こんにちは!豊永よしこです。
教室では勉強会の曲も決まり始め、
所属オケやアンサンブルの練習に忙しい方もいらっしゃいます。
多くの方が、いわゆる「名曲」に取り組んでいるのですが・・・

「できるのはとても嬉しいんだけど、自分がやるのが申し訳なくて・・・」
とか
「すごく好きな曲だけど、なんだかおこがましくて・・・」
という謙虚な方が時々いらっしゃいます。

自分の力量では手が届かないような、練習してもしても果てしない曲は
そう思ってしまうのもよく分かります。

以前どこかでこういう話を読んだことがあります。例えばモーツァルトが
自分が作曲した約200年後に、行った事もない東洋の国で、
頼んでもいないのに自分の曲を特別な曲として演奏
してくれているという事を知ったら、
嬉しいに違いないんじゃないか?
というお話です。

確かにそうですね。もし私がモーツァルトだったら、
その事実にとても驚いて、嬉しい!!と喜ぶと思います。
モーツァルトが実際どう思うかは誰にも分かりませんが・・・(^^)

もう演奏すると決めたのに
「こんな名曲、自分がやっていいのかな・・・」とか
「やる価値があるほど上手くできないけど…」ともし尻込みしていたら
「ただ演奏するだけで作曲家は喜んでくれるかも!」と思うと
ワクワクが復活してくるかもしれません。

その曲を吹くのに力不足だな~と思うのなら、
長い時間練習を重ねて、1回の本番だけでなく、
何度でもチャレンジするつもりで取り組んでみましょう。
中学生なら中学生にしか吹けないモーツァルト、
大人なら大人にしか吹けないモーツァルトがあります。
私も中学の時にモーツァルトのコンチェルトとクインテットを沢山練習したのですが、
今もその経験が生きているので、
やってよかった、誰かに止められなくて本当に良かったな~と思っています。

名曲は何回チャレンジしても飽きる事はありません。
その都度素晴らしい体験が沢山出来ると思います。
せっかくチャレンジできるのだから、
自分に誇りと曲に取り組める喜びを持って演奏すると
結果も変わってくると思います(^^)



レッスンお申込みはこちらからどうぞ
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com



毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!

メルマガバックナンバーはこちら
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村