなく、平坦に聴こえる
・フレーズのまとまりが無くなる
・曲の流れが悪いorそぐわない流れになる 
・テンポが不安定になる
・リズム感が無く聴こえる
・皆と合わせづらくなる etc・・・

一言で言うと、どんな曲かが伝わらなくなるんです(T_T) 音はキレイだしテクニックがあるのは分かるけど、どんな曲かイマイチ分からない・・・という印象になってしまいます。

では、拍子を意識しながら演奏するにはどうしたらいいのでしょうか?一番シンプルな練習方法をご紹介します。    
   

まず、楽器を置いて、指揮しながら曲を歌ってみましょう。       
・自分の付いていけるテンポから始める
・難しい所でも止まったり遅くならないで指揮しつづける
・指揮はデジタルな動きではなく、流れのある動きで   
・身体全体で(と思って)指揮する。(無理に身体を動かす必要はありません)
・楽しんで出来るようになるまで練習(余裕が出てくると楽しくなってきます)
・メトロノームは常時使わない。(確認する程度に)    
   
指揮しながら歌えるようになったら、頭の中で指揮をしながら楽器で演奏します。   
演奏しながらの指揮が難しく感じたり途中で指揮が消えてしまったら、付いていけるテンポまで落としてみましょう。それでも難しければ、もう一度歌に戻って練習します。    
   
慣れないうちは難しく感じるかもしれませんが、短いフレーズから、ゆっくり根気よく練習してみてください。この練習を続けていくと、拍子を意識する習慣が出来てきます。
   
「出来てるんだけど何か物足りない、でも何が原因かわからない」…という時は何拍子かが意識出来ていない事も多いのです。
キレイに音符が並んだ機械的な演奏から、説得力のある音楽的な演奏へ!ぜひ練習してみてください(^^)




レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





↑このページのトップヘ