33debc9d78990af434a49e594a0ba7ba_s

周りの音が聴けない、聴けないから合わせられない、聴けないからどう吹いていいのかわからない…というご相談があります。そんな時質問するのは


「では一人で練習しているとき、自分の音は聴けていますか?」


周りの音を聴けるようになるための第一歩、それは自分の音を聴くところから。

静かな部屋で一人で音が出る瞬間から終わる瞬間まで、自分の意図に合った音が出ているかどうか聴いてみましょう。

聴けないときは聴覚にまでエネルギーが回っていない時かもしれません。指や楽譜など音以外の事に気をとられていると聴くのは難しくなります。

また、余計な力みや演奏に必要のない動きが聴く邪魔になることもあります。「力みや余計な動きをやめたら、自分の音が聴けるようになりました」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

合奏などでは「周りの音聴いて!」と当たり前のように言われますが、実はかなり高度なことを要求されているんです。

まずは自分の音を聴く練習から。吹いているときの自分を見直すところから。根本から見直すと、予想外のオマケも沢山付いてきます。一人で難しい場合はレッスンでお手伝いします(^^)/



このブログについて


★豊永よしこ プロフィール


クラリネット&アレクサンダーテクニークレッスン
★藤崎クラリネット教室

http://fujisaki-clarinet.com


★無料メルマガ登録
https://mail.os7.biz/add/mpDt


★メルマガの過去記事が読めるようになりました
https://note.mu/fujisaki_cla



クラリネット、バスクラリネットの
基礎の基礎の吹き方
身体の使いかたについて書かせていただきました。


基礎的な構え方、身体の使いかたについて
書かせていただきました。