こんにちは!豊永よしこです。
練習前にリードを選ぶ時、どうやって選んでいますか?
今日は「良いリードを選ぶための3段階チェック」をご紹介します。
このチェックは、真新しいリードではなく、
ある程度慣らしたもので行います。

まずは第1次審査!
一番出しやすい音量で一通りレガートで全音域を吹いて
息の通りや音の鳴りが良く、吹きやすい印象ならOKです。
(結構ここで終わってしまうのですが、この先があります。)

次は第2次審査!
全音域を「p」「pp」「f」「ff」や
タンギング、スタッカートで吹いてみましょう。
音の出だしや音の終わりが思い通りに出来る事もポイントです。
レガートで吹いた時は良かったのに
タンギングやスタッカートの雑音が多かったり
出しやすい音量では良かったのに
「p」「pp」の音が出なかったり、スカスカしていたり
「f」「ff」の音が割れたり、薄っぺらく開いたりという事がないかな?
色々な事がスムーズに出来るかをチェックしましょう

そして最終審査!
練習している曲やスケールを吹いてみます。
曲の変化を自由に表現できるリードであればOK!!ぜひ使って下さい。


とはいえ、実際はここまでの条件が揃ったリードはなかなか無いものです。
そういう時は、自分がリードに合わせるように技術でカバー&軽く調整します。
リードやリガチャーを付ける位置や
リガチャーの締め方を微妙に調整すると改善される事も多いです。

リードを選ぶときも、曲ではどんなことを要求されているのかな?と
考えて選ぶようにすると、
どういうリードが良いのか、はっきりわかると思います。
リードは楽器、マウスピースと同じぐらい重要なもの。
ぜひ3段階チェックで丁寧に選んでみてください(^^)





★藤崎クラリネット教室★
http://fujisaki-clarinet.com




にほんブログ村