クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

レッスン

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

全く自信がないけれど教えなきゃいけないとき、心がけたいこと

873745

3月27日お話会、参加者募集中です(残り1名)。教える立場にある方、ぜひご参加ください(^^)/


先日、どう教えていいかわからないときのアイデアを書きましたが、それ以前に自分だってまだ下手なのに教えられない、教え方もわからないし自信もないという方も多いのではと思います。

教えなくていい環境ならいいですが、教えなければいけない立場にあるという時はどう考えたらいいのでしょうか?もうすぐ4月。新入生や新入団員に教える機会も出てくると思います。

私は、自分のできる範囲で気楽に教えてみたらどうかな?と思います。

教え導くというよりは「自分はこうしている、自分はこう思う」という感じで自分のしている事を伝える、わからないことはその都度調べたり、一緒に考えて試してみるというスタンスでいいと思います。

ついつい「教える立場なんだからちゃんとしなきゃ!しっかりしなきゃ!」と思いがちですが、自分のキャパ以上のことを教えようと思ったり、自分をよく見せようとするとうまく教えられないんです。人前での演奏と同じですね(^^)

出来ないことがあるまま、わからないことがあるままで教えてみましょう。

でも間違ったことを教えて下手になったらどうしよう、責任重大…と感じることもあるでしょう。でも習ったことをどうとらえるかは教わる人次第です。

ピンときたら取り入れてくれるだろうし、なんかよくわからないと思ったらスルーしてくれるでしょう。

また、今は良くも悪くも情報が沢山あり、習う場所も沢山あります。自分のできることはしたけれど不安という時は、自分が参考にしている情報源や、レッスンに通う選択肢もあることを伝えてみるのも良いと思います。

教えることは最初は怖いですが、予想以上に楽しいし自分のためになります。そして何より人に喜ばれます。よかったら教えることもぜひチャレンジしてみてください(^^)/






クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com    
    
    


毎月1日配信 無料メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/

メルマガバックナンバー

https://note.mu/clarinet
  



にほんブログ村









レッスンを受けているのに上達しないな~と感じている方へ

741258

こんにちは!豊永よしこです。
上手になりたいからレッスンに行ってみた!最初は上達している気がしたけど、最近なんだかイマイチ停滞…いう方、いらっしゃいませんか?

原因は先生側、生徒さん側両方あると思うのですが、今日は生徒さん側のお話です。こんなこと思い当たらないでしょうか?

・レッスンに行っただけで満足してしまう
・レッスンの時には気を付けて出来るけれど、外では忘れて元の吹き方をしてしまう

これはせっかくのレッスンが生かせてないケースです。レッスンで習っている時間は全体から見るとごくわずか。いつも先生が練習に付き合ってくれれば注意してもらえますが、そうではないですよね。レッスンよりはるかに長いレッスン外の時間をどう過ごすか?が上達への大事なポイントになります。

楽器はこれまでやったことのないことを身につけたり、これまでの習慣を更新していくことで上手になります。

そのためには、自分を「変えていこう」と決めて過ごすことが必要なんです。どんなにいい吹き方、身体の使いかたや考え方を習っても、レッスンで出来ただけで満足して何もしなかったり、変えていこう、という意識が薄いとすぐ元に戻ってしまいます。

これは語学の勉強と似ています。新しい言語を習ったらすぐ話せるようになるわけではなく、練習する機会を作って「〇〇語を話す」と決めて過ごさないと慣れた母国語が出てしまいますよね。無意識に新しい言葉が出てくるまでにはかなりの時間がかかります。

これまでのやり方から新しいやり方に「変えていく」と決めてトライする。最初は一人の時に、慣れてきたら緊張する場面でもトライしてみましょう。

脊髄反射で無意識に楽器を構えて吹くと、昔の吹き方に戻りやすいので、新しいやり方の手順などを頭の中で復習してから吹いてみる。すぐ出来ないのも普通です。できなくても自己否定をはさまずに淡々と取り組むのがコツです。

意識の持ち方、過ごし方でレッスンでの経験を何倍にもすることもできます。もちろんその逆も。もっと上達したいな~という方は、レッスン外の時間の過ごし方、ぜひ見直してみてください(^^)






レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








レッスンに行ってみたいけど、もうちょっと上手くなってから行こう・・・と思っている方へ


こんにちは!豊永よしこです。

「レッスンに行ってみたいけど、下手だから恥ずかしいし怒られるかも・・・」という声、時々聞きます。

レッスンってどういう場でしょうか?先生が自分の事をジャッジする場?先生に完璧な演奏を聴かせる場?

先生により考え方は色々ですが、私は「一人では出来ない事を出来るようにする、知らない事を知る場。先生の助けを借りてレベルアップする場」じゃないかなと思います。


また、こういう声も時々聞きます。「もうちょっと一人で練習して上手になってから行こう」これは、実は教える側からするとちょっと困りものなんです。

出来ない原因がはっきりしないまま、自己流で練習を続けてしてしまうと、クセが強く付いてしまう事もあります。そうすると吹き方をリセットするのに長い時間がかかってしまう事も。

レッスンは上手な人が行くもの、と思っている方もいるかもしれませんが、レッスンに行ってるうちに上手になるからそう見えるのかもしれません(^^) 

楽器経験、上手下手関係なく、レッスンはもっと上手になりたいという気持ちがある人が行く場だと思います。

教室には全くの初心者の方からクラ歴数十年のベテランの方が、ちょっとの(?)勇気を出してレッスンに来てくださっています。
       
もし今よりもっと上手くなりたい!という気持ちがあったらぜひ専門の先生のレッスンを受けてみてください。教室でもお待ちしています(^^)



レッスンお申込みはこちらから
アレクサンダーテクニークレッスンも受け付けています。
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村








楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場