クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

力み

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

力んで指が回らないときに試したいこと

曲の最初は良いけど、だんだん指が力んでしまうこと、ありませんか?特に難しい曲、休みのない曲、長い曲はいい状態のまま吹き終えるのは結構大変です。

そんな時は、これを試してみてください。他の楽器にも応用できます。


「楽器と自分の間のスペースを思い出す」
FullSizeRender
これを楽器を構える時から考えてみます。

指が力んでいるときは、指だけでなく、手首やひじ、肩の関節が固まって背中~全身が動きづらくなっていることが多いのです。

そんな時、楽器と自分の間のスペースを思い出すことで、固まり縮んでいた指や手首、腕や肩や背中のが本来の状態に戻りやすくなるので、指が動きやすくなります。

まずは基礎練のときに試し、曲に応用してみましょう。何か変化があると思います。いまいちピンとこない方はぜひレッスンにいらっしゃってください(^^)/



楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



「よし吹くぞ!」で何が起こる?

こんにちは!豊永よしこです。
楽器の練習をする時は、何となくパラパラっと音出しをしてから
やりたい基礎練や曲の練習に入る人が多いと思います。

最初の「何となくパラパラっと吹く」が一番いい音で、身体も楽なの
にいざメインの練習や合奏に入ると、
力んだり、音が思うように鳴らなかったりという事、ありませんか?

これは私もいまだに時々してしまうのですが
よし吹くぞ!今日もいい練習しよう!と思うと
多くの人にある事が起こるんです。

それは「腰をキュッと反る」です。
ちゃんと吹こう、頑張ろう、と思うと
姿勢を良くしなきゃ!背筋を伸ばそう!と
特に座奏の時、こうなってしまうようです。
でも、腰をキュッと反るのは余計な力みを呼ぶことが多く
身体の色々な所に影響を与えます。
試しに反るのをやめてみてください。
吹くのが楽になったり、身体の動きが良くなり
音が楽に響いてくるかもしれません。

自分がどういう動きをしているかな?
それは必要な動きかな?必要ないかな?と
時々観察してみてください。
余計な動きかも?と思ったら試しにやめてみる。
やっぱり必要だな、と思ったら元に戻せばいいんです。
動きの探究は全て実験です。色々試してみてくださいね(^^)




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村
楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場