クラリネット&アレクサンダーテクニーク教師  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

吹き方

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?
♪教室HP⇒http://fujisaki-clarinet.com

【全楽器共通】ひとりでできる、誰でもできる!奏法改善

860464

奏法を見直して無理なく演奏したいけどレッスンまではちょっと…一人でできることってないのかな?という方へ。

今日はレッスンでもよくやってもらっている、誰にでもできる奏法改善の方法を1つ書いてみたいと思います。やる気さえあれば誰にでもできます。子供から大人までできます。


「楽器を手に取り、音を出すまでの動きを実況中継する」


楽器を手に取り構えて音を出すまでの動きを1つ1つ実況中継、言葉にしてみるんです。(古館さんにならなくていいです(笑)

たとえばこんな感じです。クラリネットなら…

スタンドに立っている楽器を視界に入れながら
右手の人差し指が楽器に向かって動いて
人差し指が楽器に触ったら
すべての指を楽器の形に沿わせて
楽器の重さを感じながらヒジを曲げて
太ももの上に楽器を乗せる
 
右手左手、腕、指で楽器を支えながら
肩とヒジと手首を少しずつ動かし
マウスピースと楽器を視界に入れながら
マウスピースを口に近づけ
唇にマウスピースが触れたら
口を開けて吹きやすい位置にセットして
出したい音の指にして
出したい音をイメージして
息を肺から上方向に出す

こんな感じで、やっていることを全部言語化するんです。ただただ実況中継するだけです。

動きを言葉にすることで動きが意識的になり、全体の動きが変わり、奏法が変化し、結果演奏が変わるのです。心の中でやると端折りがちになるので、口に出して言ってみましょう。

たったこれだけですが、丁寧にやると変化を体験できると思います。まずは個人練習で。ぜひやってみてください(^^)/


無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


レッスン・お仕事依頼はこちらから
http://fujisaki-clarinet.com

  


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

大都会のど真ん中、日比谷公園にこんなお花畑がありました。
IMG_2072



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。








時には「うのみ」も役に立つ

「最近は情報の洪水で間違ったことも沢山あるから、
どれがいいのかよく吟味して「うのみ」にしないで取り入れよう」
私もこの意見に同意ですし、ブログなどでも言ってきました。でもその反面、時には「うのみ」することも上達に役立つのではないかなと思う事があります。


これらをご覧ください
image

image

私が中学生のころ買っていたバンドジャーナルの記事です。ライスター、ドュプリュ、ブライマー、ドラッカー、ダンガン、ランスロ…世界の一流プレイヤーのアンブシュアだけが集められています。

こんなズームで世界の一流プロのアンブシュアが見られるなんて夢のよう当時の私はプロは100%正しい、それが世界的なプレイヤーのアンブシュアならなおさら1000%正しいと思っていたので、もちろん即真似しました。

マウスピースの角度、深さ、唇の巻き具合、顎や口の周りの筋肉の張り具合…鏡を見ながら自分のアンブシュアもこうなるようにと一生懸命練習しました。

今ではアンブシュアは身体の使いかたの結果で、部分だけ真似してもあまり意味がない事や、プロであれ人のアンブシュアが自分に合うものとは言えない、という事がわかります。

でもタイムマシンでその頃に戻って、夢中になっている自分に「真似しても意味ないよ」「身体の使いかたが云々…」とは言わないと思います。

「真似してみたい!」と完全コピーすることは、たとえ自分に合ってなかったとしても後々自分のためになると思うからです。また、ワクワクは上達の最高の原動力だからです。

情報に飛びついて試し、自分に合えば最高ですが、合わないこともあると思います。でも合わないとわかることで「自分には何が合うのかな」「どう吹いたらいいのかな」と考え、自分にぴったりの吹き方を研究するようになります。うのみした時の失敗が後々すごく効いてくるのです。

「これやってみたい!…でもうのみはダメっていうからよく考えてから…」としっかり咀嚼しているうちに「やってみたい!」ワクワクが消えて何もしなくなってしまうかもしれないし、うのみによって得られる「貴重な体験」もなくなってしまうのです。

「うのみにしてみよう!」と全面的におススメはしませんが、石橋をたたきすぎて粉々にしてしまったり、ワクワクまで消してしまうのはどうなんだろう?と昔の自分を振り返って思うのでした(^^)/







★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村









楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場