FullSizeRender
コンチェルトなどで華麗なテクニックを披露する場面、カデンツァをうまく吹くにはどうしたらよいのでしょうか?今日は2つコツを書いてみます。


「暗譜する」


カデンツァはその昔、花形プレイヤーが創造力を駆使して即興で吹いていたこともあるのです。今は楽譜にされていることがほとんどですが、覚えて自分のものにして、まるで即興のように演奏できると最高ですね。
もう1つは


「最初から音源に頼らない」


どう吹いてわからないからと、すぐ音源に頼るのはお勧めしません。音符の長さを参考にして、自分なりのカデンツァを創り上げてみましょう。音源を参考にするのはその後でも十分です。

この2つ、慣れないとハードルが高いことかもしれません。でもこの体験はいろいろな曲に取り組むときにとても役立つので、ぜひチャレンジしていただきたいなと思います(^^)/




♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
http://fujisaki-clarinet.com
  
アレクサンダーテクニークレッスン
http://fujisaki-alexander.com


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。




  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/