クラリネット&アレクサンダーテクニーク  豊永よしこのブログ

心と身体に優しい奏法、練習のコツ、レッスンの事、アレクサンダーテクニークについて書いています。

リードミス

アレクサンダーテクニークとクラリネットのレッスンを行っています。
「基礎の基礎から見直したい」「無理せず本来の自分で吹きたい」
「身体の使いかたを見直したい」「もっと生き生きと過ごしたい」

こんな思いを持っている方、レッスンへいらっしゃいませんか?

♪体験レッスンお申込み・お問い合わせはこちらから⇒http://fujisaki-clarinet.com

音の出だしが汚くなってしまう原因

879990

音の出だしで、こんな風になってしまうこと、ないでしょうか?

・破裂音のような音がする
・ザッ、ぺッという雑音がする
・詰まってスッと出ない
・音程が高くなる(か細く響きのない音)
・音程が低くなる(芯のない開いたような音)

色々な原因がありますが、音を出す時の力みが原因のこともあります。
出だしが上手くいかないとき、こんなことをしていないでしょうか?

・音を出したいタイミングに、息が出ずに口やアゴでギュッと噛んでいる
・吹く前にアンブシュアをしっかり作っている
・しっかり素早く沢山吸おうとしている
・ベルまでしっかり息を通そうとしている

きちんと発音したいがあまり、しっかりアンブシュアを作ったり、ベルまでしっかり息を入れたり、遅れないように素早く吸ったり、長持ちさせるために沢山吸ったり…

1つ1つの目的がはっきりしているのは良いのですが、そのやり方がズレていると、余計な力みを生み、リードの振動を消してしまったり、力みが微細なコントロールの邪魔をして、思い通り音が出ないことがあります。

良かれと思ってやっていることが、やりたいことの邪魔をしていることも結構あるんです。

力みは身体の使い方、考えかた、周りの人や環境との関係で起こることが多いです。道具も工夫して練習もしているのに思うように発音できないとき、力みとその原因を探求してみるのをお勧めしたいと思います。

力みを卒業して丁度良い力加減で吹く。レッスンでもお手伝いしています(^^)




楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  



今すぐできる!リードミスを減らす簡単な習慣

ドキッとするリードミス、出来るだけ減らしたいですよね。今日はリードミスを減らすためにぜひやってもらいたいことを書いていきたいと思います。

ちなみにこういう楽譜、見たことありますか?
FullSizeRender

クラリネットは同じ指使いで違う音をいくつも出すことができます。この楽譜のように、一番左の「ド」の指使いで「ソ」「ミ♭」「ラ♭」「ド」が出せます。

リードミスは一番左の「ド」を出そうとしているのに「ド」以外の音が出てしまっている現象です。同じ指使いでいくつもの音が出てしまう楽器なので、ある意味他の音が出てしまうのは仕方ないことかもしれません。

でも、あきらめても何も変わらないので、すぐできる、しかも簡単な習慣をご紹介します。

それは「出したい音を心の中で歌う」

出したい音を歌うことによって、その音を出す準備が自動的に行われるので、その結果リードミスの確率が減っていきます。特に楽器に慣れている人には有効な方法です。

逆に何も歌わずに吹いてしまうと、身体はどう準備していいのかわからず、リードミスの確率が高くなってしまいます。

また、心の中で歌っていても恐怖心があると、身体が固まり細かい自動制御が利かなくなってしまうので、リードミスの確率が高くなります。

この時はリードミスにフォーカスするのをやめて、心の中で歌いながら息にフォーカスすると変わってきます。

色々な対策がありますが、まずは今すぐできることから習慣にしてみましょう。やったことのない方はぜひ試してみてください(^^)/


楽器別演奏アドバイス
無理のない構え方、楽器の支え方など
書かせていただきました。







♪体験レッスン受付中♪
クラリネットレッスン
アレクサンダーテクニークレッスン

http://fujisaki-clarinet.com
 
  
  
★メルマガ登録
https://form.os7.biz/f/7dbc71c5/


★フェイスブック
https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

★ツイッター
https://twitter.com/fujisaki_cla


★インスタグラム
https://www.instagram.com/fujisaki_cla/


  






跳躍でリードミスが出てしまう時に気を付けたい重要ポイント~ローズ32のエチュードより

こんにちは!豊永よしこです。
10月27日のグループレッスンにちなんで、ローズ32のエチュードの吹き方の記事を書いています。

今回は跳躍でリードミスが出てしまう時に、忘れないでほしい重要ポイントを書いてみたいと思います。

お題はこちら 1小節目の1,3拍目や2小節目の1拍めの「ミ」に降りる形はリードミスが出やすいところです。
image




沢山気を付けたいポイントはありますが、まずはこの基本中の基本を思い出してみてください。


この2点ポイント。頭(上下の歯)と右親指のバランスです。この2点でバランス良く楽器が構えられていれば、跳躍の時にも楽器が安定して、不要なアンブシュアや指の力みを減らすことができます。結果的にアンブシュアの動きに自由度が出て、リードミス率がかなり減ります。 息の流れも良くなるので、滑らかにつながりやすくなります。

この2点ポイントは、跳躍だけでなくどんな時でも重要ですので、ぜひ身に着けてほしいと思います(^^)/

このフレーズの吹き方は、こちらにも違う視点で書いています。
下行形の跳躍の成功率を上げる考え方




グループレッスンではこのほかの重要ポイントもお伝えしていきます。
お席残り3名です。
10月27日(金)
『身体の使いかた、考えかたで音楽が変わる!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!    


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村














順調に良い音が出ていたのに、音の最後でリードミス!の原因

050b4e229c4b4c1f7cf100a204f2c35d_s

こんにちは!豊永よしこです。

フレーズの最後や、ロングトーンの最後、リードミスが出てしまう事、ありませんか?特に高音ではよくある事ですよね。原因はいくつかありますが、その中でもかなりの人がやってしまっている事があります。それは・・・


音の最後で意識が消えてしまう(>_<)


音を出す時は、この2つを意識します。
こういう音を出したい、と思い続ける
それに合った息を出し続ける

でも、リードミスに出る時は、音の最後でこの意識が消えてしまっているんです。また「リードミス出ちゃうかも(>_<)」「こわい!」の意識が入ると、息や音に対する意識が消えてしまいます。

すると、必要な息が出なくなってしまい、それに伴いアンブシュアが不安定になり、必要以上にリードに圧がかかってしまったり、押さえるポイントがずれてリードミスが出てしまうんです。

「だったらアンブシュアを固めればいいんじゃない?」と思いがちですが、アンブシュアが不安定になるのは、音と息に対する意識が消えた事で起こった「結果」。

原因をスルーして、アンブシュアを動かさないように固めようとすると、リードの振動も必要以上に押さえられて、音が響かなくなってしまいます。

また、口が固まり噛んでしまう事で音程が上ずったり、次の出だしが遅れたり、さらにリードミスが出たりという二次災害も起こりやすくなってしまいます。

音の最後のリードミスに困ったら
基本中の基本!

音の最後の最後まで
出したい音と
息を出し続ける意識を持つ。


ぜひ思い出してくださいね(^^)


リードミスで困っている方もグループレッスンへ!
興味のある方はぜひいらっしゃって下さい。

7月30日(日)
『少人数でじっくり!
クラリネットグループレッスン』
詳細&お申込み




★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





リードミスしたくない時の「リードミスしないように!」は逆効果!ではどうしたら良いのでしょうか?

131305r

こんにちは!豊永よしこです。
本番前、最後まで気になるのは細かいミスかもしれません。

「リードミスしないように!」「転ばないように!」「音を間違えないよう!」等、色々気になる事があると思いますが、この言葉だと逆効果になってしまうんです。

例えば「リードミスしないように!」だと身体は何をしていいか分からず、迷って身体が固まり、リードミスを出す土壌が作られてしまいます。

リードミスを出したくない、と思ったら、まず「どんな時にリードミスが出てしまうのかな?」と観察してみましょう。

特定の音の時、緊張した時、息を忘れている時、アンブシュアを気にしすぎている時、リードの調子等、色々あると思います。

どういう時に出がちなのか、観察して原因が分かってきたら、それをしないようにすればいいのですが「〇〇しないように」の代わりに「〇〇する」と考えましょう。例えば・・・

「リードミスを出さないように」
⇒「出したい音を決めて出す」

「間違えないように」
⇒「正確な音を出す」

「転ばないように」
⇒「指をリズム通り動かす」

身体は言葉の通りになります。普段から身体への指令の出し方を研究していくと本番でも力が発揮できるようになると思います。少しずつ効果が出てきますので、ぜひ色々試してみてください(^^)



レッスンお申込みはこちらから
★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com        
    

毎月1日配信・ブログでは読めない情報満載
月1無料メルマガ登録はこちら!   


おススメ過去記事をご紹介
★教室ツイッター★

https://twitter.com/fujisaki_cla 

いいね!で最新情報が届きます
★教室フェイスブック★

https://www.facebook.com/fujisakiclarinet/

メルマガバックナンバー
https://note.mu/clarinet



にほんブログ村





楽器別アドバイスを書かせていただきました
身体の使い方について書かせていただきました
スポンサーリンク
記事検索
スポンサーリンク
本ブログの著作権は藤崎クラリネット教室に帰属し、無断使用する事を禁止しております。
気になるキーワードは?
カテゴリー
スポンサーリンク
Amazonライブリンク
楽天市場